ホーム » イケメン » 【ゲイ体験談】超イケメンの彼にのめり込みそうで怖いんだが・・・・・・

【ゲイ体験談】超イケメンの彼にのめり込みそうで怖いんだが・・・・・・

超イケメン

 

暇に任せてのぞいたぼーどに、

 

「寝る前なんだけど、会いませんか」

 

とある書き込みに目がとまり、
レスをいれると、ほどなく返事が。

メールでやりとりして、街中の駐車場で待ち合わせをした。

 

あまり期待していなかった俺の前に姿を現したその子は、
ファッション雑誌から抜け出してきたような、俺好みのとびきりのルックス。

 

「自分なんかでいいの?」

 

と尋ねる俺に、はにかむように彼は

 

「大丈夫っす」と答えた。

 

思いがけない展開・・・
俺は高鳴る鼓動を抑えながら車を走らせ、町はずれの人気のない駐車場に
入った。

 

「レスがないから寝るところだったんっすよ」

 

「そっか。ラッキーだったな」・・・

 

とりとめのない会話を交わす内、気がつくと二人は無言で見つめ合っていた。俺は腕を肩に回し彼を引き寄せて、唇を重ねた。
彼の股間に伸びる俺の手。
ジーパンのファスナーを下げると、はちきれんばかりのペニスがあらわになった。

 

すぐにでもむさぼりつきたい衝動を抑え、シャツをたくり上げてきれいな乳首に唇と舌を当てた。

 

「あっ」と声を上げる彼。

 

そのまま均整のとれた腹に舌をはわせて、ついにペニスに唇が触れた。
びくんとふるえるそれを口に含むと、先走りのしょっぱい味が広がった。
もう、俺は夢中で舌をからみつかせる。

 

どれだけたっただろう。

 

「すっげーいい。感じる」という声に、俺も興奮の絶頂に。

 

程なく「いくっ」という、うめきとも叫びともとれない声とともに、
なま暖かい彼の精液が俺の口に流れ出した。

 

ペニスを何度もひくつかせながら、どくどくとあふれ出る白濁した液体。
俺は、焦点が定まらないままに彼の顔を見上げた。
端正な顔立ちの彼は、恥ずかしそうに

 

「だいじょうぶっすか」と尋ねてくる。

 

「タイプの子のだからだいじょうぶだよ」と言う俺に

 

「じゃあ・・」と、いきりたった俺のペニスを口にした。

 

ほとんど絶頂だった俺は、程なく口の中で・・・
差し出すティッシュを口に当てながら

 

「ほんと、こんなの初めてっす」と照れる彼。

 

彼のまた引き寄せて、精液のにおいの残る唇を奪う。
また会えるかなという俺に、

 

「こっちこそ」と言いながら、携帯に俺のメアドを登録してくれた。

 

年が明け、彼から送られてきた新年メールで待ち合わせの約束をして
欲望のままにカーセックスを重ねた。

 

今度は飯でも食おうと約束したが、
ふと気づくと、彼にのめり込んでしまいそうな自分が怖くなる。
このくらいの、つかず離れずの関係がきっと長続きするのに・・・

 

戒めもこめて、初投稿しました。



 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索