ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】アメフト兄貴のデカマラで駅弁初体験!!!!!!

【ゲイ体験談】アメフト兄貴のデカマラで駅弁初体験!!!!!!

アメフト兄貴のデカマラ

 

以前やったアメフト兄貴との忘れられないファックについて書きます。

 

俺は172cm、62kg、24歳です。

 

俺のタイプは年上でがっちりした雄臭いのが好きです。

もち俺がウケです。
バックはそこそこ経験したけど、相手はイマイチ。

 

4月から仕事が始まって、とてもじゃないけど、
以前みたいにいつでもできるって訳ではありませんでした。

でもある日、どうしてもバックが疼いてしょうがなかったんで、ネットで募集しました。

 

その時に出会った兄貴が超ヒットでした。
ネットで待ち合せの場所を決め、遅い時刻だったけど、そこに行きました。そこには、教えてもらった車が止まっていた。

 

そこにもたれるようにしていた人を見て、俺は

 

『えっ、こんなカッコいい人が』と思った。

 

180cm、85kg、26歳って言ってたけど、
パツパツのTシャツにクッキリとした筋肉を浮かばせ、腕も太く、
これまたパツパツのGパンの前は、
平常時にも関わらず、その大きさを如実に示していました。
短髪で、無精髭をちょっと生やし、太い眉が印象的でした。

 

2言、3言会話を交わし、俺は助手席へ、兄貴は運転席へ。
俺は、既にこの後のプレイを期待して、既にギンギンでした。
兄貴は、俺の膨らみを見てニヤリ。

俺は兄貴の腕を触ってみたくて、触らせてもらった。
すげ、ぶっとくって、張りのある筋肉。

 

次の瞬間、俺の手は兄貴に握られ、兄貴の股間へ。
すげ、すげ、すっげー。まるで缶コーラの500mlを入れたみたいになっていた。とにかくデカくて、こんなにと思って兄貴の顔を見ると、

 

「俺の親父、アメリカ人で、白人だったからな。今夜は覚悟決めろよ」

 

俺は頷くしかなかった。

10分ぐらいして兄貴のマンションへ。

 

「散らかってるぜ」そんなことは気にしない。

 

俺は、運転の間中握らされたデカマラでクラクラになってしまっていた。
既にトランクスの中は先走りで、恥ずかしい程湿っていた。

 

部屋に入るなり、俺は抱きすくめられた。
すげ、兄貴の筋肉の鎧のような身体が密着する。
激しい抱擁と、食い付くようなキスの嵐が俺を襲った。
兄貴が俺の服をむしり取るように脱がす。
俺はトランクス1枚にさせられた。兄貴も服を脱ぐ。
すげ、もろ俺の好みの兄貴ジャン。
マッチョで凄い筋肉。分厚い胸板には、うっすら胸毛も生えており、
6つに割れた腹筋、俺の腰ぐらいもありそうな太もも、
ストライプのビキニは既にコーラ缶を隠しきれず、
デカマラが余裕でヘソの上に鎮座していた。

 

「シャワー浴びるか?」

 

「浴びてきた。兄貴は?」

 

「お前を迎えに行く前に浴びた」

 

次の瞬間、俺は再び兄貴と抱擁をかわした。

 

「すっげー先走ってるぜ」

 

「恥ずかしい…」俺は兄貴の前に跪かされた。

 

「しゃぶれ」

 

俺はしゃぶるの大好きなんで、大口を開けてしゃぶった。
と言うか、ちょっとだけ口に含んだというか、だって入り切らないんだもん。暫く兄貴の缶コーラを思いっきりしゃぶった。

 

いつの間にかベッドの上で腰に枕を入れ、
バックされやすいような体位で、自分の両腕で両膝を抱えていた。

 

「ヤルゼ」

 

いよいよ兄貴のデカマラが入ってくる。俺はスッゲー興奮していた。

 

次の瞬間、強力な圧迫感、体を2つに裂かれるような激痛が俺を襲った。
しかし、兄貴のぶっとい腕で体を押さえ付けられてたんで、動くこともできなかった。

 

「カリが入ったぜ」俺は頷くしかなかった。

 

「俺の目を見ろ」俺の目に兄貴が映った。

 

すっげー精悍そのものの兄貴が見えた。

 

「半分ぐらいはいったぜ」

 

まだ半分なのか。俺のバックはまだ痛かったが、
バックの奥から何かが突き上げるような快感が湧き上がってきた。

 

「おら、どうだ? 初めてじゃないんだろう?」

 

バックは初めてではない。種付けされるのが好きだ。
でも、これほどの大きさは初めてだ。
突き上げる快感がドンドン強くなってくる。
やべ、いってしまいそうだ。トコロテンってこんな感じなのか。

 

「…全部入ったぜ」

 

「☆★□&!!?&%」

 

いや、言葉にならないってのを、イヤという程わかった瞬間だった。
兄貴が全部俺の中に入れた瞬間、俺はバックから頭の中まで貫かれた快感に、訳のわからない言葉を叫びながら、自分の胸や腹にトコロテンで射精した。初めてのトコロテンだった。頭がボーッとしてきた。

 

「まだ、これからだぜ」ちょっと待って、兄貴。

 

俺、俺、どうにかなっちまう。

俺が兄貴にしがみついた時、俺は軽々と貫かれたまま抱き上げられた。

 

えっ。

 

次の瞬間、兄貴のデカマラが更に奥に差し込まれるような感じがした。
駅弁ってしたことがない。

 

っというか、俺の体を持ち上げられるような体格のいいヤツとやったことがなかった。兄貴は。そんな俺を軽々と持ち上げながら貫く。

 

「あっ、あっ、あっ」

 

「おら、もっと声を出せよ」

 

俺の1発目が、俺と兄貴の汗と混ざりあいながら、2人の間を繋ぐ。

 

「あっ、あっ、あっ、あっ、兄貴~」

 

「おら、どうした」体を揺さぶられ、突かれる。

 

その度に俺の体を快感が巡る、頭の中が白くなってくる、ヤベ、またイキそうだ。

 

「駅弁は初めてか?」俺は頷くことしかできなかった。

 

「兄貴、俺、俺、いくっっっ」

 

俺は2発目を噴き上げた。俺や兄貴の顔まで噴き上げる。
普段は1発で終わりってことが多かったかが…。

 

「オラ、俺もいくぜ」

 

ほぼ同時だった。バックの奥深く、ビクビクする兄貴のデカマラを感じる。あー、頭の中が白くなる。こんな経験初めてだ。

 

この後は、あまりよく覚えてない。
この晩、俺は6発もイッたらしい。兄貴は5発。
朝までやって、ザーメンまみれだった。

 

俺、自宅なんで、軽くシャワーを浴びさせてもらい、朝帰りをした。
俺が一番狂った夜だった。



 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索