ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】ノンケ高校生に10万でセックス交渉した結果wwwwww

【ゲイ体験談】ノンケ高校生に10万でセックス交渉した結果wwwwww

ノンケに中出し!

都内在住の社会人さんからの投稿。毎朝、通勤で乗る都バスにイケメン高校生が乗っているという投稿者。ある日、重い荷物を持って乗車したところ、そのイケメン高校生が席を譲ってくれたんだとか。そんな思いやりのある彼にすっかり心を奪われてしまい・・・・・・
寝込みを襲われた学生さん
俺は22才の社会人。数年前の6月の出来事です。

毎朝通勤の都バスの中で会う高校生が要る。

今時の男子高校生ですごくカッコイイ、多分香水つけてるんだと思うんだけどそいつの匂いがまた良い!

ある朝何時もの様にバスに乗ったら今日もそいつが乗っていた。

その時俺が重いカバンを持っていたんだが、気を利かせてそいつが席を譲ってくれた。

今時っぽいイケメンなのに常識人ってとこがさらに好感度アップ!軽く有難うと礼を良い、座らせてもらう事にした。

席に座ると、バスが揺れる度にそいつの股間が俺の肘に当たる。全神経を肘に集中する俺。偶然とは言えすごく興奮した。

そして駅に着き、何事もなくその日はサヨナラ。

二日ぐらいして夜に会社から帰る時にまたバスの中で会った。

帰りのバスは空いていて、そいつの隣に座ってこの前のお礼を言いながら世間話をして楽しい時間をバスの中ですごす事が出来た。

いつもは長く感じる道のりも今日はとても短く感じた。

俺が先に下りて、またサヨウナラした。香水と混ざった汗の匂いが爽やかだった・・・

七月に入ってから突然会社で転勤を言い渡された。唯一、心残りはあの高校生に会えなくなる事だけ・・・

いつの間にかバスの中だけだけど色々話をする様になっていた。

俺は勇気を出して今日の晩飯でも食いに行かないかと誘ってみた。

意外にも簡単に「ok」。そして駅に着きじゃあ後で、と別れた。

午後七時に改札で待ち合わせ、高校生は何時ものブレザーでは無く私服に着替えて来ていた。私服も黒系でまとめてていい感じだった。

電車で一駅JRの日暮里駅で降りた、焼肉屋でしこたま食って一層仲良くなった。もちろん俺のおごりで。

帰りに俺のアパートへ寄っていく事になり、タクシーで直行した。

この時点で俺の心に火が付いた。

色々くだらない事を話し終えて、そろそろ帰ろうかなと言う時にアルバイトを持ちかけてみたんだ・・・

『10万円で体を売ってくれって!』

最初は驚いてて直ぐにはうんと言わなかったけど、最終的にはokしてくれた。

俺は男は経験無かったんだけど、その高校生の中性的な顔と匂いに今までに無い好奇心を抱いて、それがドンドン大きくなって気が付くとその高校生をオカズにオナニーしている毎日だったんだ。

