ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】ノンケだと思ってた男友達に告白+フェラ要求されちゃって

【ゲイ体験談】ノンケだと思ってた男友達に告白+フェラ要求されちゃって

口に出されました・・・

宮城県在住の匿名さんからの投稿。学生時代、休み時間に友達に呼び出されたという投稿者。悩み相談かと思っていると突然『好きだ』と告白され頭が混乱したという。何も言えずにいると友達が近づいてきて・・・・・
先輩と後輩
休み時間、いつものように友達と話してたら、ある男友達に「Aがお前の事呼んでるから、階段の一番上の所行って」と言われました。

わざわざこんなとこに呼び出して何の相談だろう?と思ってました。

Aは凄く緊張した感じで、最初は俯いたまま何も言わなかったので「おい、人呼び出しといて、この時間何だよ笑」と突っ込むと「お前のことが好きなんだ」と突然告白されたのです。

私は固まってしまいました。

私は、Aの事はただの男友達だと思っていたので、「好きだ」と言われても頭が混乱して何も言えませんでした。ただ、恥ずかしくて顔が赤くなってしまいました。

それをOKと勘違いしたのかAは調子にのって身体を触ってきました。

「意外といやらしい体してんだな」とAから言われ、ますます恥ずかしくなってきました。

恥ずかしさのあまり無言でいると、さっきよりも強く胸を揉まれ、Yシャツのボタンを外しTシャツを捲り上げると乳首を吸ったり舐めてきます。

私は、嫌だと思っていても固まって何も言えず、「んっ・・・あぁんっ!」と、甘い声を出してしまいました。

そのままパンツまで脱がされて、私はとうとうチンポを出した状態にされてしまったのでした。

そんな私を見て、Aはあろう事かチンポを取り出し、フェラチオを要求してきたのです。

その時、私もどうかしてました。嫌がりながらもAのチンポを咥えてしまったのです。

初めてのフェラチオは生臭く、とても不快でした。更に手を伸ばして乳首をギューっとつねってくるのです。

まさに悪夢でした。唯一の救いはAがすぐにイってくれた事でしょうか。

Aの精液はチンポ以上に生臭く、さらに前触れもなく突然口内に出されたせいもあり、むせて吐き出してしまいました。

「大丈夫?」とAは声をかけましたが、その目はいやらしく笑いを帯びていました。

あの顔は生涯忘れないでしょう。

その後Aはお返しとばかりにフェラチオをして飲んでくれたのですが、そんな事では許されません

私は一生、AとAにアナルを捧げた私を許さないでしょう。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントは3件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    甘酸っぱい感じだと思いきや…なんかそうでも無い感じ…ケド捧げはしたのか…

  2. ゲイの名無しさん より:

    あ、結局行くとこ行ったのね(笑)

  3. ゲイの名無しさん より:

    また過去掲載済みの使い回し。
    つまらない。
    投稿者いないのかな?

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。