ホーム » 巨根 » 【ゲイ体験談】深夜の荒本西公園で久々の巨根に出会いましたwwwwww

【ゲイ体験談】深夜の荒本西公園で久々の巨根に出会いましたwwwwww

中年男性と・・・

大阪府在住の会社員さんからの投稿。昼間は子供や家族連れで賑わう荒本西公園だが発展場としても有名らしい。投稿者は仕事のストレスから、どうしても精液が飲みたいという衝動にかられ深夜の公園に向かったんだとか。そしてタイプの中年を見かけたのでアピールしてみる事に・・・・・・
発展公園のベンチに座る男性
ちょっと前の話だけど深夜に有名な荒本西公園に行きました。

仕事でストレスが溜まるといつもこちらで発散するんです。

いつものように散策すると2~3人の人影が見えましたが、若い方、おじいさん、そしてラフな服装の中年の方でした。

初めから中年の方が気になって仕方ないので少しづつ少しづつ近づくとコチラをちらっと見てくれましたが直ぐに携帯を弄りだしてしまいました。

『ああ、脈無しかな』っと思いましたが良く見るとチノパンの前が明らかに膨らんでいました。

『勃起してるの?』って思うと堪らなくなり、その方が立っている前のベンチに腰掛け、足を大きく開いてズボンの上から股間を揉んで半勃ちぺニスの形が解る様にアピールしました。

私はノーパンだったのでズボンの上からでも解る程にフル勃起したぺニスを何度も何度も扱いては彼の股間を見ていました。

興奮して足が動いてガサッっと音がした瞬間に、彼が又此方を見て私の仕草を見ながら膨らんだ股間を握って見せました。

私はいけるかも?って思ったのでベルトを外そうとしたら彼が動きだしたので『やっぱ駄目かぁ?』って諦めながら彼を見ていると、動きだした彼はトイレに真っ直ぐに歩いて中に入りました。

やっぱりいけるかも!期待を胸に、すぐさま後を追う私。

明るいトイレは外から丸見えなので私が入口から中を覗くと、彼は小便器の前でオシッコをしていましたが、便器からかなり離れているので赤黒いぺニスが丸見えだったんです!

物凄い勢いでオシッコするぺニスは逞しく勃起しており、堪らない私は直ぐに中に入り彼の横の便器に立ち遠慮がちに覗くと久々に見る巨根!

勃起した間々で未だにオシッコする太くて大きなぺニスに引き込まれる様に触りました。

カっチカチのギンギン !

「凄く大きいですね!触らせて下さい」と言い終わらないくらいのタイミングでまだオシッコ中のニスを握りました。

すると尿道から溢れる小便の鼓動が手に伝わり、興奮した俺はオシッコが終わるや否や膝まづいて舐めました。

オシッコの雫が垂れるぺニスを舐め廻して、大きな亀頭の大きな鈴口に舌先を中に入れてチュウチュウって吸い出しました。

オシッコを舐めるのは初めてでしたが、でも欲しくて欲しくて堪らなかったんです。

「舐めていいでしょ、しゃぶらせて」って囁きながら一気にフェラチオ開始。

もう夢中でしゃぶりました。精液も飲みたくて飲みたくて。

彼の息遣いが荒くなったので見上げると私をじっと見て「奥に行こうか? 」って。

今すぐ飲みたかったのに中断?って思ってると、何と「尻に入れさせて欲しい! 」って言ってくれたんです。

この巨根でって考えただけでアナル疼いちゃって断る筈もなくゾクゾクして生でして 種付けしてっ!て。

遅いけどいっぱい出るからおいでってぺニスを曝した間々彼に手を引かれてトイレを出て奥にあるテニスコートの裏へ。

一番奥に着くや否やブチュ〜ってキスされました。久しぶりのキス。

ベロベロと舌を絡めて彼に抱きつき、彼の舌を思いっきり吸い込んで彼の唾液を飲みました。

業とらしく口をクチュクチュさせて唾液を溜めて私の口の中にジュルジュル~~~~~~っと流し込まれる彼の唾液。

顔を上げて 口を空けて舌先を突き出して、溢れる程 流し込まれる唾液をゴクゴク ゴクゴク 飲みながら、私はズボンの中でこれから始まるセックスに期待し過ぎて、はしたなく射精しました。

ガクガクと震える私に気づき、彼は更に強く私を抱き締めガバッっと口全体を食べてしまいそうな勢いで口全体で覆い被せて。ベロで嵐の様に私の口を貪ってくれました。

彼の精液を顔射され、彼の精液を飲み、彼の巨根を射し込まれて彼の精液で中を掻き回されました。

 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。