ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】年下ドSに羞恥調教され中出しまで赦してしまう

【ゲイ体験談】年下ドSに羞恥調教され中出しまで赦してしまう

【体験談】茨城県在住のトラック運転手(40)さんからの投稿。仕事柄、県外で寝泊りすることが多いという投稿者。基本は車内で仮眠を取ったりするのだが、財布に余裕があるときはビデボやネカフェに突入するらしい。もちろん大人しく仮眠など取るはずもないわけで・・・

年下ドS

あるビデボに行ってきました。

ちょっと面白い体験だったので、投稿させていただきます。

ビデボに5時間コースで入店後、すぐにハッテン掲示板に書き込んだ。

「尼○の○○郎5○にて、全裸でお待ちしてます。挿入して頂ける方、宜しくお願いします。鍵開けてます。175/78/4○」

あまり期待出来ないのですが(おっさんですし・・・)、取りあえずアナルを綺麗にしジャワーを浴び、全裸で待つことにした。

3時間ぐらい経ち、(やっぱり、誰も来ないか・・)などと思い始めていた時、突然部屋のドアが開いた。

振り返ると、なんと20代前半ぐらいに見える、若い男だった。

「おぉ~」

男は私の姿を見て声をあげると、掲示板みて!と私に声を掛けた。

あまりの若さに、

「私でいいですか?」と尋ねると、男は頷きながら早速服を脱ぎ始めた。

全裸になると、もうすでに男のペニスは勃起していた。

さすが・・・若い(苦笑)

14~5cmぐらいだろうか・・・結構大きい。

男のペニスに、さっそくしゃぶり付いた。

さらに硬さが増す。

「あ~~気持ちいい♪」

男が声をあげた。

やけに明るい・・・

一通りしゃぶり回していると、男が

「もう、挿れたい!」と、言った。

(いきなりか!?)とは思ったが、私は頷いた。

私は持ってきていたローションを手に取り、私を四つん這いにすると、アナルに塗りたくり、指を数本入れてきた。

十分に自ら解していた。

男は確認すると、アナルにペニスをあてがった。

「病気大丈夫?」

いきなり生挿入を試みる男に、思わず聞いてしまった。

「僕は検査してるから、大丈夫ですよ~~♪」

(ホンマかいな??)とは、思いつつこの若さ・・・

人生を棒に振るには若すぎる・・・

信じることにする。

何度か失敗したが、グッっと先っぽが押し込まれてきた。

ほぐれている私のアナルは、いとも簡単に男のペニスを飲み込み始めた。

ゆっくり奥へと、入ってくる・・・この瞬間が堪らない・・・

アナルが、奥の方まで広がっていく。

「あぁ・・・」

思わず吐息が漏れる。

(あぁ~~やっぱり生は気持ちいい・・・)

「しばらくそのままで、お願いします」

若造に、お願いする。

咥え込んだペニスの温もりを、味わう。

しかし、男は我慢しきれず出し入れを始めた。

「おぉ~スゲェ気持ちいいや!」

男が叫ぶ。男のペニスが奥の方まで当たり、少し痛みが走るがもう快楽の方が上回り、私は喘ぎ始めた・・・

「アッ、アッ、アッ・・・」

アナルがまた潤滑していくのが判る。それに合わせ、動きも早くなる。

そんな時だった・・・

「こういうの嫌いですか?」

そういうと、男は一旦私かから離れ、部屋のドアを、フルオープンにしたのだ。

嫌いではないが、さすがに私は動揺した。

角っこにあるこの部屋は、ドアを開けると真っ直ぐに通路が広がり、右手に販売機等がある。

しかも突き当たり上部には、監視カメラらしきものが、私の部屋に真っ直ぐ向いているのだ。

「か、カメラが・・・」

と、言おうとした瞬間、ズボズボっとペニスが入ってきた。

そして私の向きを変え、開いたドアから丸見えな位置に・・・

尻とかは刺客ではあるが、四つん這いの上半身は丸見え状態だった。

「い・・イヤ・・ヤバイって・・・」

しかし、男は構わず突いてくる。

(カメラで、見られてるって・・・人が来たら・・・)

しかし、生ペニスで突かれ、後ろから伸びた手で乳首を引っ張られると、もうどうでもよくなって来た。

興奮状態は増し、半勃ちだった私のペニスはフル勃起していた。

声だけは何とか我慢する。

しかし男が突くたびに私の身体が前後する。

(こんな姿見られたら・・・常連やのに店員さんにバレちゃう・・・)

しかし、若いこの男は全然動じる気配がない。

ペニスを一度抜き去ると、

「めっちゃ気持ちいいですね~~」

と呟きながら、私に正上位を求めた。

しかし、カウチルームなこの部屋。

ベッドからずり落ち、肩が地面に落ち、部屋の横のわずかなスペースにアナルを天井に向けるような体勢となった。

横を見ると、通路から私のハシタナイ姿が丸見えたっだ。

両脚を空中に大きく広げ、男のペニスがほぼ垂直に挿入された。

す、凄い・・・こんな体位は初めてだった・・・

二人の行為は、明らかに丸見えだったが、私は快楽に溺れ男の顔、出し入れされるペニスに、射精しそうなぐらいだった。

ガンガンと縦方向に突かれ、アナルは開ききっていた。

「イっていいですか?」

「は、はい・・・」

「どこに出しましょう?」

「あ、アナルに。。。種付けして下さい~!」

「了解♪」

男は明るく答えると、激しく動き始める。

やがて

「イク!」

と、一言発すると、私のアナルの中で脈打ち始めた。

(あぁ~~一杯入ってくる・・・)

暫くし、男は抜き去っても私はそのままの体勢でピクついていた。

ドアが閉められ、すばやく帰り支度を終えると、

「ありがとう」と言いながら、部屋を出て行った。

私は、ようやく天井にケツを向けた体勢から起き上がり、アナルに手をやった。

力むと、驚くほどの精液が床に流れ落ちてきた。

冷静になり、シャワーを浴びた。

幸い通路には誰も来なかったが、監視カメラの存在が不安っだった。

帰り際、何かいわれないだろうか・・・

数本のビデオの入った籠を手に、清算に向かう。

「お帰りですかぁ~♪」

いつもの店員さんが明るく聞いてくる。

ビデオを確認すると、

「はい、OKです~!またのご来店、お待ちしております~!」

その声に、少し安心しながらビデボを後にした・・・

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。