ホーム » バイセクシャル » 【ゲイ体験談】ドSな老人に亀頭責めで可愛がられております・・・・・・

【ゲイ体験談】ドSな老人に亀頭責めで可愛がられております・・・・・・

熟練の亀頭責め

広島県在住の既婚リーマンさんからの投稿。結婚して愛する妻がいながらも下半身の快楽に抗えず一人のご主人様に仕えているという。その方に亀頭責めをされて以来、もう夢中らしく・・・
亀頭責めに悶絶
熟年の方に一方的に抜いてもらうことが多く、特にペニスをローションでグチョグチョにされながら亀頭責めでイカされるのが大好きでした。

色んな方にしてもらいましたが、60後半の義雄さんと現在は一年ほどの付き合いになります。

義雄さんも既婚者で、本当にスケベな熟年親父さんって感じです。

体つきも大柄で両刀の責め好きなSエロオヤジ。

なぜ義雄さんと長い付き合いになったかと言うと、自分の性癖にあまりにもハマったというか見透かされたのが原因なのです。

出会ったきっかけは僕がサイトに投稿して責め好きなオジサン募集と載せたことが始まりでした。

「男、女問わずイカせる事が趣味な変態親父です。癖になると思うよ」と返事がきたのがきっかけでした。

正直、この短い返信で勃起してしまった自分は義雄さんと運命的なものを感じずにはいられませんでした。

はじめてお会いしたい時にスケベそうな笑顔と言うか、なんとも言えない雰囲気で、直感的に「ヤバイかも」と良い意味で感じました。

最初に会って義雄さんが「俺でいい?」と聞いてきたので「自分はなにも出来ないですが、それでも大丈夫でしたら是非お願いします」と言うと「じゃぁ決まりだね、車に乗って。2時間ぐらい大丈夫?」と言われ、「はい」と答えてすぐに車に乗りました。

車は走り出し、国道にでると僕のペニスをズボンの上から強くモミだし「エロだね、勃起してるな。今から絞り出してあげるからね」と運転しながらずっと揉み続けられました。目的地までつく間、ペニスを揉まれならが「今日は奥さんと出来ないぐらいイカせてやるから」と・・・。

そう言ってチャックをあけパンツの中に手を入れて仮性のペニスをパンツの中でゆっくり剥かれました。

それから到着までいやらしい質問をされ、妻とどのぐらいのペースでしてるのか、男の経験は何人でどんな事されたかなど色々聞かれました。

頭がボーっしながら正直に答えていると、あるスナックに着きました。

電気もついてない閉店してるお店でした。

義雄さんは鍵をあけて中へ入るよう手招きしてきました。

中へ入るとまた鍵をかけて灯りをつけました。

外観とは違い小綺麗な店内でびっくりしていると「半年前に友人がやめた店なんだ。たまに掃除してるんだよ。予定ではあと半年はやらないから自由に使っていいと言われてるんだよ」と言われ「じゃあ雰囲気出すために」と言ってカウンター裏からローソク2本とリュックを持ってきて火をつけて電気を消しました。

店内は薄暗くなりロウソクの淡い明かりがエロい雰囲気を醸し出します。

義雄さんは僕に全裸になるように言って、リュックからいくつか物を出してカウンターに並べていきました。

義雄さんは「こっちにきてカウンターに手をついて足をひろげて」と言ってきました。

僕はまだなにもされてないのに、かつて無いほどビンビンになっていました。

義雄さんは僕の背後にまわり、耳もとで「これから快楽漬けにしてやるから。ここで毎日、毎日射精して家にかえすから。変態になっていいからおもいっきり射精しろな」といってペニスの根元をおもいっきり強く握り、ペニスの血が止まるまで握ってもう片方の手でゆっくり剥いてきました。

