Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】現役アメフト選手の専属性処理として使って頂いてます!!!!!!

【ゲイ体験談】現役アメフト選手の専属性処理として使って頂いてます!!!!!!

現役アメフト選手の専属性処理

 

ストレート(ノンケ)男性の性処理が趣味の性処理係っす
そんな変態野郎の性処理日記をちょくちょく書いてみようと思います

 

俺が最初に性処理に目覚めたのが既婚者アメフト選手
身長173センチ 体重73キロ 年齢30才
もちろん男には興味がなく(男経験も全くない)
あくまでも性処理として使いたいとの事

 

指定された公園に行くと練習後、アメフトの練習着のまま来ていた

 

「メールの方ですか?」と聞くと

 

「おう」と短い返事

 

ひざまづいてアンダーアーマーの短パンを脱がすとアメフトでお馴染みのフッパン。
フッパンは練習後もあって泥汚れがひどく、その中央に顔をうずめ臭いをかぐ。汗と土とチンポが混ざったなんとも言えない臭いに包まれる
そんなフッパンの上からチンポを咥えてみる

 

「こんなのがいいのかよ」

 

と言われたが、その一言が余計に興奮する
どうやってフッパンを脱がせばいいのかと思った瞬間に
アメフト選手がフッパンに手をかけヒモを緩めてチンポを出す

 

汗と小便とチンポが混ざった激臭の仮性包茎チンポ
長さは16センチ太さは4センチ、亀頭よりも根元の方が太い感じ

 

「早く咥えてくれ」と俺の唇にチンポを押し付ける

 

やがて臭くて硬いチンポが俺の口の中にずっぽり収まっていく
今まで味わったゲイのチンポとは違う雄の味が俺の口の中に広がってきた。そして舌で亀頭周辺を撫で回しながら亀頭から根元まで動かすと

 

「んっはぁぁ スゲェ こんなの舐めるのがいいのかよ」

 

といいつつも体は正直に反応してビクビクするアメフト選手
吐息が漏れるたびに足腰がふらついてきたので
足腰を支えながら亀頭~根元をストロークする

 

「ヤバイ イキそう、どこに出せばいい?」

 

と聞かれたので一旦チンポを口から離し

 

「好きなようにしていいっすよ」と答えると

 

「じゃあ口で」

 

と言いながら自分からチンポを俺の口にブチ込む
俺も名残惜しそうにアメフト選手のチンポをストロークすると

 

「ヤベェ イク イクイク~っ」

 

と大量なザーメンを口内発射

1週間溜めただけあって相当濃厚なザーメンだった…

 

そそくさとフッパンと短パンを穿くと

 

「じゃっ」

 

とすぐに立ち去るアメフト選手
帰り道ザーメン臭い唇のまま満員電車に乗った俺
スゲー恥ずかしかったがそれもそれで興奮してしまった

 

そしてアメフト選手は今後性処理係として定期的に会うようになる…



 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索