ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】デカマラ警備員に大量顔射された結末・・・・・・

【ゲイ体験談】デカマラ警備員に大量顔射された結末・・・・・・

デカマラ警備員に大量顔射

おれはショップ勤務の25歳。

結構大きい店舗に勤めてるので、犯罪防止のために私服警備員がいます。
つまり警備員は客のフリをしているので、
店内ですれ違っても、目で合図を送り合う顔見知り程度です。

その警備員のうちの1人に、顔が男らしさの中に優しさがあって、
体はガッチリした20代後半の人がいました。

ある日、トイレに行くと、おれが手を洗っている時に、
その気になってた警備員さんが入ってきました。
向こうも僕が店員だと気付いたらしく、

「お疲れ様。いつも忙しそうだけど、がんばってるね」

と言ってくれました。
嬉しくて、少し話をしました。
少し話していて、微妙な間ができて、
気まずくなり…俺は思わず身体を近付けていました。

すると、警備員さんが俺の手をギュッと痛いくらいに掴んで、個室に連れていきました。俺がビックリした顔をしてると、

「こうされたかったんだろ?」と言って、優しくキスをしてきました。

キスはどんどん激しくなり、唇から耳、首筋に…。
思わず

「は、はん…」と声が出てしまいました。

もう無抵抗です。

警備員さんは、

「感じやすいんだな…でもうれしいよ」

と言って、
俺の上半身を裸にさせ、乳首をいやらしく音を立てて舐めました。
俺はますます気持ちよくなり、ちんこはギンギンに勃起してました。

今度は警備員さんを脱がせ、上半身裸同士で抱き合うと、
横はガッチリだったけど、厚さは程よく収まる逞しさで、まさに俺のタイプの身体でした。そのエロさに耐え切れず、俺が乳首に貪りつくと、

「おぉっ、きもちいい」と喘ぎ始めました。

警備員の顔はどんどんセクシーになり、感じてました。
すると、

「シャワールーム行かないか?」と言ってきました。

店の入っているビルには、宿直の警備員用にシャワールームがある。
早速、移動。

シャワールームに着くなり、警備員は脱ぎ出し、あっという間に全裸に。
ちんこは20センチはありそうな黒いエロちんこです。
そのちんこに見とれてると、

「さぁ、お前も」と俺の服を脱がせ全裸に。

シャワールームに入ると、もう警備員の為すがまま、
全身を舐められ、ちんこはギンギン。

フェラは激しく、ねちっこさもあって、我慢汁が溢れてきました。
警備員は俺のをしゃぶるだけで、黒ちんこを全開におっ勃てていて、
俺を興奮させました。すると警備員が、

「もう我慢できね。入れたい…」

と言って、俺の穴に黒いエロちんこを入れてきました。
初めはちょっと痛かったけど、少しずつ穴を解すように入れてきて、
いつの間にか黒ちんこを全部受け入れてしまってました。

「全部入れるなんて、はぁ、やるじゃね~か」

と警備員は喘ぎ、突き始めました。
その突きは、今までに体験したことない強さで、腰が砕けそうだったけど、気持ちよすぎて、

「あっ…あっ…」と、突かれる度に俺は声をあげた。

警備員は時折、

「あぁっ、いいっ、たまんね」と感じているようでした。

激しい突きは強くなるばかり、バックでガンガンに突かれました。
おれのちんこの勃起も治まらない。
おれの穴の中でも、警備員のちんこは膨らみ、突きは激しさを増すばかり。

俺も絶頂になりそうな時に、
警備員さんが

「あっ、はぁっ…イク~ッ」

と言って穴から出して、俺の顔に大量の精液をぶっ放した。

顔は汗と白い液にまみれた。

すると警備員は、そのままおれのちんこをしゃぶり出した。
警備員はしゃぶったまま、

「お前もおれの顔にたっぷり出してくれ」と言いました。

おれはこの状況に更に興奮して、腰を振ってフェラさせた。
元々凄くアガってたから、そう時間はかからずに、

「あっあっ、はぁ、イクイク~」

と発射すると、あり得ない量の精液が警備員の顔にベットリついた。
すると警備員は、

「お前、マジ最高にエロいな。またやろうぜ」

と言って、ニコッと笑った。
お互いにきれいに身体を洗い合って別れた。

もう俺は彼の体なしではいられなくなった。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。