ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】熟睡したノンケ同級生のチンポを触ってみましたwwwwww

【ゲイ体験談】熟睡したノンケ同級生のチンポを触ってみましたwwwwww

富山県在住の学生さんからの投稿です。高校卒業式を終え、仲の良かった友達8人で打ち上げをする事になった。思い出話しを酒の肴に明け方まで飲んでいた。そして1人、また1人と深い眠りに落ちたが、投稿者だけは眠れずにいた・・・・・・

熟睡したノンケ同級生のチンポ

これはぼくが高校を卒業した日の夜のことです。

同じ部活で仲のよかった8人で打ち上げをしました。

夜になっても友達の家に集まって、思い出話に盛り上がっていました。

だれかが

「酒飲もぉぜ、酒」

と言い出し、代表でぼくともう一人で買出しに行きました。

どうせだからと大量に買い、みんなで飲み明かしました。

明け方の5時ごろ。

さすがにみんなも疲れと大量のアルコールで熟睡モード。

そんな中ぼく一人だけ妙に目がさえて起きていました(今考えれば気になるあいつが隣で寝息をたてていたからかも)。

さりげなくそいつのすぐ隣に横になり、右手をゆっくりとそいつの股間の上に・・・。そっと手を下ろすと初めて触る柔らかな感触が(この段階で心臓はすでにドクドク)!

しかしズボンの上からのため、まだハッキリした輪郭がわからず、ぼくはさらに前進しました。

息を殺しそぉ~っとそいつのチャックをおろし右手をその中に。

心臓が口から飛び出しそうなほどの興奮です。

こんもりとしたそいつのをやさしく手で包み、軽くもんでしまいました。

そして気づかれるのを恐れたぼくは、そこで止めそいつのチャックを元に戻して寝ました。

・・・15分後・・・

相変わらず寝れないぼくは、さっきの続きが気になりました。

再びチャックを下ろし、そして今度はトランクスの前のボタンを開きました。

これまでの最高の興奮とともにぼくの右手には、彼のモノが握られました。彼の棒を上側に向けると、開けたズボンの穴から取り出せました。

ぷにぷにしたちょっと小さ目のそいつ自身。

ゆっくりとかわを剥くと小さな亀頭が出てきました。

顔を近づけると微かに男っぽい匂いがして、思わず口にくわえてしまいました。

軽く舌で転がす程度で、また起きないかと心配になりすぐ止めました。

でもやっぱりきになってもう一度開けるとなんと彼は勃起していました。普段からは想像できないほどに大きく、口にくわえると無意識に上下運動をしてしまいました。

1分ぐらいして、さすがに本当に怖くなって彼のをしまって本当に寝ました。
今考えれば最後までやっていれば、と思うけどその辺が高校生って言うんでしょうかね

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    興奮する内容でした

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。