先汁がでている状態で腰をくねらせていると「いいねぇ、変態らしくなってきたね。」といいながら「ペニスグチョグチョにされたいんだよね、ローションつけてしてやるから」

そう言ってローションを手にとりビンビンに立ったペニス、腰から垂らすようにお尻までいっぱい垂らしてきました。

冷たい感覚がお尻に伝わり垂れていくのがわかる中、義雄さんは最初から強めにペニスを握り何度も扱いてきました。

僕は仮性な為、亀頭が敏感で体がどうにも静止出来ないほどビクビクと動いてしまいました。

義雄さんは扱くのをやめ、皮を根元まで剥きあげて亀頭を丸出しにしたまま、もう片方の掌で亀頭を包みグリグリグリグリ刺激を与えてきました。

義雄さんは「ほら、ずっと見てな。こうされたいんだよな。目をそらさずにずっと見て」そう言って続けられました。

義雄さんは「なぁ、想像しなよ、毎日こうやってオヤジにされるんだよ。毎日イカされて家に帰るんだよ。」

僕は本当に想像してしまいました。

一気にこみ上げてくるものがあり、堪らず「す、すみません、イキそうです…」

そう言って目を閉じてのけ反りました。

義雄さんは僕の亀頭から手をはなして僕のペニスの根元をさらに強い力で握り、空いている手でアナルに指を突然当ててきて、なにも言わず少しだけ入れてきました。

不思議な事に射精感がゆっくり引いていく感じで、でも興奮は持続している不思議な感覚になりました。

義雄さんは「おさまったかな?今はじめたばっかりだよ。我慢しないと。君は想像させたらすぐに反応したみたいだね。完全にスケベだわ。俺にはわかるよ」

そう言って、義雄さんはまた扱きはじめました。

また義雄さんは「ほら、自分のされてるのを見るんだよ」

そう言ってまた亀頭を掌で包みグリグリグリグリしてきました。

僕はもう射精したくて堪りません。

でもこんなに気持ちいいなら長い時間されていたい…正直葛藤していました。

義雄さんは「奥さんは今頃なにしてるかな?自分の旦那がオヤジにこんな事されてるのにな。君はスケベだよ。本当にスケベ」

そう言って亀頭をグリグリしながらアナルを舐めてきました。

僕はカウンターに手をついたままお尻を突きだしながら快感を味わっていました。

お尻は今までされた事はなく、気持ちよさがわからなかった事もあり、自然に腰を前後左右に振りながら悶えていました。

義雄さんは「声出してみて」と言ってローションまみれのお尻に顔を付けて、おそらく義雄さんの鼻だと思いますが、アナルにぐいぐい押し当ててきました。

ただ、僕は声を出すのが何故か嫌だったので我慢して震えて踏ん張っていました。

義雄さんは「頑張るねぇ、もっといじめないと鳴かないかな?」

そう言って僕の腰に手を当ててグイっと振り返らせ義雄さんと向かい合わせにされました。

義雄さんは立ち上がり、僕の顔の真横に頬っぺたをくっ付けて、「足をもっとひろげて」といいながら右手で竿をゆっくり大きなグラインドでしごきあげながら左手でヌルヌルのたま袋からアナルの上まで上下させてきました。

たまに指でアナルを刺激したり、アナルと袋の間?を強く押したりしながら「気持ちいい?どう?」と聞いてきました。

僕は素直に「凄く気持ちいいです…ヤバイです」と言って恥ずかしかったですが少しだけ女みたいに「あぁぁ」と声をだしてしまいました。

義雄さんは「少しだけ出したな、ほら、腰をもっと突きだして、ほらほら、もっと、恥ずかしがらずにエロく突きだせ」と言って、僕の前にしゃがみながらペニス、お尻の愛撫をやめました。

僕は愛撫が突然やめられたショックと言うか、触って欲しくて堪らなくなり、しゃがんでいる義雄さんの前にビンビンのペニスを突きだして、触って欲しいのを腰の動きで伝えようと何度もいやらしく前後にふりました。

義雄さんももちろん分かっているようで「どうしてほしいの?言えないか?」

そう言って見上げてきました。

僕はもう我慢が出来ず「触って下さい…扱いて欲しいです」とお願いしました。

義雄さんは「いいけどもう少しこのまま突きだして待ってろ」と言ってまたカウンターの上から平らな丸い缶を持ってきました。

義雄さんは缶をあけて「魔法のクリーム塗ってあげるよ、ほら、もっとチンポ突きだして」と言ってクリームを三本の指で取り、僕のペニスの亀頭にゆっくり塗って、さらに尿道にも少し入れました。

