ホーム » ショタ・厨房 » ショタのアナルに指挿れたらワンワン泣いちゃってwwwwww

ショタのアナルに指挿れたらワンワン泣いちゃってwwwwww

抜いて・・ウンチ出ちゃう・・

宮崎県在住の学生さんからの投稿。家の隣に住むT君とは小学校低学年の時からいつも一緒に遊んでいた投稿者。お互い両親は共働きで帰ってくる時間が遅かったので家族よりも顔を合わせる時間が多かった。ある日、2人はT君の兄のエロ本を拝借し興奮しながら見ていたのだが、冗談でセックスの真似事を始めてしまい・・・・・・

ショタのアナルに指挿れ

僕が小学生の時、隣に住むΤ君と毎日のように会っていた。

 

ある日、T君は僕に『いいもの見つけたんだ』と彼の兄の部屋に隠してあったエロ本をこっそり持ち出し見せてくれた。

 

初めて見るエロ本に心臓の鼓動が聞こえるほど興奮し、冗談でエロ本に載ってたセックスの体位をみよう見真似でお互いにやってみた。

その時、男と抱き合うとこんなに気持ちいいんだと初めて知った。

 

T君も僕と同じ気持ちだったそうだ。

 

それ以来ずっとΤ君とは、会えば密かに舐め合ったり触り合ったりしていた。

 

そして中二の夏休み、その日もΤ君の家に遊びに行ってマンガを読んだりゲームをしていた。

 

「しよっか…」言い出したのはΤ君だった。

 

お互いにぎこちなく触れ合い、僕がΤ君を寝かせパンツを脱がすと、Τ君のチンポはもう上を向いて、既に糸を引いていた。僕が先端に口を付け、少しずつ含んでいくと、Τ君は身体をビクビク震わせて、ハァハァ喘いだ。

 

もっとイジメたい衝動に駆られ、Τ君の足を拡げアナルに指を入れてみた。中指を少しずつめり込ませていくと「気持ち悪い…」って嫌がった。

 

それを許さずに、僕はΤ君のピンク色のチンポをシゴきながら穴も一緒に攻めると、Τ君は狂ったように声をあげ泣きだした。

 

そんな反応に僕は興奮し、もっともっとと指を増やし中を掻き混ぜた。

中は濡れ、シゴくチンポもグチュグチュ卑猥な音をたてた。

 

「嫌だ…指抜いて…」と言いながらも、指をくわえ込み腰を振って悶えているΤ君を見て、僕は指ではなく自分のチンポを差し込みたくなった。

 

潤滑剤が必要だと思い洗面所を探した。

 

ベビーオイルを見付け部屋に戻ると、Τ君はまだ虚ろな目をしてヒクヒクしていた。そんなΤ君に、両足を自分で拡げるよう言った。

 

Τ君は恥ずかしそうに、両足を持つと限界まで拡げた。

 

露になったアナルはいやらしく僕を誘っていて、オイルを垂らした指をそこに差し込み塗り込んであげると、Τ君はビクッと大きく身体をヒクつかせ

 

「アァッ…」と鼻に掛かる甘い声をあげた。

 

執拗に穴をいじると、Τ君のチンポからまた汁が溢れた。

 

僕は我慢ができなくなり、自身にもオイルを塗ってヌルヌルのΤ君の穴に押しつけた。

 

ニチッと先っぽが入り、ズズッ…て少しずつ奥に入れていくと、Τ君は「アッ…アッ…」と身体を仰け反らせた。

 

強く締め付ける熱い肉は最高で、絡み付くような感触に僕は酔った。

 

動けばすぐにでもイキそうだった。

 

チンポを寸前まで引き抜き、また根元までゆっくり入れると、ヌチュグチュと穴が音をたてた。

 

じっくり味わいチンポを奥まで全部飲み込ませると、僕の肩にΤ君の指が食い込んだ。

 

「ウンチ出ちゃう…」と泣くくせに、僕が動くとイヤラシく声をあげた。

 

窓を閉めきった部屋は暑くて、結合部は二人の汗と体液でグチョグチョになっていた。

 

Τ君のチンポをシゴきながら激しく腰を動かし出し入れすると、Τ君は涙を流し、ヨダレを垂らし、泣き叫ぶと身体を大きく痙攣させながら、粘っこい白い液を飛ばした。

 

そのあとすぐに、僕もΤ君の熱い腸の中にドクドク出してしまった。

 

チンポを抜くと、足を拡げたままのΤ君のアナルから僕の精液がトロっと流れて、それはとてもイヤラしい光景だった。

 

初めてだったせいか、イッたあともΤ君はなかなか泣き止まず、僕はひたすら謝った。

 

でもセックスにはまったのは僕だけではなくて、遊びに行けば必ずセックスしまくりでした。これが僕の衝撃初体験です



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメント1件

  1. ファック より:

    うんこ

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索