ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】ホームレスにクッセェ液体ぶっかけられた高校生の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】ホームレスにクッセェ液体ぶっかけられた高校生の結末・・・・・・

ホームレスにクッセェ液体ぶっかけられた

それは、高校2年の時。

ある日の夜、部活の帰り、一人で公園を歩いていたら
水が横から急にかかってきた。僕は水が飛んできた方向を振り
向いた。

すると、その水とは立ち小便をしていた、ホームレスの尿だった。

僕の制服のズボンの裾は少し尿で濡れて汚れた。

当然、そのホームレスに言い寄った。

すると、そのホームレスは潔く

「拭いてあげる」

と言い、僕を障害者用トイレに連れて行った。

トイレで二人きりになると、ホームレスはトイレットペーパー
を巻き取り、裾を拭いていった。

けれども、濡れていない部分も拭き始め、

拭く手はどんどん上に上がっていった。

僕は「そこは濡れてませんよ」

といったけれども、無視し上を拭いていった。

すると、股間を集中的に拭き始めた。

僕は身を引いて避けようとしたけれど、

優しいタッチでスリスリ擦るように拭いていくのが気持ちよくなって身を引かなかった。

すると、ホームレスは立ち上がって、チンポを取り出し、

僕の股間に向けて、ズボンの上に小便をかけてきた。

そして、しゃがんで濡れたズボンの股間の部分の小便を口で吸い出した。僕のチンポはみるみるうちに固くなっていき、いつのまにか

「あぁ~、あぁん」と喘ぎ始めていた。

そして、僕はついに

「チンポ、チンポ」と言いチンポを欲しがってしまった。

すると、ホームレスは僕をしゃがませ、チンポを顔の前に持ってきた。
チンカスがたくさんついていて、ものすごい匂いを発するチンポだった。僕は匂いをクンクンと嗅ぎ、臭くて汚いチンポを本能的にしゃぶりはじめた。

亀頭の周りについているチンカスを舌できれいに舐め、何年も風呂に入っていないチンポを口で掃除しはじめた。

僕が夢中でしゃぶっていると、ホームレスが

「あぁっ、あーーーー!」と叫び始めた。

そして、顔射された。
大量にトロトロとして、濃くて、臭い液体が広がった。
何年も溜めていた精子だった。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。