ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】赤ちゃん好きのショタが妊娠を夢見て種付け希望した結果・・・・・・

【ゲイ体験談】赤ちゃん好きのショタが妊娠を夢見て種付け希望した結果・・・・・・

北海道在住のショタさんからの投稿です。小さい頃から電子機器が好きな投稿者は小学5年生の時に親戚のお兄さん(25)から、パソコンに数字を入力するというアルバイトを持ちかけられた。時給は500円で親には絶対に内緒という条件で・・・・・・

ショタが妊娠を夢見て種付け希望

親戚のお兄さんのとこでアルバイトするようになったボク。
お兄さんに言われたままパソコンに数字を打ち込む。

「でもショウ君て可愛いね。女の子みたいだ。」

ボクはふくれっ面になった。
いつもみんなに言われて怒っていたからだ。

「好きな女の子いるのかい?」」

「うん。」

「エッチな事考える?」

「うん、、でも、、」

「でも、なんだい?」

「男の子も好き。」

おしりをもじもじさせたボク。

「あ、もしかして、おしりがなんか変?」

「うん。そうなんだ。」

お兄さんはボクを抱き寄せ下半身裸にした。
すごく強い力で抵抗できなかった。
ボクのおしりに、なにかぬると指をいれてきた。

「やめて!」かきまわされ、

「いやあ、出そう、」と叫んだ。

よし。お兄さんは浣腸を3個もボクに注入。
そして我慢も限界

「ああん、トイレ、トイレえ!」

ホっとして座ってると引きずり出されまた3個、、、。
そしてお風呂場でホースでお湯を注入。
もう10回ぐらいふんばってお湯をだしてクタクタになった。
お兄ちゃんはボクのアナルをまた指でかきまわした。

「どう?」

「ああん、凄くきもち、、いい、、」

「めちゃくちゃ拡がるなあ。これは本物の娼婦かも?」

「娼婦って?」

「いろんな男の人のちんぽをおまんこに入れてお金貰ってる人。」

「ボクはそんなんじゃない!」

「どうかな?」お兄さんはチンポをボクのアナルに!

お兄ちゃん180センチ以上会っておちんぽも凄く長い。
きついけど痛くなかった。
奥に入り込むにつれ、もうどんどん変になっていくボク。

「ホラ、全部はいった!」お兄さんはピストンしはじめた。

「ああ、だめえ!」ボクは全身で痙攣した。

「ケツがイクんだねえ!凄いよ。」

ジュボジュボ。ボクは天国にいた。

もうずっとこのままされていたい、、。

お兄さんの熱い精子がボクの中に。

「ショウ君、赤ちゃん好きかい」

「大好きだよ。可愛いし、ボクいつも赤ちゃんみると抱っこさせてもらうんだ。」

「じゃあ、生んじゃおう。」

「ボク男の子ですう!」

「バカだな。男でも生める様になるんだよ。人口子宮とか開発されつつあるんだ。」

「ほんと?」

「今からトレーニングさ。妊娠したいって思い続けてアナルマンコに精子いっぱい下さあい。ボク妊娠したい!って叫ぶんだ。いいね。」

「わかった。」

「ボク妊娠したい。もっと、もっとチンポくださあい!」

「こら、チンポじゃなくて精子だろ?つい本音が出ちゃったね。やっぱ娼婦だよお前。」

「娼婦でもなんでもなります、もっとちんぽ、ちんぽお!」

お兄さんの家泊まって、8回も精子受けちゃった。
口からも飲んだよ。いつ妊娠できるのかなあ。

それまでいっぱいろんなおちんぽ、アナルにいれて練習しとかなきゃ。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。