ホーム » 痴漢・覗き » 【ゲイ体験談】パイパンにしてる高校生が痴漢された結果wwwwww

【ゲイ体験談】パイパンにしてる高校生が痴漢された結果wwwwww

何で剃ってるの?

都内在住の学生さんからの投稿です。高校から電車通学になった投稿者は満員の電車内で頻繁に痴漢にあうようになったという。いつも同じサラリーマンで次第に大胆な行動になってきたんだとか。そしてとうとう下着の中にまで手を入れられた投稿者だったが・・・・・・
電車で痴漢されるDK
高校生の頃、通学のために満員電車の急行に乗っていました。

そして、1年生の時からその電車内で痴漢にあっていました。

痴漢はいつも同じ人で30歳中頃のスーツ姿のサラリーマンでした。最初は満員の車内なので痴漢ではなく偶然手が触れただけかと思っていました。

僕はいわゆる内向的な性格で髪も長め、女子ばかりの書道部で僕だけが男子でした。
男子からも女子からも女顔と言われ、中学生の頃から女子のように扱われ、大切にもされましたが、男子からは身体を触られるなどのセクハラもされていました。

電車の中でそのサラリーマンの手の甲が僕の股間に触れてきた時、偶然ぶつかったのだと思い腰をずらして避けました。

でも少し経つと再びその手が股間に触れてきて、手の甲から手のひらに裏返りました。手のひらで股間を包まれて初めてそれが痴漢と知りました。

女性が痴漢されるというのはよく聞いてましたが、男である僕が痴漢されたのはすごくショックを受けました。

学校で同級生の男子から抱きつかれたりお尻にタッチされたりとかは割りとされてましたが、それはふざけての事であって、今回のは全く知らない他人にそういう事をされてとても怖くなりました。

今度はもう少し後ずさって手を避けました。

でも、僕が大きな声を出さないのを確信したのか、痴漢は体ごと僕に押し付けてきました。

僕は電車のドア際に立っていたのでそれ以上は下がれず、痴漢とドアの間に挟まれてしまいました。

僕が手を使って痴漢の手をどけようとすると、男は自分自身の股間を押し付けてきました。

僕の手に触れた痴漢のチンコは、スラックスの布越しにも固く大きく勃起しているのがわかります。

慌てて手を引っ込めたら、痴漢の手がまた僕の股間に触ってきました。僕のチンコは初め小さく縮こまっていたのですが、痴漢の手に撫でられたり揉まれたりしているうちに、段々勃起してきてしまいました。

それが痴漢にとっては嬉しかったのか、さらに大胆な行動をとってきました。

僕のズボンのファスナーをさげて手を中に入れてきたんです。僕は下着はブリーフ派でしたから、簡単に横にずらされて僕のチンコが出されてしまいました。

男の手に包皮が被っている仮性包茎のチンコを直に触られ、もみもみされました。

そして、その時に僕の恥ずかしい秘密を知られてしまったのです。

男は指で僕のチンコの付け根を撫で、とんとんと指で叩きました。痴漢が言いたいことが僕にもわかっていましたから顔から火の出る思いでした。

痴漢はこう聞きたいのです。

"なんで陰毛を剃ってあるの?"と。

僕は前からチンコに毛が生えてるのが嫌で、小学生の頃から父親のT字カミソリを拝借して、陰毛をツルツルになるまで剃ってたんです。

中学の修学旅行ではお風呂でクラスメートにバレないように気をつけてましたが、タオルが外れてツルツルのチンコを見られてしまったことを思い出しました。

痴漢の男は僕の顔を覗き込むように顔を近づけてきて、周囲に聞こえないように小さな声でこう囁きました。

「きみ、マゾなの?」と。

僕はマゾではないのですが、痴漢は自信をつけたように僕のチンコを激しく愛撫し始めました。

気持いいなどとは全く思わなかったのですが、他人手で触られたことのない部分なので敏感になっていました。

男は人差し指と中指でチンコを挟んで、親指を包皮の中に入れてきて亀頭をこね回しました。

最初、痛いと思ったのですが段々カウパー腺液が出てきてしまって、男の指がヌルヌルになっていました。

亀頭の先や鈴口の辺りを指の腹で撫でられ、ジーンと気持ちいいものが下半身の奥にこみ上げてきます。

僕は声を出さないように堪えていましたが、電車の音で聞こえませんでした。僕のチンコがクチュクチュと音を立てて弄られているのも、聞こえなかったでしょう。

すると、あと数分で駅に到着するアナウンスが聞こえ、これでやっと解放されると思いました。でもそれを聞いて痴漢が手の動きを早めてきました。

今度はチンコの根元と袋の辺りを鷲掴みにしてきて、小刻みに、でも力強くしごいてきました。

さっきから高まってきている射精感を何とか逃そうとしていましたが、その愛撫を続けられてついに来てしまいました。

声を漏らさないように息を飲んだのと同時に、痴漢の手のひらの中に射精してしまいました。

結構溜まっていたのでなかなか射精が終わらず、しばらくビュクビュクと射精が続きました。

恥ずかしさと屈辱感を味わいながら、出してしまった精液をどうしようと困惑していると、痴漢が手の中の液体を僕のチンコとお腹に塗りたくりました。

ドロドロになった僕の下半身を、男は元通りチンコをパンツにしまってズボンのファスナーも閉めました。

パンツの中で精液でベトベトして気持ち悪い感触がしました。

その後駅についてドアが開くと、痴漢はさっさと他の乗客と出ていきました。

僕はノロノロとした足取りで駅のトイレの個室に行き、ズボンとパンツを脱ぎました。

トイレットペーパーで下半身を拭いて、ノーパンでズボンを履きました。精液で汚れたブリーフは駅のトイレにこっそり捨てました。

すごく情けなくて泣きたい気分でしたが、何もなかったフリをして学校に行きました。

もうこんな事は起きないはずだと、クヨクヨする心を励ましながら・・・。でも、その勇気は次の朝に挫かれました。

またあの男がいたんです。同じ車両のはなれた所に。

僕は反射的に気付かれないように小さくなっていたのですが、その数分後、気が付くと昨日の痴漢が目の前にいました。満員電車の中から僕を探し、人混みをすり抜けて・・・。

そして男は僕の耳元で「昨日の続きをしようか」と言いました。

 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。