そのクリームが何なのかはわかりませんでしたが少しの不安と、何かの期待感が入り交じり、どうしていいかわからなくなっていました。

ただ、ペニスは塗られている間もビンビンになったままでした。

義雄さんは「君は変態だな。気持ちよければ何をされてもいいタイプだ。普通はなんのクリームなのか聞くし、不安で縮むんだけどな。」とスケベそうな笑顔でペニスの茎をニギニギしながら尿道部分を親指で押したりこすったりを繰返していました。

そして、先汁が沢山出始めると「またカウンターに手をついてお尻つきだして」と言われました。

今度は直ぐにローションを垂らされ何回も指を出し入れされ、止まったと思ったらさっきのクリームをまた取り、三回に分けてアナルに入れてきました。

僕はもうどうなるのか、変な期待で痛いほど硬いペニスを自分でしごいていました。

それを見た義雄さんは「何回もイカせるからな。まだ時間あるし。どうだ?どんな感じ?」と聞いてきました。

正直最初は先程より触られている時間が短い分、変わらないと思いましたが急にアナルの内部が熱くなり出し、さらにペニスもむず痒い感じがして、さらに胸がドキドキしはじめて息苦しくなりはじめました。

ただ、ペニスの状態はビンビンのまま僕はしごき続けていました。

「スケベだ。エロいぞ。ほら、こっち向け」

もう恥ずかしさもぶっ飛び義雄さんをみながらペニスを突きだして腰をくねらせながら扱いてしまいました。

義雄さんは「お前はMだよ。俺が毎日狂わせてやるから。どうする?かれこれ一時間過ぎたし。今日はこのまま帰るか?」とイヤらしい顔で言ってきました。

僕は「このまま帰れません…出したくて出したくて仕方ありません。」

「奥さんに遅くなるって連絡しろ」と言って僕のペニスを手にとりゆっくり扱きはじめました。

僕は「今は出来ないです…ヤバイです…」

「そうか、じゃぁ帰ろう。」と言ってパッとペニスから手をはなし僕を見つめてきました。

僕は本当に悩みました。

バレたらヤバイ、変な疑いを持たれたくない…義雄さんがわざとバレるような事をしないか…

でも、結果「今掛けます。でもなにも言わないで下さい…バレたら本当にまずいです」

そう言ってスーツから携帯を取りました。

義雄さんは「こんなにチンポをビンビンにさせて奥さんに電話するんだからたいしたもんだ。俺も異常に興奮してきた」

そう言って僕のペニスをパクっとくわえ喉の奥の方まで入れました。

それからジュポジュポと音をたててフェラチオしてきました。

あまりの刺激に我を忘れて「あぁぁ気持ちいいですぅ、もっとお願いしますぅ」と大きな声をだし義雄さんの頭をつかんでいました。

すると義雄さんは口からペニスを出して「電話しろよ、奥さんに早くかけろよ」と言って僕のペニスをまた握り亀頭を掌で高速で擦ったり、放したりを繰り返しました。

僕はもうおかしくなって履歴をみて掛けてしまいました。

三回コールで妻が出ました、「は~い。まだ仕事おわんないの?」と普通通り話掛けてきました。

僕は「遅くなりそうだから電話したんだ。まだ終んなくて…」

そう言った時に義雄さんは僕の携帯に顔を近づけて耳をつけながら荒々しく扱きはじめました。

妻は「何時ごろ?待ってるから」と聞いてきました。

僕は「あと少しかな…わかんない…時間かかるかも」など快感で何を言ってるかわからなくなっていました。

妻は「いいよ、わかった。寝ないで待ってる。」

僕はもう切らないとヤバイと思い「ごめん、また終わったらかけるね。」と言って電話を切りました。

義雄さんは「よく我慢したな。でも奥さんと話してるときは異常にビンビンになったな(笑)。奥さんの声、色っぽいよ」

そう言って僕の肩を抱きながらペニスを扱きあげて「今日は出来ないように、セックス出来ないように出してやるよ」と言って高速で扱きはじめました。

僕は異常な快感がペニス、アナルに感じ、更に変態になりたいと言う願望が我慢出来なくなって自分の指を2本口に入れてヨダレを垂らしながらしゃぶりはじめました。

ヨダレを垂らしている自分に酔っていると言うか変態に感じてる自分に興奮して、一気に射精が近付いてきました。

