ホーム » イケメン » 【ゲイ体験談】ホスト系にちょっかい出したら中出し写メ撮りされちゃって・・・・・・

【ゲイ体験談】ホスト系にちょっかい出したら中出し写メ撮りされちゃって・・・・・・

神奈川県在住の会社員からの投稿です。会社が休みの日、とくにやることがなかった投稿者はパチ屋でスロットを打っていた。しばらくして、隣に座ったホスト系イケメンが携帯で何やら動画を見てるようで、投稿者は気になって覗いて見ると・・・・・・

ホスト系にちょっかい

 

この前、パチ屋でスロットを打っていたら 隣の席の奴が打ちながらケータイをいじってた。

 

俺は飲み物を買いに行き席に戻る際、ソイツのケータイ画面が目に入った。

それは男がフェラしている画像だった。

 

見た目はホストっぽいスリムなイケメンなので、そっち系の人かと驚きました。

チラチラ横目で見ていると、ソイツはニヤニヤしながらスロットをそっちの気でメールしている。俺の事も全く目に入らない様子だった。

 

ふとソイツの股間を見ると少し膨らんでいた。

するとソイツは席を立ちトイレに向かったので、

 

『もしや!?』と思い少し遅れて俺もトイレに…。

 

トイレには大便器の個室一つだけが使用中で他に誰も居なかった。

俺は小便をしてトイレを出たフリをして息を殺して使用中の個室に近付いた。扉に耳をあてパチ屋の雑音のなか、室内の音に集中していると、ケータイの操作音と微かに聞こえる荒い息遣い。

 

俺は『シゴいてるな!?』と確信してドアをノックした。

 

すると中からノックが返ってきたので

 

『手伝いましょうか?』

 

と言うと、しばらくの無言があった後にカチャっと鍵を開いた。

中に入るとソイツは素っ裸でビンビンに勃起したチンポを露にして便座に座っていて目が合うと無言で頭を下げた。衣類はベビーチェアの上に乗せてあった。

 

俺はソイツの前に膝まづき勃起したチンポを握り上下に扱いた。

チンポは体に似合わず18cm位あり指が回らない程の立派なモノで、扱く度にビクビクいって先からは透明な液体が滲んでいた。

 

俺は堪らなくなり舌先で裏筋を舐めると、ソイツは俺のシャツを脱がそうとした。俺は従いシャツを脱ぐとズボンにも手をかけるので、

 

『全部脱ぐの?』と聞くとコクンと頷いた。

 

俺は仕方なく靴下のみの姿になると、ソイツは俺を後ろ向きにし立ったままドアに手を付かせた。

そして俺に足を開かせると、たっぷりの唾液を付けた指でアナルを弄くり始めた。

 

俺はソイツの予想もしない行動でしたがアナルを弄る指の動きが気持ち良くてスグに勃起してしまいました。

するとソイツは指を二本入れて掻き回してきて、少し痛みを感じたので腰を逃がすと、ソイツは股の間から手を伸ばし俺のチンポを扱き始めた。

俺は痛気持ち良さで

 

『アッアッアッ!』

 

と声が出てきて、もうイキそうと思ったら、トイレに人が入って来たのでソイツは手の動きを止めた。

俺達は動きを止めたまま、その人が出てくのを待っていたんですが、人が入れ替わりトイレに入ってくるのでソイツはゆっくりとチンポとアナルを責め始めた。

 

俺は声を出さないように歯を食いしばり我慢しているが、段々とソイツの動きが激しくなり とうとう

 

『ウゥッ‥』と声を出してしまったと同時にドアにザーメンを放出した。

 

ソイツは俺がイッた事を確認し、ゆっくり指を抜くと俺は膝がガクガクと震え立ってるのがやっとでした。

 

するとソイツは俺の腰を引きソイツの膝の上に乗せた。

そして俺の乳首を触りながら首筋に舌を這わせるので、俺はゾクゾクし体を捻らせるとソイツは

 

『気持ち良いなら声出してよ!』と耳元で囁いた。

 

まだトイレに人の気配がするので俺は首を横に振るとソイツは俺の腰を少し持ち上げ18cmのチンポをアナルに擦り付け始めた。

 

『まさか!?』と思った瞬間!俺の腰を引きチンポを挿入してきた。

 

あまりの大きさと唾液だけでは、先っぽだけでも激痛がしたので俺は腰を上げ逃げると、肩を掴まれ無理矢理チンポを挿入してきた。

今までで俺自身で一番の大きさのチンポで、本当にメリメリと音がするくらいの痛みでした。チンポを根元までアナルに収まるとソイツは動かない。

しかしアナルの中でチンポをビクビクと動かしているのが解った。

俺はアナルの痛みを我慢しているとソイツは急に突き上げ始めた。

 

しかし、動く度にガタガタと便器が鳴るので 俺は立ち上がるとソイツも立ち上がり、俺に靴を脱がせ片足をベビーチェアに乗させ少し前屈をさせて、後ろから突いてきた。

ドアの向こうには人が居ると思いながら必死に痛みに耐えてると、次第に気持ち良くなってきた。

 

時折、唾液のグチャグチャという音やケツが当たるビタンという音が響くので、ヒヤヒヤしながら続けてると、トイレから人の気配が無くなった。

それに感付いたソイツは一段と激しく腰を突いてきた。

 

グチャグチャ・ビタンビタンと音を響く中、俺も『アアッ!』と大声を出した。

そしてソイツも

 

『あ"ぁ、イクよ!』と言ったので

 

『外に出してよ!』と言うと

 

『ケツにかけてやる』と言い動きを増した瞬間に!

 

またトイレに人が入ってきた。

するとソイツは腰の動きが止まり、凄く奥まで突き上げてきた。

俺はズキッという痛みと共に奥にジワという感覚とチンポの鼓動を感じた。そして人が出ていた後に

 

『ごめん。焦っちゃって…。』と言いチンポを抜いた。

 

力なくアナルからデロンと抜いたチンポの後に、ボタボタと大量のザーメンが床に落ち太股にもつたってきた。

俺はソイツを責める訳にもいかないので、仕方なくティッシュで拭こうとすると、手を退かされ、ザーメンが垂れてるアナルの写メを撮り始めた。

 

俺が拒否ると顔は撮らないから!

と言い何枚も撮り、仕舞いには両手でアナルを広げてる写メも撮られました。

 

そのあと、何食わぬ顔で席に戻った俺たちはメアドを交換して別れました。

 

結構、ドキドキした体験でした。癖になりそう。



 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索