ホーム » 出会い系掲示板 » 【ゲイ】初体験でメタボ親父のペニスを味わってきました・・・・・・

【ゲイ】初体験でメタボ親父のペニスを味わってきました・・・・・・

おじさんのチンポ

茨城県在住の大学生さんからの投稿。以前、アダルトサイトを観ていたときに手元が狂ってゲイ動画の広告をクリックしてしまったらしい。出てきたのは無料ゲイ動画サイト。興味本位で動画を視聴してしまった結果とんでもないことに・・・
熟年のチンポをフェラ
もともとノンケな私は男性のオナニー動画を見たのがきっかけで、ペニスに興味が出始めてしまいネット掲示板で募集。

さすがに襲われるんじゃないかと怖かったので、相手には目隠しをしてもらい、こちらには絶対に触らないことを承諾してもらえたMのおじさんと会うことになりました。

約束のビデオボックスに行き、教えてもらった番号の部屋に行くと、アイマスクをしたメタボリック体型のおじさんがブリーフ姿で寝ていました。

チンポが目的だったので、年齢や体型は全く気になりませんでした。

静かにおじさんの横に行くとブリーフの上から優しく撫でるとペニスは徐々に大きくなってきました。

ブリーフを脱がせるとガチガチになったペニスが出てきました。

緊張しながらペニスを握り、上下にしごくとおじさんは「あっ、ああっ・・・。」と声を上げ始めました。

しばらくすると、おじさんのペニスは先走りでベタベタになりました。

私は興奮でテンションが上がってしまい、ついつい勢いでペニスを咥えてしまいました。

動画のように見よう見まねで必死にしゃぶっていると、おじさんは更に声を上げながら「ああ・・・!気持ちいい・・・!」と感じていました。

おじさんのペニスの味と喘ぎ声に更に興奮し、我慢ができなくなった私はズボンと下着を脱ぎ捨ててペニスを咥えたままオナニーを始めました。

それからは、おじさんがイキそうになるとペニスを責めるのをやめ、乳首をつねったり、玉を舐めたりして寸止するというのを繰り返しました。

何を隠そう、寸止めも一度やってみたかったのです。

最後はおじさんが「あぁー!!イカセて!イカセて!」と懇願してきたので先走りと唾液でベトベトのペニスをおもいっきりしごいてあげました。

「もうダメ!イクッ!!」と言うと大量の精液を自分にぶっかけてきました。

私も限界だったので「かけてもいいですか?」ときくと「顔にかけて」と言われました。

私はおじさんに跨がると顔の前にペニスを持って行きおもいっきりしごきました。

自分でもびっくりするくらい大量の精液をおじさんの顔にぶっかけてしまいました。

その後はすぐにパンツとズボンを履き、部屋を出て帰りました。

しばらくはやってしまったという後悔に似た気持ちになりましたが、最近では思い出すと勃起してしまいます。あれほど興奮したのは後にも先にもあの時だけです。

半年前の話ですが、また同じことをやりたいと思ってしまいます

 

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。