ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】ビデオボックスでガチムチ(41)と忘れられないセックスをしました・・・・・・

【ゲイ】ビデオボックスでガチムチ(41)と忘れられないセックスをしました・・・・・・

【体験談】秋田県在住のリーマンさんからの投稿。今までにあまり満足にできるセックスと巡り会えなかったという投稿者だったが、たまたま立ち寄ったビデボで忘れられない経験をしてしまう・・・

ガチムチ

もしかしたら、皆さんは結構経験あるのかもしれませんが、いうほど挿入された経験の少ない私は、あまり長時間挿入された事がありません。

面白い体験はありましたが、実際に挿入されてる時間って、案外2分~10分。

年配者は、勃起が持続しなかったり、若い子はギンギンだが早かったり・・・

それはそれで満足しておりました。

そんな私が、年末の忙しさと年始の休暇などがあり、オナニーする機会も無く悶々としてしまい、ビデオボックスで放出すべく店へと向かいました。

最初はAVでも観ながら、持ち込んだディルドでもアナルに突っ込んで、自分で放出するつもりでしたが、アナルオナで火がつき本物が欲しくなり、たまらず掲示板で募集してしまいました。

数時間後、返事を頂いた40歳のがっしりタイプの男性が、指定していた部屋へとやって来てくれました。

彼は、部屋に入ると無言で全裸でいる私を品定めするように見てきた・・・

そして無言でベルトを外しズボンをずらすと、すでに半勃ちしてる?ペニスをパンツの上から舐めるようにと、私の顔に近づけてくる。

「挿入希望のM男です。何でもします」

そう掲示板には書いている・・・

私は彼のパンツに口を近づけ、上から舌を使い舐め始めた。

(いい香りがする・・・)

そんな事を思いながら、舌を這わしていると、男はパンツを下げ彼がペニスを取り出してきた。

結構デカい。

15~16cmはありそうだった。

そのペニスを丁寧に舐めまわす・・・

私が舐めている間に、彼は服を脱ぎ始める。

全て脱ぎ終えると、彼は私の背中越しに右手を伸ばしアナルを確認した。

何分か前まで、ディルドが挿入されていた私のアナルは、ローションでベトベトで十分に解されている。

そのことを確認すると、私は四つん這いになるよう指示されカウチルームのベッドの上で、彼に向け尻を突き出した。

アナルにペニスの先が添えられると、ゆっくり・・・そしていとも簡単に、彼のペニスを受け入れた。

生挿入だった・・・

「何でもします」

そう言っているだけに、抵抗は出来なかった。

しかし、このナマの感覚が、堪らなかった。

(あぁ~~やっぱり気持ちいい・・・)

心の中で叫んだ。

ここからが、私が今まで経験したことのないアナルSEXの始まりだった。

十分に解されていた私のアナルに、彼は最初からかなりの勢いで突き始めた。

もう、イってしまうの?そんな腰の動きにさえ思えた。

最初から激しめに突かれ、私は悶えまくる。

その喘ぎ声に、突きながら私の口を塞ぐ。

外へ漏れることを警戒しての行動だった。

すぐに終わってしまうのかと思っていたが、そうではなかった。

10分ぐらいバックからほぼ休むことなく突かれている。

あまりの快感に、身体が痙攣を起こす。

ようやく、ペニスが抜かれると、寝かされ正常位で挿入。

バックで相当トロトロになった私のアナルは、もちろんすんなり彼のペニスを受け入れる。

ここでも、ガンガン突いてくる。

(す、すごい・・・)

時折、ローションを追加するせいか痛みもなく、快感だけが体中を駆け巡る。

声を気にする彼の為に、私はたまらずタオルを口に押し込み、我慢した。

声を出さずにはいられないぐらい、感じまくっていた。

正常位の体勢からも、両足首を持たれ股を大きく広げ突かれたり、両膝を抱え込むような体位、片足だけ持ち上げられたり、そして脚を肩に掛けられ屈曲位では、15~6cmの彼のペニスが奥まで入ってきた。

女のように体位を変えられてる最中も、彼の動きは止まらなかった。

アナルはもう押し広げられ、濡れまくり、完全に抜いての出し入れ繰り返しをされても、なんの抵抗も無く生ペニスを受け入れていた。

私は夢の中だった・・・

「す、すごい・・。すごい・・・」と、うわ言のように繰り返し、喘いでいた。

気がつくと、彼を離さまいと両足を彼の背中に絡め突かれている・・・

ようやく正常位の体勢から、そのまま起こされ、挿入されたまま騎乗位へと変化する。

一心不乱に、彼の上で腰を振った。

もう、理性なんて吹っ飛んでしまっていた。

彼のペニスが愛おしくて、味わうようにケツを振りまくった。

彼に抱きつき、舌を絡めた。

彼が下から突き上げ始める。

必死に彼に抱きつき、湧き上がる快感に耐えた。

(アナル・・・どうなっちゃってるんだろう・・・)

思わず、そう思ってしまうぐらい、突かれっ放しだった。

それほど、激しい動きで長い時間挿入さてれいる。

「こ、こんなの初めてですぅ~・・・」

下から突き上げられながら、彼の耳元で囁いた。

再度身体を起こし、彼の上で腰を振る。

なんて姿だろう・・・

人には見せられない・・・どんな顔していたのか・・・

彼が身体を起こし、再び正常位にさせられた。

さんざんまた突かれる。

ようやく動きが止まると、私の身体は、ピクピク痙攣を起こした。

そんな私に

「どこに出して欲しい?」と、聞いてきた。正直、中に一杯種付けして欲しかったが、

「口に下さい」と、お願いした。

動きが再開する。

そこからもかなり長い。

屈曲位となりやや上から奥までガンガン突いてくる、さらに激しさが増す。

(もう・・・壊れちゃう~~~)

そう思った瞬間、ペニスが抜かれ彼が立ち上がった。

私は身体を起こし、彼のペニスに口を空けたまま顔を近づけた。

勢いよく精液が飛び出し、私の額のほうにも飛び散った。

流れ出す精液を、口ですくい飲み干した。

そして、私のアナルに入っていたペニスを口で掃除した。

彼が服を着て部屋を出ると、恐る恐る自分のアナルに手を伸ばしてみた。

これまでに無いぐらい、トロトロユルユルになっていた。

時計をみると、おそよ50分ぐらい生ペニス挿入されっぱなしだった。

ずっと突き続けていた彼の持続力と体力に感心しながらも、ここまで身体に快楽を植えつけられた自分の今後が、不安になった。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。