ホーム » レイプ » 【ゲイ体験談】サカユニ姿の大学生3人組に犯された末路・・・・・・

【ゲイ体験談】サカユニ姿の大学生3人組に犯された末路・・・・・・

サカユニ姿の大学生3人組

172×63×25のバリウケです。

近所の大学の学園祭での出来事です。

ある歌手のコンサートを見に行ったのですが、
その後、グラウンドで打上げ花火があったので、続いて見ていました。
学生達が歓声を上げたり、ふざけて追いかけっこしたりしていて、
お祭らしく大盛り上がり。

僕は1人だったのですが、サカユニ姿の3人組が缶ビールを持って近づいてきて、

「お祭なんだから、パーっと飲みましょうよ!」

って声をかけてきました。
彼等の勢いにつられて、僕も手渡されてビールで乾杯し、一緒に盛り上がっていました。

花火が終わり、

「まだまだ夜は長いですよ! もっと飲みましょう」

と、誘われるままについていくと、そこは学生寮でした。
僕は寮生活をしたことがないので、
玄関にかかっていた『○○大学 男子寮』の木の看板を見ただけで、
ちょっと興奮してしまいました。

寮の一室はお世辞にもキレイとは言えず(笑)、
脱いだ靴下が丸まったまま床に落ちていたり、
エロ雑誌も無造作に転がっていたりして、いかにも男子寮って感じでした。

そこで僕も含めて4人で飲んでいると、その内下ネタになってきて、
初オナニーは何才の時か?とか告白して盛り上がってました。

その内1人が、

「俺、最近やってないから、溜まってるんだよね。ガッツリいきたい!!」

って言い出すと、他の2人もしきりにヤリたいって言い始めて、ちょと変な雰囲気に。

「おにーさんもヤリたいでしょ」

「一緒に楽しもうよ」

3人は僕の肩を抱いたり、服を脱がそうとしたりしてきます。

「冗談やめろよ~」

僕は悪ふざけだと思って、笑って誤魔化していたのですが、
3人はやめるどころか、サカユニを脱ぎ始め、
僕にチ○ポを握らせたり、顔にチ○ポを近づけてきます。
抵抗しながらも、内心は興奮している僕。

「お前がホモだって、顔見たら一発でわかったぞ」

「年下にやられたいんだろ」

3人の口調は荒っぽく、男の本性丸出し。

「さっさと咥えろよ!」

「舌遣えよ!」

口々に命令されて、恐怖の反面、嬉しさもあり、

3人のチ○ポを言われるままにフェラしたり、シゴいたりしていました。

「もうガマンできね。ケツに入れようぜ」

1人がそう言って、どこからともなくローションを持ってきました。

「お前、用意いいなぁ」

「どんだけヤル気マンマンなんだよ」

「これ以上、イカ臭い部屋になったらどうするんだよ」

とか言う内に、シャワールームに連れて行かれました。
深夜だったので、シャワールームは貸し切り状態。
そこでローションをケツに塗られて、チ○ポ挿入。

「やっぱ生はいいよなぁ」

「生サイコウ!」

生入れでガン掘りされて、僕はもうメロメロ。
いつの間にか、自分で腰振りながら、

「もっと下さい。チ○ポ入れてください」ってお願いしていました。

最後の方は、しっかり数えられなかったけど、
一晩で口に3発くらい、ケツはその倍の6発ぐらいぶっ放されました。

4人とも満足したとこで、みんなでシャワーを浴び、元の部屋に戻り、雑魚寝。
翌朝、朝勃ちしたチ○ポを口にねじ込まれて起こされ、
そのままフェラして、ザーメンごっくん。もちろん3本とも!

3人がスッキリしたところで、やっと解放されました。

 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。