ホーム » SM調教 » 【ゲイ体験談】淫語落書きした身体を肉便器として使ってください・・・・・・・

【ゲイ体験談】淫語落書きした身体を肉便器として使ってください・・・・・・・

淫語だらけの身体

兵庫県在住のドM会社員(35)からの投稿。ご主人様に成人映画館で肉便器になってくるよう命令された投稿者。映画館に入った投稿者は自分の身体中に書いた淫語を見せつけるように全裸になったのだが・・・・・
身体に淫語を落書き
男性専用の肉便器となるべく募集をした所、遠方なのでメール(LINE)でやり取りしたいという方から、連絡を受けました。

いろんな恥ずかしい姿の画像を送らされ、興奮しきっていた私。

そして次に言われたのが「身体中に落書きして成人映画館で肉便器となってこい」と言うメールでした。

さすがに、落書きした状態では行った事は無かったのですが、私は一生懸命身体に淫乱な言葉を書き込み、成人映画館へと向かいました。

館内に入ると、客数はざっと10名前後でした。

若めな人も居ましたが、殆どが50代~といった感じ。

私は一番後ろに立ち、まずは様子を伺いました。

ここは発展映画館として有名でもあり、時間帯も夜。

そっち系の方ばかりと私は判断し、1枚だけ羽織っていた上着を脱ぎ、上半身をさらけ出しました。

上映中の映画の明かりで身体が照らされ、身体に書いた文字が浮かび上がっているような錯覚に陥ります・・・

その状態で、画像を撮影しメールで送信。

暗い画像でしたが、判って頂いたようで、「よし、では今から全裸になれ。そしてディルドを突っ込んで皆様に見てもらえ」と返事が来ました。

私は指示どおり全て脱ぎ捨て、一番後ろの席の空いたスペースに衣類と荷物を置き、荷物からローションとディルドを取り出しました。

一番後ろに座っていた両端男性2人が、何ごとかと何度も振り向いて私を見始めています。

私は今まで感じたことがないほどの高揚感の中、ローションをアナルとディルドに塗り込み、ディルドを地面に立てゆっくりと座り込むようにディルドを挿入していきます。

そして馴染み始めると、その場で腰をゆっくりと振り始めました。

すると、一番後ろに座っていた男性が立ちがり、私から2mぐらい離れた所で私の様子を見始めました。

構わず全裸のまま、腰を上下に振り続けます。

男性が自分のペニスを出し扱き始めているのが、はっきりと見えます。

私が口を半開きにし舌を出して誘うと、男性がペニスを出したまま近づいてきました。そのペニスを何の迷いもなく、口に含み舐め回します。

「変態だね〜」男性が言います・・・

「はい・・・」とだけ答え一心不乱に舐めまわすと、男はさほど時間掛からず私の口の中に大量に放出しました。

その後、私は勢いのままロビーに出たんです。

明るいロビーで裸のまま、ディルドオナを続けます。

2~3人の出入りがあったんですが皆、驚いたようにチラチラこちらをみるが、寄っては来なかった・・・・恐らくドン引きされてたんでしょう。

こんどは壁にディルドを押し付け、立ちバックのような体勢で腰を振った。

すぐに一人が真横に来て、ずっと見始めたんです。

しかし期待も虚しく、何も起こらずその男は館内へと入っていった。

どうしてだろう、なかなか肉便器として挿入してくれる人は見当たらない・・・

館内に再度入るとディルドを片付け、荷物を空調機の上に置き全裸のまま真ん中辺りにある右側のスペースまで歩いた。

もう、その頃になると裸でいることの抵抗感はなくなっていました。

まだ私の姿に気づいて居なかった人達が、驚きの表情で私を見ていた。

そのスペースで立っていると、割と若めな男が扱きながら近づいてきた。

触ろうとしたが、腰を引かれた。私の脚にペニスをくっ付け、オナる。

仕方ないので見てあげる。

やがて「イきそう・・・かけてもいい?」と、初めて声を出した。

頷くと私の太もも辺りに、大量な精子をぶち撒けた。

左脚の太ももから、精子が垂れてくるが手ぶらで裸な私は、そのままでいた。

ちょっと明るい所で確認したくなり、全裸で勃起したまま、隠すこともせず堂々と後ろまで戻る。

客席に向かって歩くので、座ってる人達から丸見えだった。

ロビーに出ると、一人の男が座っていたが気にせず裸体を晒す。

落書きされた裸体と、脚に付いた精子にビックリし、苦笑いを浮かべていた。

館内に戻り、再度真ん中のスペースまで移動する。

しばしくすると、爺さん2人が寄ってきて私を触り始めるが、勃起しなかった。

今日の目的は、肉便器となるべく種付けして貰うことだった。

この2人じゃ無理だと思うと、テンションが上がらなかった。

全裸で館内をウロつくよりもの、刺激もない。

2人の手を払い、私は一番後ろへと戻った。荷物をふと確認するが、問題なかった。

ところが、ここでトラブルが発生した。突然館内の明かりが付いたのだ。

私は慌てた。何回か館内の掃除が従業員さんによって行われる。その時間だった。

私は慌てて荷物を取り、明るい館内を全裸のまま真ん中辺りまで、小走りに移動した。なんともマヌケな姿を、晒す。席に付き、上着のみを着込んだ。

間一髪だった・・・

従業員が掃除を終えるまで、小さくなって耐えた。

ちょっと長くなるので、もう割愛しますがその後、お一人に挿入して頂きましたが、すぐに中折れされてしまいました(涙)

結局、大した報告も出来ずメールすると、「では、最後に裸のまま館内を一周してこい」と言われ、私は全裸のまま館内を一周した。

一番前を横切る時、さすがに脚が震えそうになった。

肉便器としては不発でしたが、変態を晒すという面では刺激的な時間でした。

プロフにロビーで撮った写真を、数枚掲載しておりますので、良かったらご覧下さいm(__)m

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。