ホーム » 変態オナニー » 【ゲイ体験談】親友が男同士でHしてたんだが・・・・・・

【ゲイ体験談】親友が男同士でHしてたんだが・・・・・・

興奮と嫉妬

三重県在住の学生さんからの投稿です。高校生の頃、友達と夜な夜なマージャンに明け暮れていたという投稿者。いつも深夜2時までマージャンをし、座敷で雑魚寝というパターンだったらしい。その日も友達3人が泊まっていくことになったのだが・・・・・・
サウナでフェラされる男性
高校1年の夏、マージャンにはまった。

毎日のように中学時代から仲の良かった友達3人で俺の家に集まり限界がくるまでマージャンしてた。

ある日のこと、いつものように極限までマージャンをして、お座敷に適当に布団を並べて寝た。

夜中にふと目が覚めると、隣に寝ているはずの友達が布団にいなかった。

寝ぼけた頭で『あいつトイレでも行ったのかなぁ』と思っていると、タオルケットの擦れる音が聞こえてきた。

薄明かりの中、目を凝らすと向こう側の布団に頭が二つ見えた。

ん?どうしたんだろう?と見ていると、二人はどうやら起きているみたいだった。

一つの頭がだんだん布団の中に入って、暫くするとタオルケットがゆっくり上下していた。

まったく知識のなかった俺は、二人が何をしているのか分からなかったが、それでも何か『いけないこと』をしている感じがして心臓はドキドキして二人をじっと見ていた。

二人はお互い交互に頭をタオルケットの中に入れてモゾモゾ動いていた。

そのうち俺も二人が何をやっているのか気づき、喉がカラカラになりながらも一部始終をただ見ていた。

起きていることを二人に気づかれないようにしながらもマックスに勃起していた。

二人は顔を寄せ合いながらお互いのチンポをしごき合ってイったみたいだった。そのあと二人はそろって部屋から出ていって、暫くするとまた別々の布団に寝始めた。

翌日は何事もなかったかのように振舞う二人に、なぜだか嫉妬する気持ちがあった。

それから何度も泊まりでマージャンすることがあったが、その度に二人はコソコソとやっていて俺もこっそり見ていた。

そのうち俺もどうしても我慢できなくなって、ある日、二人のうちの一人だけが俺の部屋に泊まることになったとき隣に寝ている友達のチンポを勇気を出して触ってみた。

初めて触る友達のチンポになぜだか興奮しながら自分の濡れたチンポをしごいていた。

友達はうつぶせに寝返り打ってしまったんで、その日はそれで終わったが、その時に自分がゲイかもしれないと思った。

大学生になって、久しぶりにその二人と飲むことになった。

酔った勢いか、二人は興味本位でフェラし合ってたことを笑いながら話してくれた。

そしてその夜、二人は酔ったまま俺の部屋に泊まった。

もう二人はコソコソなんかしてなくて、俺が横で寝ているにもかかわらず大胆にやり始めた。

酔っていたこともあってか、二人には俺がいることは眼中にないらしく、全裸になり激しく抱き合い舌を絡ませてた。そして卑猥な音を立てながら69をしていた。俺にとってはこれまでのどんなエッチビデオにもないくらいにいやらしく感じた。

俺は二人のセックスを見ながら興奮と嫉妬で気が変になりそうになりながら自分のチンポを激しくしごいた。

そして二人がイクのと同時に俺もイった。

このことは3人だけの秘密となり、3人の中では笑い話となっているが、俺はもう一度仲間はずれでもいいからやりたいと今でも思っている。

 

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメント1件

  1. バイ男 より:

    私も、二十歳頃、同じようなことをしてたよ!
    マージャン終わって、雑魚寝してる時に、友のチンポを触って勃起させて、フェラしてた!
    私は、友のチンポをフェラで逝かせて精液ゴックンしてたが、友はフェラはできずに手コキで逝かせてくれてた。
    今になっては、いい思い出です!

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。