ホーム » 巨根 » 【ゲイ】思春期の僕にオナニーを見せてくれた熊先生の話

【ゲイ】思春期の僕にオナニーを見せてくれた熊先生の話

思春期の僕にオナニーを見せてくれた熊先生

うちの、学校の先生に熊みたいな先生が居ます。

ある日、プールの更衣室で、先生の全裸を見てしまいました。

体毛はものすごく、チンポは黒く、勃起もしていないのに15cmはありました。

それからというもの、先生と会うたび、股間に目が行くようになってしまいました。

ある日の放課後、

先生に「ちょっと残れ」と言われ、先生のもとへ行くと、

「お前プールのとき見ただろ。」と言われました。

僕は、しらばっくれましたが、最後にはばれてしまいました。

すると先生は、

「せっかく見たんだ、オナニーも見てけ。」

と言われ途中でオナニーを手伝いながら見ていきました。

するとさらに、

「お前勃起してるだろ」と言われました。

僕が「はい」と言うと、

「セックスするか?」と聞いてきました。

僕は、抵抗がありましたが、やはりやりました。

最初に先生のペニスを咥えました。

先生は、

「う、うおおおお」と叫びながら、僕の口に大量の精液を出しました。

次に、先生は僕のアナルに黒いペニスを突っ込みました。

僕は思わず、

「はあ、あはああああ。」とよがり声を出してしまいました。

先生のペニスは太く、きつきつで最初は、痛かったけど後から、気持ちよくなってきて、癖になりました。先生は、そのまま中出ししました。

それからというもの、卒業した後も週に一度やってます

 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。