ホーム » SM調教 » 顔面ザーメンまみれでお使いを命じられた者です・・・・・・

顔面ザーメンまみれでお使いを命じられた者です・・・・・・

大量セルフ顔射

福井県在住の社会人さんからの投稿。某出会い系サイトでM募集していた自称Sさんと会うことになった投稿者。待ち合わせにやってきたのは超好みのタイプで我慢できなくなった投稿者は、会って早々に苛めてください!と哀願する始末。その後、Sさんのアパートで1人全裸にさせられた投稿者は、一切の道具なしでひたすら言葉責めされ追い詰められる。そしてSさんは投稿者も予想できないような羞恥プレーを命じ・・・・・・

顔面ザーメンまみれでお使い

出会い系サイトで、「M募集」という書き込みにメールをした。

相手は、同い年の自称S。

メールの印象は、比較的しっかりしていて安心できそうと思った。
いきなり「画像送って」とか、だらだら一行メールが続く奴とは違う。

しばらくやりとりした後、向こうから画像を送ってきた。
俺は、ケータイを取り落としそうになる。

超好みだったから……。

ドキドキしながら、俺は自分の画像を添付して返信した。
気に入ってくれますようにと、真剣に祈りながら……。

そしてきた返事が「いいじゃん。タイプだよ。ぜひ苛めたいな」

俺は舞い上がりそうになる。

とある繁華街の、ベタな待ち合わせスポットで会った。

実際に見たら、細身で切れ長の目でサラサラヘアーのますます好みのルックスだった。

「どうする? お茶でもする?」

あまりのうれしさと緊張で僕が返事に迷っていると、「もう我慢できない?」と優しく訊いてきた。

「黙ってたらわかんないよ。お願いしてごらん」

「早く苛めて欲しいです」

鋭い目で見つめられて冷静さを失い、人通りの多い中でつい大きな声で答えてしまった。

彼は笑いながらじゃあ俺の部屋に行こうと言ってくれました。

彼の住むマンションはすぐ近くだった。
ワンルームの小奇麗な部屋。

玄関で靴を脱いだ俺にすかさず「俺の部屋に服着てあがるつもり?」

そう言われ、俺は服を脱いだ。彼にも脱いで欲しい。
そう思ったが、自分だけ脱がされるシチュエーションは興奮する。

複雑な気分だ。

超タイプの彼の裸は、ぜひとも見てみたいのだけれど……。

裸になった俺の股間が痛いほど勃起していることを茶化される。

涼しげで切れ長の目で射抜くように視姦される。

彼は、笑顔を崩さないまま、言葉責めを浴びせてきた。

「ほら、緊張しないでいいよ。ちゃんと答えてごらん」

「いいからいいから。恥ずかしがらないでお願いしてみ」

優しいけれど容赦ないSって感じだ。

俺は、頭の中で花火が弾けているような興奮を覚えた。

縄も鞭も目隠しも、何も使わず、終始徹底した言葉責めだった。

メールでは道具を使ったプレイもすると言っていたが……。

彼が優しく俺の髪の毛を掴んだ。

そのまま自分に引き寄せ、至近距離で顔と顔が向かい合う。
俺は、「ダメだ」と心の中で呟いた。

完全に恋に堕ちた。

その薄い唇にキスがしたい。

抱き合いたい。

「キス……、がしたいです」

思わず口にした。

彼は笑顔を歪ませた。
そして、俺の顔面に唾を吐きかける。

機嫌を損なわせてしまったのだろうか……。
やってしまった。俺は、後悔してうな垂れた。