そんな僕を見て義雄さんは「いいぞ、ほら、もっといやらしく腰を突きだして、イきますって言えよ」

そう言って僕の髪の毛をつかんでのけぞらせました。

立ったまま海老ぞりに近い状態になり、尚且つ義雄さんは高速手コキをやめ、強く握りながら根元からペニスの先まで力強く、ゆっくり扱いてきました。

あまりの強い刺激に僕は我慢できず「あぁ、あぁ、すみません…もう、出ますぅ」と言ってギリギリまで我慢して一気に射精しました。

正直、今まで体験したことのない長い射精というか何回も「ドクン」と体ごと脈打つような射精でした。

床に飛んだ精子と、真下にポタポタ垂れていく精子をみてエロい余韻が続きました。

義雄さんは「おおう、いっぱい出たな」そう言って、もっと扱ききって欲しいペニスから手をはなし「ちょっと待ってな」といい、またリュックから出してきました。

僕のペニスは萎えずにまだ起っている状態でしたが、出しきれていないのかむず痒い状態で勃起していました。

義雄さんは「最後に癖になる事してやるから」と言って僕のペニスの根元を結束バンドのゴム状の物?できつく縛りました。

血が止まる状態で勃起したまま射精感がまだあるペニスの亀頭部分にローションをベットリつけ、さらにオナホールのようなシリコン状のちょうど亀頭がすっぽり隠れるような道具にローションを垂らし直ぐにペニスに被せてきました。

射精後なのに何故か快感しかなく、それも強烈な快感に襲われ「うわぁ気持ちいいぃですぅ」と大きな声を出して目を閉じて腰が抜けるのをガマンしながら腰を振っていました。

義雄さんは「なぁ、奥さんとこれ、どっちが気持ちいいか言ってみろよ」

僕はすぐに「こっちの方が気持ちいいです」

義雄さんは「そうか、そうだろ?奥さんのオマンコより気持ちいいだろ?ほら、ほら」

そう言ってオナホールを両手で挟み手をこするように回転をかけてきました。

そして義雄さんは「今ここで言えよ、奥さんの名前よんでおじさんの方が気持ちいいですって。オマンコより気持ちいいですって」

僕はもう異常に興奮し「さとみ、さとみごめん、さとみのオマンコより凄く気持ちいいです」

もう妻の名前を呼んだことと、ペニスの感覚がおかしくなっている事で頭が完全に麻痺状態になっていました。

「なぁ、また想像してくれよ、今日はこのまま朝まで俺に刺激され続けるって。朝までずっとこのままだって」

僕はまた想像して興奮し「お願いします…ずっとしてください…気持ちよすぎますぅ」

またわざとヨダレを垂らしながら話し、がに股で感じまくってました。

義雄さんは「さとみは大丈夫かなぁ?お前だけ毎日気持ちよくてさぁ…なぁマゾ旦那」

その時僕は何かの、越えてなかった壁を越えてしまったような気がしました。

義雄さんは「お前はMだけど思ってた以上にマゾに近いわ。奥さんの名前、奥さんの話しした時のチンポの固さ、お前の反応みてわかったよ。間違ってるか?」

そう言われ僕は頭、顔にカーっとなる感覚が襲ってきました。

図星でした…僕は今まで会った人たちにはけして言わなかった事があり、妻をオナニーのネタにされたり、妻の体をスケベそうなオヤジにさわられまくったり、エロ調教されたり…などそんな願望がある事を。

なぜ言わないでいたかと言うと、本当にやらせろとか、写真、下着持ってきてなど言われ、実際に妻に迷惑がかかる、危ない目に合う可能性がある為に我慢していました。

本当は言いたくて堪らないのに。

それを義雄さんは見抜いて言ってきました。

義雄さんはさらに「さとみは浮気しちゃうな、お前は毎日空っぽで帰るんだから。さとみは欲求不満でお前は男に虜にされんだよ。いいのかそれで」

義雄さんはオナホールを荒々しく取り、もはや感覚がわからないペニスを手で物凄い勢いでしごきあげ「さぁ、バンド外すか。ヤバイぞぉ旦那ぁチンポ気持ちよすぎて狂っちゃうぞ、覚悟しろよ」

そう言ってバンドのポッチを外しました。

これは説明のしようがないと言うか…じわりじわり感覚が戻るのと同時にしごかれる度に逝く前兆の気持ちよさが襲ってくる、でも逝かない、本当にヤバイ状態が持続する感じで、もう我を忘れて

