Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » イケメン » 【体験談】会社のイケメン部下をハッテン場で見掛けたんだが・・・・・・・・・

【体験談】会社のイケメン部下をハッテン場で見掛けたんだが・・・・・・・・・

部下と遭遇

岡山県在住の会社員さんからの投稿。ある日、某発展場に行った投稿者は会社の部下が複数のチンポで乱れている場面に遭遇してしまう。彼は女子社員からの人気が高いイケメンで、まさかの展開に投稿者は・・・・・・
オフィスセックス
俺の部下のタケル君。

25才で顔も性格もよく人気のあるイケメン。

クールビズではだけたシャツから鎖骨が見えてそそりまくり。

スーツのズボンもこだわりのスリムフィット系でピチピチで、上向きにチンポがもっこり。しかもお尻もキュートでプッリプリ。

彼をつい目で追ってしまい、勤務中なのに我慢できそうにない。

一発出すことにしよう。

それでメールで仕事の要件を装い地下の書庫に呼び出した。

素直に従うタケル君。

書庫の奥に連れていき、タケル君の股間を優しく撫でた。

少し驚いた表情のタケル君、しかし抵抗しない…だってタケル君はゲイだから。

先日ハッテン場で、口とアナルにチンポを刺されて乱れるタケル君を見たときは目を疑った。

会社で女の子に人気があるのに、チンポ好きのゲイ、しかもウケだったとは。

その日をさかいにタケル君とは体の関係を持つことになる。

キスしながら乳首を手でまさぐると、直ぐに勃起するタケル。

チンポを取り出す。イケメンのくせに包茎なんだな、と囁いて辱しめてやる。

顔も赤くして可愛いやつだ。その包茎の皮を剥く。

「あっ、ダメっす…こんなとこで…」

「こんなに勃起しといてダメはないだろう、好きなくせに…」

汗と痴こうとアンモニアの混ざった臭いが鼻をつく。

爽やかなくせに臭いチンポに俺は欲情を抑えきれない。

チンポに舌を這わせるとタケルは声を漏らしそうになるのを我慢して悶えだす。

フェラしながらタケルを見ると、俺のピストンに反応して、はぁはぁと可愛い顔であえいでる。

イク寸前にフェラをやめ、壁に手をつかせてズボンとパンツを膝までおろす。

白くてきれいなプリプリのケツをなめ回し、アナルに舌を這わせながらほじくっていく。

小瓶のローションを垂らしてアナルをほぐし、俺のデカ馬羅をぶち刺さす。

震えてこらえる可愛いタケル君を激しく突き上げて中出し。

チンポを引き抜くと、ぽっかり空いた穴から濁った精液が太股までしたたり流れ落ちた。

ばれないようにあえぎ声をだせずに我慢したタケル君がいとおしくて、いまだ勃起するチンポを扱き射精させてやると、タケルは腰くだけになりしゃがみこんだ。

その顔前に、アナルの中で射精した汚れた俺のチンポをつきだす。

タケル君は朦朧とした表情で、俺のものを口に含んで綺麗に掃除してくれる。

タケルって本当にイヤらしい顔して掃除するんですよ。

よっぽどチンポが好きなんでしょうねw

放心して立ち上がれないタケル君。

「まだ勤務中なのにタケルは淫乱だな。はやく机に戻って仕事しろ」

そして俺とタケル君は何事もなかったように職場に戻る。

臭いに敏感な女子はイカ臭いにおいに気付いているのかとドキドキです。



 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索