ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】シゴいてたら精通しちゃった中1の話

【ゲイ】シゴいてたら精通しちゃった中1の話

友達に教えてもらって・・・

シゴいてたら精通

僕がはじめてオナニーした時のお話です。

中1のときでした。

音楽の時間に隣に座っていた男の子が僕のちんちんを指さして

「大きそうやね、触らせてよ」っといってきました。

僕は「ダメだよ、先生に怒られちゃうよ」と言いましたが、心臓がバクバクしてしまいました。

授業が終わって男の子が近づいてきたので、ぼくはさりげなく逃げてしまいました。

自分自身は触られたかったのに(笑)

その日の夜、始めてオナニーをしました。

友達から「ちんちんをしごくと気持ちいいよ」って聞いていたので、しごいてみました。

しごいてるうちになんか気持ちよくなってきて、すぐイってしまいました。

その日からオナニーとかSMとかにも興味をもってしまいました。

ぼくはゲイであることを自覚しました。Mです。

今日はここまで!!

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。