彼に扱かれ、何度も寸止めされる。

「イかせてください」

俺はたぶん泣きそうな表情をしているだろう。

「自分の顔に出せよ」

彼は吐き捨てるように言うと、まんぐり返しの姿勢をとらされた。
溜まっていたから、すぐにこみ上げ大量に射精する。

彼が手鏡を俺に向けてきた。

「すっげー出たな」

顔面だけでなく、髪の毛にまで飛んだようだ。
情けない表情で、精液にまみれた俺の顔が鏡に映っていた。

しばらく放心状態で寝そべっていた。
ただ扱かれて射精しただけなのに、すごい……。

「立て」

俺は、射精してもなお続く興奮状態のまま立ち上がった。

「これ着ろ」

俺のジャケットを手渡された。
言われるまま、素肌にジャケットを羽織る。

「下も穿け」

ボクサーとジーンズを穿いた。

「喉渇いたから、コーラ買ってこい。向かいにコンビニあるから」

千円札を渡された。

「えっと。あの……」

俺の顔面は、大量の白濁液で汚れているのだ。

乾き始めているのだろうが、とろとろと顔面を伝っている感触が伝わる。

「早く行けよ」

俺は、慌ててジャケットのボタンを閉じた。
下を向くと、ポタリと床に白い液が落ちる。

「きたねぇな。後で舐めて拭き取れよ」

玄関を出て、部屋番号を確かめる。
誰とも会うことなくエレベーターを使い、マンションの出入り口まで行けた。息を整える。さすがに俺の顔を見た人間は驚くだろう。

しかし、開き直るしかない。

駅に近いそのコンビニには、客がそこそこいたが、思い切って入店した。

一目散にドリンクコーナーへ向かい、コーラを手に取った。

コカコーラなのかペプシなのか……。
普通のでいいのか、ノンシュガーなのか……。
聞いておけばよかったと後悔する。

「どれでもいいだろう」と思いながらも、彼の機嫌を損なわせたくないとも思う。

迷った挙句、普通のコカコーラとダイエットコカコーラを手に取った。
何か言われたら、俺が代金を払えばいい。

レジへ向かう。

運悪く、レジには店員が一人しかおらず、客が公共料金か何かの支払いをしている。

店員は、学生風の男。

仕方なく後ろに並ぶ。

「お待ちのお客様、こちらへどうぞ」

女の店員が出てきて、もう一つのレジを開放した。
その店員が俺の顔に気付いたようだ。
俺は慌てて視線をそらした。

やっとの思いでコーラを購入し、マンションへ戻った。
幸い誰にも会わず部屋の前まで着く。

インターフォンを鳴らした。

ドアが開く。

「お帰り」

優しい笑顔で迎えられ、俺は泣きそうになった。

彼は、俺のジャケットを脱がすと、「ごめんな」と呟いた。

「ジャケット、汚れちゃったな。クリーニング出そうなぁ」

ジャケットに、精液が滴り落ちていたようだ。

ウェットティッシュで顔を拭ってくれた。

そして、短いキスをしてきた。

驚いて彼の目を見る。

彼は、優しく微笑んで、もう一度キスをしてきた。

旨そうにコーラを飲む彼。

半分ほど飲んだ後、今度は俺に口移しをしてきた。
炭酸に咽そうになるけど、俺は必死に受け入れた。

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントは3件です

  1. ポルノ映画館でザーメンパック より:

    今から5年前の夏休み。私は高校3年生でした。ノンケの男の子で、初めてポルノ映画館に入ってエッチなポルノ映画を観て、トイレに行って小便器の向かってオナニーをしていました❤️そこに3人の若い男性達がやって来て、私の隣でオチンポを出してシゴキ始めたんです❤️私はとっさにオナニーを止めてオシッコを絞り出すように少しして、その場を抜けようとしましたが、後ろに二人の若い男性達がとうせんぼをしています❤️すると隣の男性がオチンポをシゴキながら『ボクちゃん、出すものが違うだろう~❤️白い汁を出しに来たんだろう❤️ちゃんと出さなきゃ身体に悪いよ~❤️僕達が見届けてあげるから‥‥さぁ出して見せてよ~❤️』私は後ろの二人の男性から羽交い締めにされて、隣でオナニーしていた男性からオチンポを握られてシゴキまくられたんです❤️そのシゴキが堪らなくエッチで巧くて、私は初めてオチンポの皮を剥かれて亀頭が露になって、先汁でヌチャヌチャヌチャヌチャッ💕‥‥ってエッチな音を立てながら絶頂感に向かっていました❤️「はぁはぁはぁはぁはぁぁぁぁッ💕‥‥出ちゃう~❤️あぁぁッ💕」すると男性は私のオチンポをパクッ💕って口に咥えてくれて、私は彼の口内に物凄い勢いでザーメンをドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッ💕‥‥って射精しちゃったんです❤️すると男性は立って私の口を開かせて、その中に彼の口内から大量のザーメンを私の口内に注ぎ込んだんです❤️そして私の舌を舐めシャブリ吸いまくっています❤️物凄い恍惚感と堪らない射精感の余韻で蕩けていました❤️『ボクちゃん💕まだまだ終わらないよ~❤️こっちへおいでよ~❤️』私は二人の男性から抱きかかえられて、今は使われていない女性トイレに連れ込まれました❗そこには10人以上の若い男性達が皆、オチンポを出してシゴキながら待っていたんです❤️私は荷物置場のような畳一枚分の手作りベッドにバスタオルが敷かれた上に、全裸にされて仰向けに寝かされて身体中を大勢の男性の舌や唇が舐めシャブリ吸いまくっています❤️もちろん一度射精しちゃったオチンポも、他の男性達が奪い合うように舐めシャブリ吸いまくっています❤️この時はまだ、今から始まる物凄いエロ過ぎる変態行為を予測も出来ませんでした❤️ また続きますね🎵

  2. ポルノ映画館でザーメンパック より:

    私はどうしてこんな事になっちゃったのか、まだ分かりませんでした。若い男性達は私の身体中を舐めシャブリ吸いまくりながら、自分達も全裸になっていきました❤️15、16本ものフル勃起したオチンポが先汁で先っぽがヌラヌラになって滴り溢れ出ています❤️すると私の乳首を舐めシャブリ吸っている男性が『○○ちゃん💕‥‥この子、乳首オナニーしてるみたいだよ~❤️(チュパッ💕チュパッ💕チュパッ💕‥‥)ほらぁ~❤️こんなに乳首が膨らんでるよ~❤️』図星でした❤️私は通販で乳首オナニーマシンを買って、自宅の自室で夜中に乳首オナニーをしながら、オチンポをシゴキまくっていましたから、乳首と乳輪が膨らんで大きくなっているんです❤️そして乳房も少し膨らみがあったんです💕先ほど私のザーメンを口内で受け止めた男性が、私の乳首を口に含んで舐めシャブリ吸いまくり、舌で転がすようにしています❤️「はぁぁぁッ💕あぁぁぁぁぁッ💕ダメ~❤️またイッちゃう~❤️」私のオチンポも入れ替わり立ち替わりに男性達のフェラチオが続いていました❤️『ボクちゃん💕やるじゃない~❤️チクオナを極めてるなんて‥‥ますます可愛がりたくなったよ~❤️』私は足の指の一本一本を除菌ウェットティッシュでキレイに拭かれて、足フェチなのか一人の男性から一本ずつ丁寧に舐めシャブリ吸われたんです❤️そして乳房はもちろん、腋や二の腕、手の指先までも一本一本舐めシャブリ吸われたんです❤️そしてある男性からは私の舌を舐めシャブリ吸いまくられるディープキスを、長くネットリとシャブリ吸われて、物凄い恍惚感が湧きあがって来たんです❤️すると男性達はフェラチオを止めて、ふやける程に舐めシャブリ吸われたオチンポからは湯気が立っていました❤️亀頭がズル剥けになってカリが膨らんでいました❤️すると口内射精ザーメンを受けた男性が、私の亀頭に男性の亀頭をぴったり密着させて、自分のオチンポの皮を伸ばして私の亀頭に被せようとしているんです❤️『やっぱり届かないよ~❤️‥‥◎◎ちゃん💕出番だよ~❤️』すると奥の方からちょっと小太りな男性が出て来て、彼のオチンポを見て驚いたんです❗オチンポが大きくて太いのに、先っぽの皮が長くて包茎になっていて、萎んでる皮が5㎝はあるんです❗まさか‥‥❤️って思った瞬間でした❗彼のオチンポの皮口を広げて、私の亀頭に被せて皮を伸ばして包み込んだんです❗私の亀頭が彼のオチンポの皮の中にあるんです❤️「ダメ~❤️いや~❤️」彼はこの状態で繋がったオチンポをシゴキまくっています❤️中で亀頭の割れ目同士が密着してヌルヌル💕って汁が溢れ出ているんです❤️ジュル💕ジュル💕ジュル💕ヌチャヌチャヌチャッ💕‥‥❤️舌を舐めシャブリ吸われ、乳首を口に含んで舐めシャブリ転がされ、身体中の手足の指の一本一本までも舐めシャブリ吸われて、オチンポは男性の皮の中に亀頭同士を密着させられてシゴキまくられて‥‥❤️気が狂うほどの絶頂感へと向かっていました❤️『ボクちゃん~❤️‥‥このポルノ映画館は発展場だよ🎵‥‥知らなかったのかなぁ~❤️‥‥一目でノンケちゃんって分かったから、皆に集合メールをしたんだよ~❤️ボクちゃん💕まだ高校生だよね~❤️いけないなぁ~❤️ポルノ映画見に来たなんてバレたら大変だよね~❤️でも、こんなに気持ちいいエッチな事が出来たんだから💕良かったよね~❤️』そう言って彼が私と男性が繋がったオチンポの繋ぎ目を握ってシゴキまくり始めたんです❤️ジュルジュルジュルジュル💕‥‥「はぅッ💕はぅッ💕‥‥あぁぁぁぁ~❤️イッちゃうイッちゃう~❤️イクイクイクイク~❤️はぁぁッ💕」ドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッドクッ💕‥‥私は2発目のザーメンを男性の皮の中に射精しちゃったんです❤️『はぁぁ~❤️○○ちゃん💕‥‥温かいよ~❤️僕もイッちゃうよ~❤️』するとシゴキまくった男性が皮の長い男性の皮をゆっくり剥がして、ザーメンが漏れないように皮をギュッって詰まんで、私の口元に寄せて来ました❗『さぁ◎◎ちゃん💕この子の口内に射精しちゃってよ~❤️』『はあはあはあはあ‥‥あぁぁぁ~❤️イッちゃう~❤️出る出る出る~❤️あぁぁッ💕』ビュビュビュビュビュッ💕ビュルルルルルリッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕‥‥ドロッドロッドロッドロッドロッドロッドロッ‥‥❤️私のザーメンと男性のザーメンとがミックスされて、私の口内に大量に射精されちゃったんです❤️ まだまだ終わらないよ~❤️

  3. ポルノ映画館でザーメンパック より:

    私はこの映画館がゲイの男性達の溜まり場になっている事に、ようやく分かって来ました❗でも発展場という言葉は初めて聞きました❗私はライオンの群れの中に放たれた一羽のウサギだったんです❤️◎◎ちゃんって呼ばれるオチンポが大きくて太いのに皮が長くて包茎で、その5㎝はある先っぽの余った皮の中に私の剥かれた亀頭を被せられて、その中で亀頭同士を密着させられて、私は悶絶して◎◎ちゃんの皮の中でザーメン射精をしちゃったんです❤️それを見ていた他の男性達も、今度はオチンポの皮包みプレイを次々にしています❤️亀頭の感触も人それぞれ違っていて、割れ目がパックリ開いた人、先っぽの亀頭が尖った人、平たい人、亀頭の穴が大きくて密着すると私の亀頭の小さな穴が吸われるようになる人‥‥❤️でも皆、射精ギリギリまでシゴキまくっても、寸止めして射精をしないんです💕私の亀頭はすべての男性達から皮包みをされて、その物凄い変態行為に私は興奮して欲情していました❤️オチンポはビンビンにフル勃起しちゃって、先汁が溢れ出ていて金玉が膨らんで、先汁に少しザーメンが混じって白濁した先汁が溢れ出ていました❤️するとリーダー各の○○ちゃんって呼ばれてる、私のザーメンを口内に受け止めた男性が『ボクちゃん💕最高に気持ちいいだろう~❤️‥‥今日は初回だからソフトな感じで開発してあげるよ~❤️』そう言って私の肛門にローションを塗り込み始めたんです❤️「イヤ~❤️お尻はダメ~❤️」肛門の中までもローションを注入されて、その中に親指大のローターを挿入したんです❗そのローターを彼が操作していて、ソフトな感じで私の肛門の中の前立腺を探り当てたんです❤️『ここだね~❤️』ローターの震動を最初は弱めてポイントを当てて、少し強めると私のオチンポがビクッビクッビクッ💕って反応しちゃったんです❤️『さぁ皆、準備はいいかなぁ~❤️』そう言って彼はまた私のオチンポをフェラチオし始めたんです❤️そして左右の乳房にも男性達が着いて舐めシャブリ吸っているんです❤️初めての前立腺ローター責めにフェラチオと乳首舐めシャブリ吸いのトリプルプレイに、私は蕩けるような恍惚感と物凄いエクスタシーに身体中が身悶え仰け反り、喘ぎ声を上げていました❤️そして金玉も彼から優しく揉まれていました❤️すると彼は私のオチンポの金玉の付け根と竿の付け根にシリコンのような輪っかを嵌めたんです❗後から知ったんですけど射精抑制リングでした❤️物凄く巧いフェラチオと、前立腺の震動を強弱のつけてコントロールして、両乳首を舐めシャブリ吸われて私は何度も何度もドライオーガズムに達していました❤️『さぁ💕皆、やっちゃうよ~❤️』私の顔の周りに4人の男性達が集まってオチンポとフル勃起させてシゴキまくっています❤️『はぁはぁはぁはぁはぁぁぁ~❤️出る出る出る~❤️』ビュルルルルルリッ💕ビュビュビュビュビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕‥‥❤️『はぁぁぁ~❤️イクイクイクイク~❤️』ビュビュビュビュビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕‥‥『あぁぁッ💕あぁぁぁぁ~❤️イッちゃうイッちゃう~❤️』ドビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕ドビュッ💕‥‥私の顔中に物凄い勢いで大量のザーメンがぶっかけられて、男性達は入れ替わり立ち替わりに、私の顔中にザーメンを大量にぶっかけ射精しています❤️口の中にはもちろん、鼻の穴や耳の穴にもザーメンが流れ込んで‥‥❤️私の両腕は抑えつけられて顔を隠せない状態で、目を開けられない大量ザーメンが顔中をパックするように十数人の男性達の大量ザーメンが何層にもミルフィーユのようにぶっかけられて、顔中が温かくなっていました❤️するとリーダー各の男性が私のオチンポの射精抑制リングを外して、バキュームフェラチオをして私は3発目のザーメンを、彼の口内に再び射精されちゃったんです❤️顔中のザーメンは彼の舌で私の口内に舐め集められて、私の口内に注ぎ込まれました❤️私は男性達のオチンポを一人一人キレイにお掃除フェラをさせられて、顔をキレイに拭かれて『携帯電話の番号を交換しようよ🎵‥‥また次はもっともっとワイセツなエッチな事をしてあげるからね~❤️』キレイなタオルを二枚渡されて男性達はトイレから出て行きました❗私は少し震えていましたけど、映画館を出て帰宅してから無性にあの時の快感が身体中から湧きあがって来たんです❤️そして自分でオチンポをシゴキまくってオナニーをしちゃっていました❤️そして私は発展場の底無し沼にドップリ浸かって行っちゃったんです❤️

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。