ちなみに高校生の名前は吉田って言うんだ。

ついに吉田とセックスが出来ると思うと10万円ぐらいは全く惜しくは無かった。

シャワーを浴びて出てくると吉田は今までと違って落ち着かない様子だった。お前もシャワー入れよと声を掛けた。

暫らくして吉田が腰にバスタオル一枚巻いて出てきた。始めてみる吉田の体、筋肉質で少し日に焼けた体がとてもカッコ良く見とれてしまった。

吉田のアソコは微妙に大きくなっているのがバスタオルの上からでも分かる。俺のアソコからは早くも涎が出て、いきり立っていた。

我慢できず吉田をベットまで引っ張った。

俺がベットに座ると吉田はボッーと俺の前に突っ立ていた。

電気を消して、吉田をベットに横にさせた。吉田は緊張していて何も話さない。すごくかわいい。

腰のバスタオルを取ると手でアソコを隠して恥ずかしそうにしていた。その手からはみ出すくらいに大きくなった吉田のアソコ。

吉田の手を払い除けて俺は毎日想像していた通りの事を直ぐに始めた。

まずは吉田の固くなったアソコを口の中に飲み込んだ。そして飴を舐めるように口の中で吉田のペニスを口咥えて、二分ぐらいたった頃、吉田の喘ぎ声が小さく漏れてきた。

そして俺の頭を持ってもっと早くしてくれと、せがんだ。それに答えて俺は激しく上下運動を繰り返すと「出ちゃう」と吉田の声にならないか細い声が聞こえた。

次の瞬間、俺の口の中で発射されペニスが激しく鼓動しドクドクと一杯精子が出てきた。

初めて味わった精子の味、空想から現実になった喜びで俺は気が狂いそうだった。

吉田のペニスは、小さくならずに勃起したままだった。

今度は俺のペニスを吉田に咥えさせた。吉田は目を閉じたまま、ぺニスを根元まで咥えて今されていたように俺のペニスを夢中で咥えている。

そして69の体制になり俺は吉田のアナルを舌で嘗め回した。

吉田の口からペニスを抜き取り、四つん這いにさせた。ベットの下から俺がオナニー用に使っていたローションを取り出し吉田のアナルに塗った。

初めに人差し指をアナルの中に入れてぐるぐる回した、3本指を入れようとした時、痛いと言われたが無視して指を出し入れしていた。

5分くらいしてついに俺ペニスを吉田のアナルに少しづつ入れていった。吉田は入れる瞬間呻き声を上げたが、観念したのか抵抗もせずに受け入れてくれた、亀頭を入れたり出したりしていると吉田がお尻を突き出しもっと奥までと無言で合図していた。

とうとう吉田のアナルに俺のペニスが全部飲み込まれた。

ゆっくりとピストンを始めた、俺は既に堪えるのが精一杯で直ぐに発射して楽になりたかった。

そして、ついに堪えることが出来なくなり、吉田の中に発射してしまった。最高の気持ちよさだった。

そして一番俺がしたかった事、俺のアナルに入れて貰いたかった。

吉田の中に発射した後、どうしても確かめたかった事が有った吉田を立たせてアナルから精子が垂れてくるのを確かめたかった。

ビデオで見た通り、アナルから精子が足を伝って垂れてきた妙に感動した、そして興奮した。

そのまま起立させて、俺はひざまずき吉田の勃起したペニスを咥えた。両手で吉田のお尻を抱え込み、たっぷり舐め回した。

そして、いよいよ俺は自分から四つん這いになり吉田に俺がした様にしてくれと頼んだ。

吉田はベットに転がっているローションを俺の尻に掛けて指を差し込んでぐるぐる回したり、指をピストンさせたりさっきのお返しをするようにねちねちといじり回した。

吉田が仰向けになってと言うので、仰向けになる。

吉田が自分のペニスローションを塗って、そしてペニスを持って俺のお尻に今入れようとしている。

中々滑って入らないが、少しづつ中に入った。想像はしてたけど初めて入れられたペニスがこんなに痛いのかとビックリした。

思わず痛いと言ってしまったが吉田は聞こえないフリでドンドン中へ入れてきた。

俺の足を大きく広げて根元まで入れると全部入ったぞって威張った口調で言った。

そしてゆっくり俺の上にのしかかって来て俺の口に舌を入れ、ゆっくり腰を振り始めた。

俺は気持ち良いと言うより痛くて痛くてさっきまで自分がしていた事がこんなに痛いのかと思った。

でも吉田は俺が気持ち良かったのと同じでちょー気持ち良いんだろうなと思い、我慢した。

少しして吉田のピストンが早くなり息が苦しそうに喘ぎ声とも言えない声が聞こえてきた。そして吉田がイったのが分かりました。

吉田がガクッとのしかかってきて俺は吉田の体をきつく抱きしめた。

汗で体が濡れていて吉田の匂いがとてもいやらしく、凄く興奮するにおいだった。

それから二人でシャワーを浴びてまた、吉田が入れさせてとお願いするので要求通りに吉田に体を預けた。

毎日、この日を想像してオナニーしてた。やっと願いがかなってとても嬉しかった。

また10万でお願いしたいな。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。