Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ノンケ » 後輩リーマンの相談乗ってたら流れでSEXまでいっちゃってwwwwww

後輩リーマンの相談乗ってたら流れでSEXまでいっちゃってwwwwww

ゲイへの目覚め

岐阜県在住の会社員(29)からの投稿。会社に数年ぶりに新人が入社した。悠(26)というその新入社員は投稿者と歳が近いこともあり良く話す仲に。最初は可愛い後輩ができ、嬉しく思っていた投稿者だったが毎日しつこくメールしてくる悠が鬱陶しくなってきて・・・・・・

後輩リーマンの相談乗ってたら流れでSEX

俺は173.70.29で、悠は165.55.26。

 

悠とは、会社の後輩として中途入社してきた時に仲良くなった。
俺が勤めているこの小さな印刷会社に新人が入ってきたのは数年ぶりで、俺は歳の近い悠になるべく気さくに話し掛けて、緊張を解してあげるようにしてた。

 

俺は仕事とプライベートを完全に別物と考えていたんだが、何故か悠とはメールアドレスの交換や番号を交換し、俺らしくもなくお互い暇な時に連絡を取りあっていた。

 

しかし仲良くなり過ぎたせいか、気付かない内に、悠がタメ口になっていた。

 

ある時、会社で悠と会った時に、俺の目の前でいきなりズボンを下ろして、服を正し始めた。
しかも、トランクスの上からチンコを擦って、まるでアピールしてるかのようだった。
トランクスとはいえ、形はハッキリクッキリと見えたのだが、通常時でも10cmぐらいあり、ズル剥けだとハッキリわかった。

その後、何故か会話もなく悠は服を直し終わり、仕事に戻った。

 

それから、悠とはメールで仕事の相談やらなんやらで連絡をとっていたのだが…

 

数日後、悠と喫煙室でたまたま会い、たわいない話をしていたのだが、離れたベンチにいた悠が徐々に近づいてきて、俺とピッタリくっついてタバコを吸っていた。
俺はいつもと違う悠に感ずいていたのだが、敢えて無視して話し続け、お互い仕事に戻った。

 

それからも毎日悠からはメールが何通か入り、返信しなかったら電話が来るようになり、徐々にウザイ存在に感じ始めてきた。

そして俺は悠を避けるようになっていた・・・・・

 

すると、その日の仕事が終わり、着替えて帰ってる途中、悠にばったり会ってしまったのだ。
俺と悠は部署が違うので、帰社時間はバラバラであり、俺は事務所で、悠は外部作業である。
外部作業の奴らは、外で着替える奴もいて、悠もその1人だった。
悠は上半身裸で、まさしく着替え途中だった。
俺は悠と目が合い、ヤバッ!と思い、

 

「お疲れ!」

 

と言って逃げるように帰ろうとしたら、

 

悠が「ちょっと待って」と言い、俺を呼び止めた。

 

悠はゆっくり近づき、何も言わずに俺に抱き付いてきた。
俺は訳解らず、呆然としてしまっていた。
ほんの数秒だが、時間が止まった。

 

悠が「いい臭い」と言ったので、俺は我に帰った。

 

悠から離れ、冷静になり、何か悩みでもあるかもしれないと思い、
悠と喫煙室へ向かい、話をした。
すると、好きな人がいるが、どうやって気持ちを伝えたらいいのか?わからないとのこと。俺は、あまり恋愛経験ないし、アドバイスできることもないが、

 

「ストレートに伝えたら、断られてもスッキリするんじゃない?」と言ってみた。

 

今までの悠の行動から気付いてたのだが、あえて冷たくあしらった。
すると、悠は俺の目の前に立ち、

 

「(俺の名前)、好きです」

 

と言って、いきなりキスしてきた。

誰かに見られてないか?不安だったが、俺も受け入れてしまったのだ。

 

それから何日か経ち、お互い休みの日に初デートをした。
駅まで悠が車で迎えにきてくれたことが、なんだか嬉しかった。
初デートは、悠の地元を案内され、昼飯を食って、悠の家へと向かった。

 

悠は実家住まいなので、防御心を解除し、無防備で家に入った。
来る途中にコンビニで買ったお茶とお菓子を持って、悠の部屋に入った途端、ドアに鍵をして、悠が抱き付いてキスをしてきた。
今日会ってから一度もキスしてなかったので、かなり長いディープキスだった。

 

それから、悠のベッドに誘われ、服を脱がされ、パンツ一丁になった。
お互い、男同士が初なんで、どうしたらいいのかわからなかったが、
女とやる時と同じようにやった。

 

俺は、以前より気になってた悠のチンコをフェラした。
想像通り、デカイ! 嗚咽するほどだ。
スペックは、長さ19cm、径5cmと言ったところだ。

悠は、気持ちよさそうな顔をし、アッ~ !と喘いでる。

 

その後、悠が俺のチンコをフェラしながら、ケツを舐めてきた。

 

俺は『まさか?!』と思ったが、悠はローションを塗り、指で俺のアナルを解しだした。
なんだか変な感じがしたが、ここで止めるのも悠が可哀相だったので、続けた。前立腺?に当たってるのか不明だが、俺のチンコは勃起していた。

 

解し終えると、俺の胸の上に跨がり、フェラを要求してきた。
悠のチンコが勃起してきたら、悠がコンドームを付けた巨根を挿入してきた。やはり、初めてなんで痛い(;_;)。メリメリ言ってる感じがする。
悠もキツイのか?、ローションを結合部に垂らしながらゆっくりと入れてきた。悠が根本まで入れたら、俺の体が痺れた!
今まで感じたことのない感覚に陥った。

 

悠はゆっくりピストンを始め、徐々に速くしてきた。
正常位~バック~座位~騎乗位~正常位と流れ、フィニッシュした。
悠は、俺の腹の上に出してくれたのだが、量が半端なかった(笑)
俺はと言うと、初めの痺れた感覚がずっと続いていて、あまり記憶ないのだが、3回イッタらしい…

 

それから毎週毎週、悠とはやってるのだが、お互いにネットとかで研究し、SEX楽しんでます。

 

悠は45mmのコックリングを3連で常備してることで、いつも以上に硬くいきり起って、とても気持ちいいです。

 

男初体験同士で、わかりずらい文章ですいませんf^_^;
読んでくれてありがとうございました。



 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    素敵な思い出ね~お幸せに♩

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング