ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】後輩と社内トイレで密会するリーマンの結末・・・・・・

【ゲイ体験談】後輩と社内トイレで密会するリーマンの結末・・・・・・

声を殺して喘ぐ後輩

北海道在住のリーマンさんからの投稿。会社の後輩とセクフレ関係にあるという投稿者。まだまだやりたい盛りなので、仕事中でも彼を誘い社屋の外れにあるトイレで密会しているんだとか・・・・・・
上司と部下のアナルファック
今は完全に後輩を自分のモノにしました。

その後輩は入社してきた時から狙っていて、ある日の飲み会帰りに家に誘い身体の関係に発展しました。

私もまだ30代前半なので、性欲がみなぎっていて会社でも欲望が抑え切れない時が多いです。

特に、自分のオトコが同じフロアーで仕事していたら、そりゃあ誰だってすぐヤリたくなりますよね。

そんな時は携帯メールで、《20分後、いつもの場所》と打つと、彼は暫く考えた後、こちらを見て頷きます。

多分、誰もそのしぐさに気付いていません。

ちなみに「いつもの場所」とは、社屋の外れにある、人があまり来ないトイレです。廊下から少し入ったところに入り口があるので、目立たず、やるには絶好の場所です。

私が行くと、彼が先に待っていて、個室のドアを開けておきます。

私が近くまで行って、「ゴホン」と合図すると、彼がOKのサインを送ります。

私もそれを見て、周りを確認してから、さりげなくトイレに入るのです。

まずゆっくりとディープキスをして、お互いのカラダをまさぐり合います。そして、彼の手をとって私の下半身に導くと、彼はズボンを下ろし、既にギンギンになっている勃起を取り出して頬摺りをし、必ず玉袋の方から、徐々に上に向かって舐め回していくのです。

彼の舌遣いは最高で、これだけでイキそうになってしまい、いつも苦しいところです。

充分に彼の尺八を堪能した後、立たせ、ディープキスをしながら、ケツワレの中に手を這わせます。

その時には、既に彼のは、私の手のひらが熱くなるほど勃起し、脈打っています。

「お願い、早く入れて…」と、小さい声で彼が囁いたら、彼を後ろ向きにして壁に手をつかせ、ズボンをヒザまで下ろします。

彼はいつもケツワレサポータなので、彼の肛門が目の前に現れます。私は激しくそこを舐め回し、更に濡らしておくのです。

そして、バックから私の勃起をゆっくりと、ヌルっと挿入します。彼のケツマンコは私専用なので締まりがあります。濡れていても、乱暴に挿入すると痛いのです。

彼は自分のハンカチを口に当て、懸命に声を殺します。それでも抑えきれずに、少しハスキーな喘ぎ声が漏れてきます。

「う‥! ウグ! ああ‥! いい‥いい! そこ! そこ‥!」その押し殺した声がたまりません。

私は彼の服を乱さないようになるべく気を遣っていますが、それでも我慢できずに、後ろから彼の勃起を揉みしだきます。決して巨根ではありませんが、15cmほどの勃起です。

すると、彼のケツマンコは更に締まり、私は我慢できなくなって、「イクよ! 今日はどうする?」と聞くと、

「中でいい! 中でイって!!」と抑えた声で返します。

もちろん中出しがNGな時もありますが、その時はイク直前に勃起を抜き、彼はそれと同時にこちらを向いて跪き、勃起を咥えて、精液を全て飲み干すのです。

彼に言わせると、精液を飲んだ時は、完全に男に征服された気持ちになり、腸内に受けた時とは違うエクスタシーを感じることができるんだそうです。

終わってからも暫く抱き合い、軽いキスをしながら、高まった興奮を静めます。衣服を整え直す彼を残して、私が先にトイレを出ます。

人がいないかを確かめて出る、緊張の一瞬です。今でも1日おきくらいに、こんな会社生活を楽しんでいます。

会社という特殊な場所でのセックスはハラハラドキドキして止められそうにないですね。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントは5件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    めっちゃ興奮しますね、入社してからってことはお相手は若いんですか?モノにするまでの経緯も知りたいです。

  2. ゲイの名無しさん より:

    それわかります!恋が愛に変わるプロセスを見たい。

  3. ゲイの名無しさん より:

    やった事ないのでやってくれませんか?

  4. ゲイの名無しさん より:

    その後は?

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。