「あああぁおかしくなっちゃいますぅ、あああぁ、」

大声だったと思います…

義雄さんは「凄いだろ(笑)味わっちゃったなぁ、イクのはまだ時間かかるぞ(笑)クリーム効きまくってるな(笑)イクとき失神すんじゃないの(笑)」

もうどうなってもいいと思うところまできていました…。

義雄さんは「さとみはエロい女か?お前がこんな変態なんだからさとみも変態なはずたよな、お前のこのエロいデカイチンポが好きなんだろ?俺もデカいぞ」

そう言って僕のペニスをゆっくり亀頭を包みグリグリしながらもう片方の手で自分のズボンのチャックをあけ、ブルンっと勃起したペニスを出しました。

義雄さんはさらに「お前は俺が毎日、毎日してやるからな。さとみはおれのこのチンポで狂わしてやるよ、クリームぬって変態にしてやるよ、あぁ、俺も久々に興奮してきたわ」

そう言って僕のペニスをしごきながら自分のペニスを扱きだし「おれのチンポをずっとみろよ、さとみに入る想像しながらみろよ」

僕は「はい、想像してます、さとみに入れてほしいですぅ、あぁイきそぅ、イク、イク・・・」強烈な快感でした。

飛び散ると言うか、噴射と言うか…とにかく2回目とは思えない射精でした。

同時に義雄さんも僕の射精を見ながら「俺もだすぞ、イクっ」と言ってボトボトと床に垂れていきました。

義雄さんは僕のペニスをやさしくゆっくり扱いて出しきるまで扱いてくれました。

さすがに僕のペニスも柔らかくなりましたが、胸の鼓動はやみませんでした。

義雄さんは「少し落ち着くまで休んでいったほういいよ。もうすぐ落ち着くころだから(笑)」

義雄さんは先程とは別人のように紳士になっていました。

「さっきの興奮したでしょ(笑)俺も興奮したよ」

義雄さんはそう言いながらウェットティッシュで僕のペニスとお尻についたローションを綺麗にふいて、自分のペニスもふき、「今日はこれでおしまい(笑)ちなみに、どうだった?」

僕は「本当に気持ちよかったです。最高でした。」

本当にそう思いました。

義雄さんは笑いながら「明日もしちゃう?いじめてあげるよ(笑)」

僕はまた半勃起しながら「はい、是非お願いします」とこたえパンツを手にとりはきました。

「それじゃあ明日も決まりだね。今日は帰ったら奥さんとセックスするの?さすがにしないか(笑)」

そう言って笑いながらまた勃起した僕のペニスをパンツの上からさすってきました。

「ほんと凄いな(笑)エロいのか。こりゃあやるな(笑)」

僕は「さすがに厳しいですよ、たぶん」と言うと義雄さんは「こんなに勃起してるんだからやるよ。俺との思い出しながらやれば間違いなくやるよ(笑)さとみちゃんだっけ?帰ったらさとみちゃんのマンコの匂いかいでみな、俺の精子の匂いするから」

そう言いながら「もう一回だすか?またビンビンだぞ」と言ってパンツの中に手を入れて扱いてきました。

また感じている僕を見て笑いながら「嘘だよ、帰ったら奥さんとしな(笑)」と言ってペニスから手をはなし「それじゃあ帰ろう!」と言ってきました。

それから最初の待ち合わせ場所まで送ってもらい別れました。

その日、勿論妻を抱きながらいつもは早めにイクところを3回目と言うことと、義雄さんとのプレイを思いだし、長い時間妻を抱きました。

そして翌日、義雄さんから連絡が入り「いつでもしてあげるから連絡下さい、無理しないでいいからね」

それから一週間後、また会う連絡をし、ここから僕はどんどんエスカレートしていきました。

 

カテゴリ:バイセクシャルの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントは3件です

  1. けいじ より:

    俺も同じように調教されたい!
    嫁の部分は要らんけど。続きが読みたいな!

  2. より:

    コメントありがとうございます!
    確かに嫁を抱いた描写は余計でしたねwさーせん!
    次回投稿するときは気をつけますねっ!

  3. けいじ より:

    いまだに調教されてるのですか?
    一緒に調教されたいな!

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。