ホーム » 中出し・種付け » 前立腺検診で勃起した父がアナル開発に目覚めた結果・・・・・・

前立腺検診で勃起した父がアナル開発に目覚めた結果・・・・・・

種付け近親相姦

北海道在住の高校生からの投稿。小学生の頃、両親が離婚し父子家庭で育った投稿者。男ながらも大きくなるにつれ母の顔にうりふたつになった投稿者は、中学3年の夏に父に犯された。我が子を犯しながら母の名を叫ぶ父。それから3年間ほぼ毎日のように父に種付けされていた。ある日の夜、投稿者とセックスしていた父は意外なことを言いだして・・・・・・

父がアナル開発に目覚めた

親父とのセックスは相変わらず毎日。
毎日毎日、親父に種付けされてます。
親父のエロ度は日に日にアップしていると思う。

両親の離婚で小学生の頃から父子家庭だったこともあって、今は親父のありがたみを感じてる。だから、なるべく親父のやりたいようにさせてあげてるんです。

母似の俺を抱く親父はやっぱり母をまだ愛しているのかもしれませんね。

まぁ俺も女役は嫌いじゃない方なんでw

ある日のこと、親父が健康診断を受けてきたらしい。
普通の健診コース+前立腺検査。
ということは、親父のケツ穴に指が…
親父はどんな風に感じたんだろう。
痛かったかな、それとも感じたかな(笑)

ちょっと嫉妬したりしてw

その夜、いつものように飯食ってくつろいでいると、
親父がいつもより早く俺を誘ってきた。

「どうしたの?」って聞くと、なんか無性にやりたいって言うから、

俺も『いつもよりたっぷりセックスする時間ができるからいいかな』って思って、即ベッドへ。

検査のために前日禁欲したせいもあったのか、息遣いも荒く、セックスも激しい。ひさびさに犯されてるって感じで、俺もすごく興奮した。
前戯もそこそこに、俺の中にチンポをズボって入れてきた。
いつもよりデカくなってる感じ。
とにかく早く出したいって感じで、ズコズコ掘られてた。
いつもより全然早く、1発目が俺の中に。
熱くじわーっと広がるあの感触がたまらん。

そのまま倒れ込み、入れられたまま暫く抱き合ってると、

親父が「入れたことあるのか?」って聞いてきた。

満更ない訳でもなかったから、

「あるよ」って言うと、

「じゃ、俺のに入れてみるか?」って。

『???』

って訳わかんなかったけど、親父は前立腺の検査で気持ちよさを知ってしまったのだ。

俺は意地悪く、

「今日の検査で気持ちよくなったんでしょう?」

って聞いたら、医者の前で勃起しそうになったそうだ。

俺はすぐに親父を仰向けにして、ケツ穴を丁寧に舐めてやった。
親父の口から漏れる甘い吐息を初めて聞いた。

いよいよ指を入れると、使ったことのない穴は、さすがに締まりがきつい。きっとチンポを突っ込んだら、かなり気持ちいいだろうなと思った。
親父は初めてだから、念入りに指で解してやり、俺のチンポにも、親父のケツ穴にも、ローションをたっぷり塗って、俺のを少しずつ入れていった。

最初は痛がる感じも見せたが、無理に入れずにゆっくりゆっくり、
何度か立ち止まりながら、根元までずっぷりと入れた。
その時、既に手でガッチリと握られたようなくらい、きつくチンポを締め付けていた。
俺もひさびさのタチ役に戸惑いながらも、気持ちよかったので、狂ったように腰を振った。

あっという間にイキそうになったけど、親父を喜ばせるため、グッと我慢して、長々と掘ってやった。
親父はその間、自分でチンポを扱いていたが、イキそうになってきたので、

「一緒にいこう」って言うから、

「イクよっ、イクよ」って言いながら、2人同時にイッてしまった。

親父のザーメンは俺の顔を直撃し、俺は指で口元にかき集め、そのザーメンをすすった。親父の中には、俺のザーメンが注ぎ込まれてる。
そう思うと興奮しちゃって、全然勃起が衰えなかった。

そうやって、その夜は掘って掘られてを繰り返した。

親父は女の味も知ってしまった。
これからますますセックスが楽しみになってきた。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。