Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】アメフトリーマンを出会い系でゲットしちゃってwwwwww

【ゲイ体験談】アメフトリーマンを出会い系でゲットしちゃってwwwwww

アメフトリーマンを出会い系でゲット

 

私は34歳のサラリーマンです。

30歳の時に一度結婚をしましたが、たった2年で離婚、バツイチとなりました。

 

その原因は私が女性よりも男性とのセックスの燃えるゲイだからです。
学生時代は一般的な男性と同じように女性に恋愛感情を頂いていました

 

が、女性との恋愛がうまくいかず、その関係を維持する事に疲れ、女性との恋愛をしようとしなかった25歳までの間で、私の恋愛感情は大きく変わってしまったようです。

 

そんな私がバツイチになった後、ゲイの友達や彼氏を探す為に利用したのは、ネットでのPCMAXという出会い系サイト。
アダルトなサイトや恋愛物のサイトなどで、良く目にするマッチングの為のサイトです。

 

当時は新婚生活のストレスか、離婚によるストレスかは分かりませんが、ひたすら男性との出会いを求めていました。
しかし、街中でゲイですかと声をかけてナンパをするわけにもいかず、かといって発展場ではその時だけの肉体的な関係だけになる可能性が大きいですし、何よりも病気の心配がつきまといます。

 

出会い系サイトであれば肉体的な関係だけでない付き合いができるという保証もありませんし、病気にならない可能性がない、というわけでもありませんが、その時だけの快楽などではなく、真剣にパートナーを探しているゲイの人もいるはずだと思い、利用を開始しました。

 

自身のプロフィールを登録し、男性への恋愛感情が原因でバツイチになった事、恋人でなく友達からでもいいのでパートナーが欲しい、といった内容を登録し反応を待ちました。

 

勿論、色々な男性のプロフィールをチェックし、タイプの男性がいれば積極的にレスをし、少しでも多くの男性と少しでも恋愛関係になれるよう努力をしました。
その積極的に攻めた男性の中にまさに私のタイプにぴったりの男性がいました。

 

彼は28歳のサラリーマンで、学生時代にアメリカンフットボールをやっていたというO君。

プロフィールに添付されている画像は、上半身裸の筋肉美でした。

私はO君の画像を見ながら勃起してしまいました。

 

私は女性に対してはS的な嗜好となりますが、男性に対してはドが付いてしまうほどのМ。
O君のような筋骨隆々な男性に好きなように扱われたい、という感情が拭き出し、彼ひとりに的を絞ってレスを送り続けました。

 

そんな私の思いが伝わったのか、O君からもレスが届くようになりました。

色々とトークのやり取りをしている中で、少しずつ分かってきたのがO君の性格。
私の方が年上なので普通は丁寧な言葉使いでやりとりをしますが、ちょっとエッチな内容になるとSに豹変。
冗談ともつかないトーンで征服しようとするのでした。

 

そんなO君も私のM性を見抜いたのか、彼の方から実際に合ってみようという御誘いがありました。
願ってもない申し出に有頂天になった私は二つ返事でOKを出し、実際に会う事が確定したのです。

 

はじめてのデートに現れたO君は、ガチガチの筋肉で覆われた肉体をスリムなスーツで包んだ、今風のサラリーマンでした。
O君は私の見つけると急ぎ足で近づいてきてこう言いました。

 

「デートの相手が私で申し訳ない」と。

 

O君のように筋肉美を誇るわけでもない私は恐縮し

 

「私などで問題はないですか?」と返し、O君の反応を待ちました。

 

ラッキーなことに彼の返事はOK。

長年女性との恋愛を拒絶し、男性と付き合える事を願っていた私にとって本当に久しぶりのデートとなりました。
お酒が入った方が気持ちも口もはずむという事で近くの居酒屋で飲むことに。O君はビールを立て続けに飲みながら私にこういいました。

 

「一緒に楽しくてスリリングな時間を過ごせたらいいなと思います」

 

私は恐縮しながらも久しぶりのデート&セックスを想像してにやにやとしてしまうのを抑えきれず、雰囲気を盛り上げる意味も込めてエッチトークでO君が興奮してしまうのを待ちました。

 

ほんの30分後、私とO君はラブホテルの中にいました。
彼はドSの嗜好を惜しげもなく晒し、Мな私の反応を見て楽しんでいます。ついに我慢できなくなった私はO君に

 

「久しぶりなので…激しくせめて欲しい。我慢できない」

 

旨を伝え、O君のSっ気いっぱいのハードな夜を過ごしたのでした。

 

その日からO君と私は恋人通しの関係となり、お互いのマンションで遊んだり、外食をしたりしながら、ゲイライフを楽しんでいます。



 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索