ホーム » 巨根 » 【ゲイ体験談】コーヒー缶並の巨根とのアナルセックスで括約筋崩壊

【ゲイ体験談】コーヒー缶並の巨根とのアナルセックスで括約筋崩壊

【体験談】埼玉県に住む32歳のリーマンさんからの投稿。今までもそこそこの人数と経験してきたらしい投稿者がとんでもない巨根に出会ってしまう。張り裂けそうな括約筋、大丈夫?汗

括約筋崩壊

体験談自体は、そんな変わった話では無いのですが・・・

いやぁ~、世の中には・・・

いや日本人にも巨根っているんですね~。

暴力的なぐらい・・・

某サイトの掲示板に挿入OKと書き込み、ビデボで待機していたのですが、来ていただいた方のデカい事!

大っきいなぁって方は、何人か見てきましたが、この方は見た瞬間、挿入無理!って思いました(苦笑)

長さは多分15~6cmぐらいだと思うのですが、太さがフェラした時掴んだら指が届かない(汗)

口も開けてられないぐらい、いっぱいいっぱいで、もう竿を舌で舐めたりするぐらいで、アップアップ。

30代後半って感じの男性でしたが、挿入したいと言うので、無理だったらごめんなさいねと前置きして、正常位で試みた。

ローションたっぷり塗りまくり、チカラを抜き挿入を

待つ。ちょっと怖い・・・

幸い、亀頭がデカいって感じでは無いので、先っぽがズンと入った感覚があった。

ゆっくり押し込んでくる。

き、キツい・・・

「ごめん、本当にゆっくりお願いします」

懇願する・・・

男がゆっくり入れては出しを繰り返す。

ちょっとずつ奥に入ってくるのが判った。

ほとんどバツゲーム状態で、私のペニスはフニャフニャ状態(苦笑)

アナルが無茶苦茶広がっていく感がある。

「半分入りましたよ」

男はそう言うと、更にグンっと突いてきた!

「うぎゃ~キツい~~!」

思わず叫んでしまった。

「ご、ごめん、しばらくそのまま動かないで」

とにかくキツかった。呼吸を整える。

コーヒー缶ぐらいのペニスが、挿入されてる。

そんなもん、入れたことは無い(苦笑)

しかし、男は我慢できないのか、ゆっくり動き始めた。

動かされるたびに

「うおぉ~」と、おかしな喘ぎ声が出てしまう。

しかし、不思議なもので徐々に馴染んできているのが判る。

それと同時に、気持ち良さが勝ってきた。

「あっ!あっ、あぁ~凄い」

歓喜な声に変わっていく。

それを聞いて、男の動きが早くなった。

痛さがない(汗)

「あぁ~気持ちいい~」

男が叫んだ。

ガンガン突き始めた。

こ、壊れてしまう・・・

そう思いながらも、気持ち良かった。

「イク・・・」

男はそう言うと、ペニスを抜き去り私のお腹に放出した。

アナルに手を伸ばすと、血が混ざっていた。

少し切れたようだ。

アナルも、ユルユルに広がっていた。

こんなに、ユルユルな感じになってるのは初めてだった。

大丈夫なんやろか?しばらく、大人しくしていよう・・・

 

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。