Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » SM調教 » 【ゲイ体験談】おじさまにトイレで撮影される肉便器でございます・・・・・・・

【ゲイ体験談】おじさまにトイレで撮影される肉便器でございます・・・・・・・

おじ様の肉便器

大阪府在住のフリーターさんからの投稿。ある日、発展トイレで声を掛けられて一人のダンディーなおじ様と出会った投稿者。その男性の巧みな言葉責めとテクにもうメロメロ。今ではそのおじ様の言いなりとなって立派な便器に・・・

おじ様とのセックス
ハッテン場として有名なトイレでの話です。

 

出社時間が遅いのでお昼前に行ってみると、一人50代後半のおじ様がポツリと立ってました。

 

ヒゲの似合うダンディなスーツ男性。これまた高級そうな腕時計をした右腕でスマホを触りながら、コチラをちらちら見てきます。

 

なんとなく様子見で寄ってみただけなので小して帰ろうと思うが急に大を催し個室へ。

 

済ませて出てくると、そのダンディーなおじ様が一人で小便器からかなり離れて、おチンポをプラプラ見せ付けてきます。

 

高級そうなスーツ姿と、その変態チックな行動にギャップがあり過ぎてドキドキ。

 

見せ付けられるとやっぱりその気になっちゃう。僕は変態だと自覚する瞬間です。

 

おじさまに誘われ少し離れた場所に移動。

 

遅いとは言え出社時間もあるので一瞬迷うが、もう足は止まらない。頭はそのスーツの下に隠れているチンポのことで一杯です。

 

駅ビルの地下の人気のないトイレ。

 

飲食店街のトイレなので昼前の時間は全く人気なし。

 

個室に誘われる。

 

個室に入ると舌先を出してチロチロ誘われる。

 

自分でTシャツを脱ぎジーパンを脱ぎ女性用の白いTバック一枚の姿になる。

 

おじさまは「おお」と言いながら両手でウエスト辺りをつかみグッと引き寄せられる。

 

しばらく体をまさぐられた後両手を上げさせられ脇を舐められる元々毛が薄く殆ど無毛に近いのだが少し汗ばんでいたので恥ずかしい。

 

執拗に左右を何度も舐められるので「恥ずかしいです」と言うと「どうして恥ずかしいんだ?脇の下舐められてチンポ硬くなってるからか?」と言葉責めされる。

 

実際チンポは硬くなっており亀頭がパンティーの上側からはみ出ている。

 

パンティーの上から握られ動かされると息が荒くなる。

 

抱きしめられながら尻の肉を左右に開かれる、指先がかき分けるようにアナルに近づいてくる。

 

アナルまんこモロ感の僕はついつい声が漏れる。

 

「こっちも感じるのか?」

 

おじさまは僕の反応に気付く。

 

「ハイ感じます、オマンコ大好きです」と正直に答えるとおじ様は「顔は絶対に撮らないから、チンポとマンコを写メ撮らせてくれ、オカズにするから」と言います。

 

「顔を撮らないなら、いいですよ」と自分のTシャツで鼻から上を隠します。

 

おじさまはビンビンに勃起した僕のチンポを何枚も写メに撮ります。

 

そのあいだにチンポはしぼんできました。

 

「便器の上に膝ついてこっちに尻を突き出せ」と命令されます。

 

素直に従います。

 

まずは浅黒い肌に白いTバックが食い込んだ写メを撮られる。

 

続いてTバックをずらして一枚。

 

更には膝まで下ろされ「両手で開け」と命じられ素直に従います。

 

何枚も撮られているうちに興奮してきたのかアナルマンコが緩んでくるのがわかります。

 

ぷぅすぅ~っとおならが漏れるのでは無く空気が入ってくるのがわかります。

 

「ホントにスケベなケツマンコだ、写メ撮っただけで開いてきたじゃないか」とバレバレでした。

 

「マンコの中のピンク色の壁まで丸見えだぞ」と言われ撮られます。

 

撮った写真を次々と僕に見せながらおじさまの指が入ってきます。

 

「見てみろチンポ女、お前はスケベなチンポ女なんだぞ」

 

「このいやらしいマンコ見てみろ、やり過ぎで形が変わっていて一目見てチンポ好きなまんこだってわかったぞ」

 

等じわじわと僕好みの言葉責めと指2本でかき回すような愛撫に濡れる訳でもないのにクチャクチャと音が出ます。

 

トコロテンでの射精感が高まってきて「イキそうです、精子出ちゃいそうです」と言うと更に指を曲げ前立腺側を刺激してくれるのです。

 

しかも決して細くはないおじさまの指が根元まで入っているとなるとかなりの刺激。

 

目の前には自分のぽっかり開いた恥知らずなケツマンコ。

 

「イキます、ドッピュンしちゃいます、ごめんなさい」と言うとそのまま便器の中に射精しました。

 

その後抱きしめられ後片付けを済ませると僕を先に出させてくれる紳士的な態度。

 

開けて素早く出ると誰もいないのでおじさまを呼び二人で洗面台て手を洗います。

 

「連絡先教えてくれないか?」と控えめに聞いてくるおじさまに携帯を借りて僕の番号に着信履歴を残しました。

 

僕は誰専のヤリマンなのでおじさまの専属になる気は更々ないですがこの週末、GWはおじさまのおうちに抱かれに行く予定です。

 

おじさまも「お酒やおもちゃを準備して待ってるよ」と言ってくれました。

 

GW期間中2泊3日のマゾアナル妻としておじさまに可愛がってもらう予定です。



 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    多分、多分だけど同じおじさまに会ってるわ。同じ大阪だしw

    ほんと、同じような責められ方したし、写メ撮られたもん。

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング