ホーム » イケメン » 【ゲイ体験談】鳶作業服姿のスジ筋兄貴と野外3Pして来ました!!!!!!

【ゲイ体験談】鳶作業服姿のスジ筋兄貴と野外3Pして来ました!!!!!!

神奈川県在住の学生さんからの投稿です。あるサイトで知り合った兄貴と公園で待ち合わせた投稿者。そしてやって来たのは作業服の鳶職人だった。仕事から直行してくれたようで所々汚れて汗染みまで分かるほど。ガテンフェチの投稿者はすぐさまベンチに押し倒され・・・・・・

鳶作業服姿のスジ筋兄貴

某サイトで知り会って、××公園で待ち合わせした。

会ってみると、汚れた鳶作業服姿のスジ筋イケメンだった。

挨拶もそこそこに俺はベンチに倒され、
上着を脱がされ、乳首を舐め回されていた。
スジ筋野郎の舌遣いは凄すぎて、俺は喘ぎ声をあげてしまった。

俺の喘ぎ声でスジ筋野郎は興奮して、
ギンギンで雄汁が溢れだしたチン○を扱き出す。
俺は乳首とチン○を攻めらて、体は熱く燃え上がり、
既に全裸にされた体中を舐め回されていた。

鳶野郎の息使いは荒くなり、下半身にむしゃぶりついて来た。
舌は雄汁で溢れ出ているチン○を舐め回していた。

俺も鳶野郎のチン○が欲しくなって、

「舐めさせて‥」と小声で呟いた。

鳶野郎はベルトを外し、汚れまくりの超超ロングを下げて、
俺の口元にチン○を差し出した。
思わず固唾をのんだ!
亀頭が大きく、長さは18くらいのデカマラだった。
俺はむしゃぶりついてしゃぶった。

鳶野郎は、

「アッアッ」と声を出していた。

鳶野郎はチン○からアナ○と舌を滑らしてきた。
俺はあまりの気持ちよさに喘ぎ声を連発していた。

鳶野郎は、俺の顔見上げて、

「掘って欲しければ…チン○くださいとお願いしろ」

と、ニヤニヤしながら命令口調で言った。
俺は微かな声で、

「兄貴のチン○ください」と鳶野郎にお願いした。

俺のアナ○にデカマラが吸い込まれた瞬間、
体中の力が抜け落ちような感じになり、快楽の道を歩み始めた。
頭は真っ白状態で体は感じまくって,ピクピクと痙攣する感じだった。
あらゆる格好で掘られて、アナ○は雄汁でグチョグチョ、
意識は朦朧で、誰かが近付いて来るのがなんとなくわかる。

そいつは、ゴム長にツナギを着た野郎で、ガテン野郎のようだ。

ゴム長ツナギ野郎は俺達の横に来ると、
俺の口の中に無理矢理チン○を入れてきた。
見上げてみると、ラウンド髭が似合う超イケメンで、鳶野郎と遜色ない。

俺の口は素直に応じて、しゃぶりついた。
鳶野郎も興奮して、ガンガン掘り攻めてきた。
俺はバックのピストン運動と並行するように、
ツナギイケメンのチン○にむしゃぶりついた。
誰も俺達の3Pを止めることはできない。
俺はトコロテン寸前で、全身ピクピク状態。

「あぁ~イキそう~」

アナルが締まり、鳶野郎も

「イクイク」

と叫びながら、

俺のケツに種付けし、ゴム長ツナギ野郎も同時に口内発射。

俺は余韻に浸る暇もなく、
今度は鳶野郎とゴム長ツナギ野郎が入れ替わり、再び攻め続けられた。
アナ○と口の中は精液に満たされ続け、ケツと口からは精液が溢れ、
トコロテンでイッてしまったのにも気付かない俺だった。

やっぱ、ガテン野郎とのハッテン最高だ!

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    あーん羨ましいわ
    わたしも浅黒く日焼けした髭面の男に犯されたいわぁ

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。