ホーム » SM調教 » 【ゲイ体験談】鬼店長が俺のユニフォームでオナってたんだがwwwwww

【ゲイ体験談】鬼店長が俺のユニフォームでオナってたんだがwwwwww

鬼店長が俺のユニフォームでオナって

 

俺(26歳)は居酒屋チェーンで店員をしてる。

 

店の店長は36歳で会社でも鬼店長で有名でさすがに仕事は出来る。

先日偶然この店長が更衣室で俺のユニフォームでオナニーしてるのを目撃した。

 

「ああん、原田。いじめてくれ」

 

なんていいながらちんぽをしごいてやがった。

(なんだ。こいつ普段えらそうにしてるがホモでマゾかよ。こいつはいいや。俺の奴隷にしてやる。仕事もやり易いぜ)

 

一緒に酒を飲みにゆき仕事の説教を聞いたあと電車もないので俺のマンションに誘うと当然のように泊まりにきた。

 

「原田、ちょっとマッサージしてくれよ」

 

「あっ、いいですよ」腰から尻にかけてイヤらしく揉み解してやる。

 

「ああ。キクゥ」もう気分を出してやがる。

 

尻の割れ目に俺の自慢の巨根をぴったり押し付けながら肩から乳首を揉んでやるともうマゾモード全開になり息を荒くしながら悶えだす。

耳をしゃぶりながら

 

「店長、俺のでかいだろ?」といってやると素直にうなずく。

 

「欲しいか」

 

「欲しい」

 

「じゃ、正直に告白しろよ」

 

セリフを耳元で言ってやるとそのとおり言いながら興奮してやがる。

 

「僕はホモでマゾの変態店長です。これからは原田さんの言うことはなんでも聞き奴隷になります」

 

「さあしゃぶれよ」店長は俺の前にひざまずき夢中でしゃぶりだす。

 

「ああん。大きい。こんな大きいなんて」

 

「これがおまえのケツマンコに入るんだぜ」

 

「四つん這いになっておねだりしろ」

 

店長は四つん這いになり自分の手で尻を大きく割り

 

「入れて。早くぶち込んでください」俺はゆっくり挿入してやる。

 

「ああん。いい。すごい。ああん」

 

店長の仮性包茎の皮を剥き亀頭に唾をいっぱいつけて擦り上げてやる。

 

「ああぁ、駄目。」

 

「イク時はイクといってからいくんだぜ。店長」

 

「もっとケツの穴を締めろよ」

 

「締めると原田さんの大きいのが・・・」

 

「ああん。もう駄目。イクイクイク」

 

「俺はぜんぜんいってないぜ。しゃぶりながらオナニーしろ」

 

「はい」

 

「店でもしゃぶるんだぜ。」



 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索