ホーム » イケメン » 【ゲイ】掲示板でイケメン(26)にアナルセックス教えてもらったwwwwww

【ゲイ】掲示板でイケメン(26)にアナルセックス教えてもらったwwwwww

初めて書き込んでみた

静岡県在住の会社員(27)さんからの投稿。以前からゲイに興味があったものの、ずっと感情を押し殺して生きてきたという投稿者。しかしそれも我慢の限界!初めて掲示板に書き込みしてみることに・・・・・・
アナルを掘る大学生
ついに、念願だった初体験(アナルセックス)をしました。

きっかけは、新年早々にですが、アナルが疼いて、我慢できずにダメ元で掲示板に『優しくアナルセックスを教えてください』と初募集を出しました。

そう簡単には返事は来ないだろうな~と半ば諦めていたら、一時間もしないうちに新着メールが!内容は、お誘いのメール。

正直混乱して、とりあえずメール返信。

お相手の方に、混乱してますねと、たしなめるれる位でした(^_^;)

その後、待ち合わせ場所や日時などを決め、その日は会社を休みました。

そして、約束の日。

その日までは正直、会おうか悩みましたが、せっかくのチャンスと思い、待ち合わせ場所に向かいました。

その場所で私を待っていたのは、山田孝之似のイケメンでした。

予想外のイケメンぶりに緊張で何喋っていいか分からないほどでした。

彼は私の緊張を見て、緊張をほぐそうと、たわいのない話しをし、少し落ち着いたところで彼の部屋に。

先にシャワーを促され、身体をきれいにしたあと、ゆっくりとベッドへ。

その時はもうドキドキしっぱなしでした。

そんな私を見かねて彼は「大丈夫だよ、気持ちよくしてあげるから」と、耳元でささやき、ゆっくりと私の服をたくしあげながら、軽くからだ全体を触り、それだけで緊張で小さくなっていた息子はビンビンに、そのあと乳首を摘ままれたりなめられている時は、目を閉じて、小さく喘いでいました。

時々、目を開けて彼と目が合うと、彼の笑顔が私を安心させてくれていました。

乳首のあと、すぐに彼の手が私の股間のビンビンの息子を優しく撫であげ、おもむろに唾たっぷりのフェラ。私はこれだけで、身体は震え、声をおしころすのが精一杯の状態でした。

「我慢しないで、声出していいよ」

彼は私のことを見透かすように言ってくれましたが気持ちいいのと恥ずかしいので、うなずくしかできず、声は無意識に出るようになり、おしころすことができなくなっていきました。

彼のフェラは絶妙で、イきそうになるとやめ、また再開。またイきそうになると、やめるを繰り返します。

寸止めを続けて行きながらアナルにクリームを塗り、ゆっくりとほぐしてくれました。

その時、まったく痛みはなく、自然にアナルがひらいていきました。

アナルをほぐされながらのフェラで十分にエロエロになった私に彼は「そろそろ、おちんちん欲しい?」と優しく尋ねるように聞いて来ました。

私はその言葉が終わる前に「おちんちんください」と、その時すでに私は、どうしようもなく熱くなったアナルにホンモノのチンポをどうしても入れて欲しくてたまりませんでした。

その返事を聞くと彼はクリームを少し多めアナルに塗り、私の足をかかえ、チンぐりがえしの体制で、ホンモのチンポをインサート。

最初は圧迫感が襲って来て、そのあとは優しいあったかさで満たされていました。

彼はゆっくりと動いてくれ徐々にに奥の奥まで入れてもらいました。

そのあと、ゆっくり大きく動いてくれ、大分馴染んできたところで、私が上に。

初めは上手くチンポをくわえられず、腰をふっていると、抜けてしまったりしたのですが、「ここっ!」といったところにはまってチンポがあたると腰の動きが止まらなくなり、ノンケだった自分は、彼と舌を絡めるキスを何の抵抗もなく続けながら腰を淫らに振り、最後は彼にクリチンポを弄られながら、イってしまいました。

イったあとも、クリチンポを擦られ、潮がふきそうでしたが、吹かずじまいでした。

イったあと自然に彼にもたれ掛かり、耳元でありがとうと言っていました。

彼は、「とってもよかったよ。また、いつでもどうぞ」と笑顔で言って送ってくれました。

駄文ですがこれが私の初体験でした。

病みつきになりそうです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。