ホーム » 変態オナニー » 【ゲイ体験談】エロ話でコッソリ勃起してたノンケ先生がたまらない!!!!!!

【ゲイ体験談】エロ話でコッソリ勃起してたノンケ先生がたまらない!!!!!!

福井県在住の高校生からの投稿です。バスケットボール部に所属している投稿者。投稿者にはキツイ部活の中で唯一の楽しみがあったのだが、それは部の顧問を務める先生のビキニを見ることだった。もちろんビキニだけでなくチンポも見てみたい投稿者は部の合宿で一緒に風呂に入ることに成功し・・・・・・
勃起してたノンケ先生

 

高校の時の部活の顧問がいつも白いナイロンのジャージを履いてて中のパンツが透けて見えてた。

 

パンツは柄物のビキニばかりで先生がしゃがんだり腰を曲げたりしてケツを突き出すとパンツがくっきり見えるから俺はいつも先生のケツばかり見てた。

 

ケツ側は簡単に見れたけど前はなかなか見ることができなかった。
俺はどうしても先生のモッコリやチンコが見たかった。

 

ある時、ノリで皆が先生のジャージを無理矢理押さえつけて脱がそうと盛り上がった。

いつもパンツが透けてたから、俺達の間で笑いネタになってた。
俺はその現場に気付いてすぐに輪に加わった。

 

俺だけ違う意味で本気だった。

その内ジャージが脱がされて俺はパンツも脱がそうとタマの辺りの股下を引っ張ったけど手首を思いっきり掴まれてダメだった。
でもタマとタマ毛の感触はばっちり確認したし、引っ張った時に黒いタマの一部も確認した。

 

先生は俺達を振り払ってジャージを取り返そうと立ち上がった。
俺達は全力でジャージを持って逃げ回り、先生は股周りから毛をはみ出させたパンツ姿で走り回ってた。

その間俺は逃げ回りながらモコモコ揺れる股間とケツを見逃さなかった。

 

その後、合宿の時に一緒に風呂に入ってチンコも確認した。
短いチョコンとしたチンコとダラッとしたタマだった。

先生は部活の顧問だったから、結構合宿の時に風呂に一緒に入る機会はあった。

 

でも俺はなんか素っ裸にはあまり興味がなく風呂に一緒に入れるのは嬉しかったけど、それよりビキニ姿の方が見たかったので着替えの時が重要だった。

 

合宿は学校ですることがほとんどで、体育館に付いてる風呂場(結構広め、10人ぐらいで入れた)を使い、柔道場が畳だったのでそこに布団をひいて寝た。

 

風呂は脱衣所が狭く洗面台が少なかったので、皆取り合いになりあぶれると廊下で着替えをしなければならなかった。
先生は洗面台とその横のロッカーを優先的に使ったので、俺はいつも先生の近くのポジションを取るために頑張った。
うまく取れると風呂上がりのビキニ一枚の先生をよく見ることができた。

 

洗面台の前で歯を磨いたり髭を剃っている先生の股間を雑談に紛れて鏡越しでこっそり見た。
ビキニはタマの形で膨らんでいて小さなチンコが斜め上に向き亀頭の膨らみが分かった。

 

ある時、風呂上がりに皆で麻雀をやってると先生がTシャツとビキニだけの姿で混ざりにきた。
俺はチャンスと思い先生に場所を譲って先生の胡座の間が見える布団に入って先生の股間を観察した。
胡座をかいた姿勢はいつもよりモッコリがよく分かり横からはみ出したチン毛もじっくり見えた。

 

俺は布団に入っていたので勃起し放題だった。
適当に俺も麻雀の奴等と雑談しながら観察していたら、
麻雀の卓についてる先輩が自分の女の体やsexの話をしだした。
その先輩と彼女は先生のクラスだったので大丈夫かよと思いながら聞いてたけど、先生は特に気にしてなかった。

 

その間も俺は先生の股間をじっくり見ていたら、先生が話を聞いて勃起しだした。
先生は大人の感じですました顔で話をしながらチンコはビキニの中で斜め上に勃起してるのが俺はたまらなかった。
先生のチンコは先輩の話でちいさくなったり大きくなったりを繰り返してたけど、ある時に完全に勃起してビキニの脇を少し浮かせながらてピクピク動かした。

 

俺はもう我慢できなくなったんでトイレに行って抜いた。
戻ったら先生、まだ勃起繰り返してるからまた抜いた。



 

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索