ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】ホモバレして村八分にされた厨房の末路・・・・・・

【ゲイ体験談】ホモバレして村八分にされた厨房の末路・・・・・・

美少年と評判の同級生と

ホモバレして村八分にされた厨房

14才のとき、同級生と勃起したものをまさぐり合うようになった。
オナニーを知ったばかりのころで、服のうえから触り合うだけで興奮していた。

一緒にまさぐり合ってたその友達は美少年で評判の子だった。

でもそのころは男が好きだとはっきり意識していなかったので、恋愛感情のようなものはなく、単なる男の友達だった。

そのうちにトイレで抱き合いながら固くなったものをこすりつけ合うようになった。

授業が終わると真っ先にトイレへ行き、誰も来ないうちに抱き合って触り合った。

でも射精するようなことはなく、キスもしなかった。

自分としては、じゃれ合いのつもりでしかなかった。

まだ、セックスについての知識も乏しかったし。

ところがある日、トイレでたわむれているところをワル仲間の一人に見られてしまった。
噂はたちまち広がったようで、俺はリーダー格の奴に呼び出され、

「おまえ和寿とホモやってんだって?」

などと因縁をつけられ、仲間に殴られた。
相手の和寿は何もされなかったから、きっとこのワルは和寿のことが好きで、俺に嫉妬していたんだと思う。

小さな田舎町だったから、噂は町中に広がり、

それから俺はつらい青春時代を送ることになる。

高校を卒業するとすぐに東京へ出てきた。

それ以来、田舎には帰っていない。

和寿とはその後も普通につき合って、修学旅行では布団のなかでじかに勃起したものを触り合った。

和寿の方がセックスについての知識は豊富で、アヌスが気持ちいいことも
知っているようだった。俺のアヌスにペニスを押しつけて、

「気持ちいいだろう」

なんて言っていたし、俺の家に遊びに来たときには、あそこを触りながら

「やりたくなっちゃった」

なんて言ったこともあった。

今から思うと誘っていたのかもしれないが、そのころ俺はうぶで、
男どうしで何かするなんてまったく考えつかなかった。

向こうはたぶん俺にその気があることを察知していて、セックスしてみたかったんだと思う。

こう考えると、男は誰でも同性に惹かれる素質があるんだなと思う。

そいつがいい男だったこともあり、今でもそいつの固いペニスの感触を思い出すと、たまらなく興奮する。

最後まで行かなかったことで、きれいな思い出になっているのかもしれない。(和寿は仮名です。そいつが桜井和寿に似ていたので。)

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。