ホーム » ノンケ » 【ゲイ】強豪剣道部、予選敗退した部員が禊の公開アナル舐め

【ゲイ】強豪剣道部、予選敗退した部員が禊の公開アナル舐め

全部員の前で

福岡県在住の高校生からの投稿。九州で有名なスポーツ強豪校で剣道部に所属している投稿者。練習はとても厳しく、試合は負けることが許されない。そして県予選に出場した投稿者は早々と負けてしまい・・・・・・

ノンケ剣道部員

俺は福岡県の剣道強豪校に入学した。親元を離れ寮生活をしている。

体罰が当たり前の厳しい環境で日々練習に励んでいる。

先日行われた県予選は負ける気がしなかったのだが、気の緩みがあったのだろう、呆気なく負けてしまった・・・・・・

予選で負けたのは俺と龍二だけ。

俺たちは、予告通り罰を受けることになった。

部長の一声で全部員が集められる。
俺と龍二は、部長に命令されるままに服を全部脱いだ。

「お前、四つん這いになれ」

言われるままに龍二が四つん這いの姿勢になる。

「お前、こいつのケツの穴舐めろ」

部長が、龍二の尻をピシャピシャと叩きながら俺に命令した。

「聞こえたか?」

躊躇する俺を部長が睨みつけた。

「イヤならやらなくていい。さっさと退部しろ」

もちろんイヤだったが、あっさり退部してしまっては、わざわざ地元を離れてまでこの学校へ入った意味がなくなる。龍二にしたってそうだろう。

俺は膝を折って、顔を龍二の尻に近づけた。
ピンク色の肛門。周囲に産毛が生えている。

他人の肛門をじっくりと眺めたのは初めてのことだった。
いや、自分の肛門だって、じっくり見ることなどないけれど。

「早くしろ」

竹刀が俺の尻に飛んできた。激痛に思わず仰け反る。覚悟を決めた。

頭を真っ白にする。何も考えちゃいけないんだ……。

龍二の尻を両手で掴み、押し広げた。割れ目の中心に舌を這わせる。
目を瞑る……。舌先に襞の感触が伝わった。

「もっとしっかり舐めろ」

そう言われ、俺は自棄になる。

ソフトクリームを舐めるように、龍二の肛門を吸いつくように舐め回した。俺は龍二の肛門を舐め続けた。
10分くらい、いや5分ほどは舐め続けただろうか。

「おいお前ら、この変態野郎見てみろ」

部長の声に部員たちがざわめく。

「ケツ舐められて勃起してやがる」

どうやら、龍二は勃起しているらしかった。

俺は龍二の尻を舐めながら、閉じていた目を開けた。

龍二のつるんとした尻が視界に飛びこむ。龍二の勃起を想像する。
妙に気持ちが昂った。

「おい。こいつもド変態だぞ」

部長が俺の股間を足蹴にした。

「男のケツ舐めながら勃起って意味わかんねぇ。こいつらホモじゃねぇか」

情けなさで涙が出てくる。

でも、股間の勃起は治まるどころかどんどん熱を帯びてきた・・・・

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントは2件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    創作だろうけど読みやすくて面白い!是非続きを

  2. ゲイの名無しさん より:

    禊ぎは終わったんだし続きはないだろう笑

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。