Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】ハッテン中の身障者トイレに滑り込んでみた結果wwwwww

【ゲイ体験談】ハッテン中の身障者トイレに滑り込んでみた結果wwwwww

大阪府在住の営業マンからの投稿です。仕事が遅くなり、帰りに大阪の某緑地公園のトイレに行った時の話です。小便を済ませた投稿者は身障者用トイレに鍵がかかっていることに、ふと気づいた。中から音もせず、しばらく外で様子を伺うことにしたが・・・・・・

ハッテン中の身障者トイレ

俺は35歳営業マンです。

大阪中央環状線沿いの某緑地でのことです。
日付が変わろうという頃 通りかかったので、
小用も兼ねて久々に公園のトイレ(東側)へ行きました。

誰もいなかったが、身障者トイレの鍵が赤になっていた。
もしやと思い、外で様子を窺っていたら、扉が開いた。

そして、30歳ぐらいのスッパの野郎2人が重なり合って出てきた。
もちろん、ケツにチンポが突き刺さっていた。
洗面所でバコバコやりだした。

俺が見ているのを鏡越しに気づいたようだが、
結合部を見せ付けるようにハデにやってた。
暫くして、彼らは元の個室に戻っていったが、扉は開けたままだった。
俺はすかさず中へ入った。

そしたら、掘ってるヤツが扉を閉めた。
俺も全裸になった。チンポはもうギンギン。
掘られてるヤツの口にチンポを咥えさす。
鏡にイヤらしい光景が映っている。

そして、ウケ野郎を洗面台に大股開きでブランコの用に乗せ、
俺とタチ野郎2人で交互に掘りまくり、タチ野郎が先に中出しし、
その後、俺が種マンを掻き回し、もちろん奥深く種付けした。

その頃、外の小便器のところで人の気配がするので、
そっと扉を開け様子を窺うと、
作業着の25歳ぐらいの茶髪のガキがチンポ起ててやがった。
全裸の俺と目が合いヤツは、こちらへ来て中へ入ってきた。

ヤツは、洗面台に大股開きでオメコから
白い汁垂らしてる野郎を見て、ビックリしたようだったが、
俺もと言うや否や、ズボンを下げチンポを突っ込んでいた。

若いだけあってすごい腰遣いだった。当然中出しした。

みんな身なりを整え、外に出てタバコを吹かした。
先の2人は知り合いらしく、親しげに話していた。
そして、一緒に帰っていった。

残った俺とヤツはボーッとしていたが、
俺はヤツが気になってしょうがなかった。

その内ヤツが、

「アニキ、よかったら車で話しませんか」

とかわいいこと言ってきやがった。

もちろんOK。

ヤツの車というと、横浜ナンバーのトラックだった。
キャビンに上がり、いろいろと話した。
その内、あの激しい腰遣いのオメコに興奮していた俺は、
ヤツのズボンの膨らみを触っていた。

ヤツに後ろの仮眠ベッドに誘われ、お互い裸になった。
すかさずヤツのチンポにしゃぶりついた。
ヤツの指は俺のケツをなぞっていた。

「アニキ、ここに何欲しいん」とか言葉責めされた。

「チンポ、チンポ入れてくれ」と叫んでいた…

中出しされたのは言うまでもない。



 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索