Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » SM調教 » 【ゲイの告白】変態マゾ奴隷が秘めたSM調教願望

【ゲイの告白】変態マゾ奴隷が秘めたSM調教願望

【体験談】和歌山県在住の男性(26)からの投稿。居酒屋で知らない男性グループと意気投合して飲んでいたのだが、気が付くとその男性のアパートで朝を迎えていた。お尻から流れる血、まわりに散乱しているティッシュやローション、何をされたのか理解するまでに時間が掛かったという。その日以来、投稿者の人生が変わっていく・・・。

変態マゾ奴隷

 

僕は今「ホモセックス」と「SM調教」の虜になってしまった自分に葛藤をしています。

 

このままでは将来、結婚して子供を作り家庭を築く事も出来ない程、歪んでしまった自分の性癖を自覚しています。

 

しかし日常生活を送る中で常に悶々と頭に浮かぶのは…

 

「初老の男性に緊縛され身体を弄ばれる自分」

 

「目隠し・猿轡・手錠を施され初老に跨がり腰を振ってヨがる自分」

 

「首輪で繋がれ這いつくばり、リードを持った主人のちんぽを喉深く飲み込み奉仕させられる自分」

 

「生臭い精液を身体中の穴に注入される自分」

…ばかりなのです。

 

いま僕は初老の男性から定期的に調教を受けています。

 

四人目の主人です。

 

「調教」と言っても、僕は過去の主からあらゆる性技を仕込まれていますから「調教」と言う表現は正しくないかもしれません。

 

今の主人は僕の身体を玩具にしてくれます。

 

性器は元より、身体全ての器官を「性欲の対象」として扱ってくれるのです。

 

冒頭の件りの通り、僕の性欲の対象は「汚された自分」、自己愛者ですから自分の身体に変質的執着をされると欲情を抑えられなくなるのです。

 

主人からの連絡はいつもメールです。

 

「もうそろそろ我慢できない頃でしょう。 またケツ穴を吸ってあげますから○○公園迄来なさい。放っておくと直ぐに他の男のチンボをくわえ込んでしまいそうだからね。君はもう…私の愛玩動物なんだから心得るように」

 

嗚呼、主人が僕の身体に所有欲を示しています。

 

僕の身体で天井僕の穴で…遊びたいと言っています。

 

それだけで暗示にかかった様に…僕の頭の中は靄がかかった様に思考が働かなくなり勃起してしまうのでした。

 

待ち合わせ場所に着くと主人は既に車で到着していました。この続きはまた今度に



 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索