ホーム » 出会い系掲示板 » 【ゲイ体験談】強制精飲させられ覚醒したノンケ大学生の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】強制精飲させられ覚醒したノンケ大学生の結末・・・・・・

カラオケBOXで

都内在住の学生さんからの投稿。以前から男同士のエッチに興味があったという投稿者。ある日、飲み会の帰りに酔った勢いで掲示板に初書き込みしたんだとか。最初はとりあえずオナニーの見せ合いが出来る人を募集してみたが・・・・・・
強制精飲させられた男性
22歳の大学生です。

昔からずっと男同士に興味があって、ネットでその手のサイトを見ながらオナニーばかりしていたんですが、今日生まれてはじめて体験してきました。

大学のサークルの先輩の家で飲んでてかなり酔っ払った帰り、電車を待っている時になんかいやらしい気分になってきて出会い系に書き込みをしました。

はじめてなのでいきなりハードなのは怖かったので、とりあえずオナニーの見せっこをしてくれる人を募集したところ、同い年の男の人からメールが来ました。

偶然電車で30分くらいのすぐ近くにいるというので会いに行くことに。

指定された駅に着いて電話したら近くのカラオケBOXにいるとのことで、部屋番号を教えてくれました。

その番号の部屋の前に行きノックをします。

ずっと憧れていた男同士での変態行為をこれからできるんだという興奮と少しの不安とで正直心臓がものすごくバクバクいっていました。

ノックしてすぐに坊主頭でスリムなんだけど筋肉質っていう、イケメンと言ってよさそうな男の人が全裸で出てきました。

え、いきなり!?と思ってびっくりしたんですが、「入りなよ」と促されて入室しました。

男性はノートパソコンでホモAVを流していて、それを見ながら自分のものをしごいています。

「あ、あの…僕はじめてなんですけど…」と言うと、「オナニーしたいんでしょ? きみも脱ぎなよ」と言われて、恥ずかしかったですが僕も全裸になりました。

最初は2人でAVを見ながらしごいていただけだったんですが、「いつから男に興味持ったの?」とか「見せっこだけに興味があるの? もっといろんなことしてみたい願望は?」とかいろいろ質問されて、僕は正直に答えていました。

すると男性はいきなり僕の方に体を向けて、「ほら、ビンビンになってきちゃった。ちょっとしゃぶってみない?」と言ってきました。

そこまでするなんて全然聞いてなかったので、最初僕は抵抗しました。

「今日はそこまでするつもりじゃないんで、しゃぶれません」って。

でも、「興味ないの? しゃぶってみたいとか思ったことない?」と聞かれたので、いつも男の人のものをしゃぶっている自分を想像して、バイブを咥えながら毎晩オナニーしていることを告白しました。

「ならやってみようよ!」と、いきり勃つチンポを近づけられてしまい、そうなるともう拒絶することはできません。

僕は決心して男性のものを握り、口に含みました。

その瞬間、雄の匂いというか、なんとも言えないイヤな匂いが口の中に充満して吐きそうになりました。

頭を離そうとするとグッと手で押さえつけられて、無理矢理しゃぶらされる格好になりました。しょうがないので続けました。

途中、「もっと舌を使って!」とか「歯を立てないで!」とかいろいろ指導されながら、彼に気持ちよくなってもらえるように一生懸命奉仕しました。

僕のがんばりの甲斐があってか、しばらくすると男性は「うっ、うぅぅぅ…」と言ったかと思うと僕の口の中に大量に発射してしまいました。

うわっ、と思って今度こそ顔を離して吐き出したかったんですが、さらに強い力で押さえつけられて全部出されてしまいました。

男性はあれを僕の口の中に入れたまま、「ちゃんと全部飲んでごらん。こぼしたら店員さんに迷惑かかるでしょ?」と言われて、たしかにその通りだと思い、全部飲み干しました。

鼻に強烈な精子の匂いが抜けていき、何とか吐き気を抑えて持っていたペットボトルのお茶で喉奥に絡まったものを流し込みました。

「じゃあここ払っといてね」と言って、男性はすぐに服を着て帰ってしまいました。

カラオケBOXに1人残された僕。

結局、僕は射精するタイミングはありませんでした。

正直なところ、最初に口に入れた時こそアブノーマルな感じに興奮したんですが、全体的にあまりいいものじゃなかったし、口の中に出されて気持ち悪かったりで、激しく自己嫌悪しました。もう二度とやりたくない、と後悔しました。

しばらくして会計をして店を出ました。

ところが、帰りの電車の中でついさっきの行為を思い出しているとなんか段々興奮してきて、勃起してしまいました。

自分が何かものすごい変態行為をしたような気がして、エロい気分が全開になったのです。

早く家に帰ってオナニーしたいと思ったんですがなかなか電車が着かず、どうしても我慢できなくなった僕はやむなく途中駅で下車し、駅のトイレでオナニーをしました。

さっきの自分自身をオカズにしてオナニーをしました。

いやらしい気分が抜けなくて、立て続けに3回も射精してしまいました。それで少しだけ気持ちが落ち着いたのでトイレを出ました。

気付いたら終電が終わっていて帰れなくなっていたので、しょうがなくその駅の前の24時間営業のファミレスに入りました。

ファミレスに入ってもまたエロモードが蘇ってきたので、トイレに入ってオナニーをしました。

あまりの興奮に我慢ができなくなってずっとトイレにこもってオナニーしていたら、店員さんにノックされました。

「大丈夫ですか? 具合悪いとかではないですか?」って訊かれました。

実際飲み過ぎで顔色悪かったのもあって、店員は勘違いしたようです。

ついさっきトイレから出て座席に戻りました。

もうここではトイレにこもれないので、これ書いたら別の店に移って始発までオナニーしていようと思います。

今日も1限から授業ですが、今日はサボって家でずっとオナニーしてるか、またネットでエロい男の人を見つけていやらしいことをしようと思っています。

もっとハードなことがしたいなぁ。

 

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    それはいいけどカラオケのお金払っといてはひどくない!?最低な男だったね。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。