ホーム » イケメン » 【ゲイ体験談】中学生にイかされた体育講師の末路・・・・・・

【ゲイ体験談】中学生にイかされた体育講師の末路・・・・・・

中学生の触り方じゃあない・・・

中学生にイかされた体育講師

 

10年前くらいに中学生の講師をやっていたときの話。

 

大学出立てのおれは生徒に結構人気があった。

中学生からしたら、俺の筋肉がムキムキに見えるらしい。

体育の先生ということもあって、ジャージの股間のふくらみが気になるのか、3年の男の中にはふざけてさわってくるやつもいた。

 

そんな中にバスケ部のAがいた。

Aは背はおれより高くて、顔もハンサムなやつだった。

体育委員のAは用具の片付けを終えて、教官室に報告に来た。

つぎは給食なのですぐに帰るのかと思ったら、Aはいつものようにおれにじゃれついてきた。

 

そして何とAは俺の股の間から手を入れて、後ろから、おれの股間をしっかりとにぎった。

 

おれは思わず「あっ。」と言ってしまった。

 

おれは「やめろよ。」と言いつつも抵抗しなかったら、今度はゆっくりとチンポをもみ始めた。

 

どこで覚えたのかと思うほどうまかった。

 

「中学生にもまれるなんて・・・」と思いつつも誰も来ないこともあって気持ち良さに抵抗する気がなくなっていた。

 

Aは興奮してるようで息が荒いのがわかった。

そのうちおれのチンポはギンギンに勃起してしまった。

Aはおれの勃起したチンポをジャージの上から指でなぞったり強く握ったりした。おれはどっちが年上だかわからなくなっていた。

 

そのうちAは教官室のいすにおれを後ろから抱くようにして座った。

そしてゆっくりとおれのジャージを下ろして、おれのチンポをじかにしごいた。チンポの先からは透明な液がいっぱい出ていた。

 

Aがおれのチンポをじっとみているのがわかった。

もうおれは頭がぼーっとしてきた。快感の波が次から次に来た。

そしてついにいくときが来た。

 

おれは「いくっ、いくつ。」と言ってしまった。

 

Aは手を早く動かした。おれは精液をいっぱい飛ばした。

床に音を立てて落ちた。すごく気持ち良かった。

Aは最後まで出してくれた。

 

その後教官室のティッシュでふいて「トイレに捨てる」と言っていた。
残念ながらその後教師にはなれなかったが、今もあの思い出だけは鮮明に残ってる。



 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索