ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ】愛知の自動車メーカー大手T勤務だけど後輩と社内恋愛してます

【ゲイ】愛知の自動車メーカー大手T勤務だけど後輩と社内恋愛してます

男に芽生えた恋愛感情

愛知県在住の自動車メーカー勤務さんからの投稿。会社の寮に住んでいる投稿者は、先輩の部屋で仲間たちと飲み会をしていた。ビールばかり飲んでいたせいかオシッコが我慢できなくなり慌ててトイレに向かった投稿者は・・・・・・

後輩の男尻に何故か発情

愛知県の自動車メーカー大手T社に勤めてる。

愛知住まいが長い人なら、CMを1回は見たことあると思う。

まー、そんな話は置いといて…

今日はノンケの俺が、一夜にして人生変わった体験談を書く。

その週は昼勤で、週末に先輩の部屋で飲み会しようってことになった。

※事前に補足説明として、会社の寮住まいなんだが、トイレ、風呂共同で、個室の部屋が複数あるプレハブ造りになってる。

飲み会は昼間から始まり、最初は4人くらいだったが、気付いたら7~8人くらいに増えてた。
結構盛り上がり飲み会は夜まで続き、トイレに行きたくなった俺は席を離れた。

すると、飲み会メンバーの中で割かし歳が近いK先輩(以下、先輩)が後からやってきた。

俺 「先輩も小便っすか?」

先輩「…」返事がない。

俺 「???」

不思議に思い、振り返ろうとした瞬間!、先輩が後ろから抱きついて来た。そして、荒い息遣いで俺の両乳首を指先で弄って、「なぁ、俺、そのケないんだけどよぉ。お前のケツ見てると、何だかムラムラすんだよなぁ」と言って、既に怒張してる太めのモノを、俺のケツに押付けてくる。

当然俺は「せっ先輩! 冗談キツいっすよ~」と、先輩の腕から逃れようとするが、先輩の二の腕は、俺の身体をがっしりと抱き締め逃げられない。

先輩は、昔格闘技をやってたらしく、俺程度の力なんかでは到底歯が立たなかった。

先輩「んー、ぶっちゃけマジだよ♪ まぁ、酔った勢いもあっけどなwww」

なんて笑顔で(それも、子供のように無邪気なw)答えた。

その笑顔を見たら、何だか「すっ」と焦りが消え、俺は先輩に「男の俺でもいいんすか?」と訊いた。

先輩「んーと、上手く言えねぇんだけどよぉ。他の野郎じゃ、ヤなんだけどよ、お前は、何か他の奴とは違う目で見えてきちゃうんよなwだもんで…んー…何て言ってえぇんかわからんでなぁ」

俺 「とりあえず、みんなんトコ戻らんと心配するで、一旦部屋行きましょう」と、とりあえずこの場は、また戻って飲み始めた。

その後は先輩の事が気になってしょうがなかった。

先輩はいつものようにみんなと楽しそうに話してたんだけど・・・・

そして、そろそろお開きにしようってことになった。

すると先輩が俺に近寄ってきて耳元で、「なぁ、明日休みだで、俺んトコ泊まらんか?」

俺はさっきのことが気になってたんで、小声で「わかりましたよ」と了解した。

そして、先輩の部屋に…

部屋に入った瞬間、我慢できなくなった先輩が俺の口に唇を重ねてきた。
さすがに驚き固まる俺。ここから暫く2人の会話にします。

俺 「んっ…」

先輩「わりぃ…」

俺 「先輩…」

先輩「あっ、あのさ…、今から俺が言うこと、真面目に聞いて欲しいんだ」

俺 「?」

先輩「あの後、少し考えたんけどな、もしかしたら、お前んこと…」

俺 「…」

先輩「いっいや。やっぱ変だよな。やめよ…」

俺 「先輩、言いかけてやめるなんて…。ちゃんと最後まで聞かせてください!」

先輩「んー、わかった。んじゃ、言うけどな。…すっ、好きになっちまったかも…」

俺 「それってもしかして…」

先輩「あぁ、恋愛感情として…」

俺 「…」

先輩「ごっごめん。今言ったこ…」

言い終わる前に、俺は先輩に抱きついた。

俺 「先輩、これが俺の答えっす」

先輩「お前…いっ、いいのか?」

俺 「さっき、他の奴は嫌だけど、俺ならって言ってくれましたよね?そ   の言葉がすっげぇ嬉しかったんすよ。俺も先輩ならいいっすよ」

そう言うと、俺は先輩にキスをした。

先輩「お前のこと抱きたい。いいか?」

俺 「はい」

ベッドに行くと、先輩は丁寧に優しく服を脱がしてくれた。
俺のモノを咥えると、優しく愛撫し始めた。

俺も先輩のを求め、69の形になった。

先輩はアナルをそっと撫でると、「ここに入れてぇ」と言ってきた。

もちろん経験などなく、少し不安になったが、先輩と1つになりたいと思ったんで、「いいっすよ」と答えた。

俺 「初めてなんで、ゆっくりお願いっす」

先輩「わかった」

先輩は唾を指にたっぷりつけ、ゆっくりと挿入してきた。

俺 「んっんぐっ…」

先輩「痛いか? 痛いなら抜くぞ」

俺 「だっ、大丈夫っす…。んんっ…」

先輩は一旦指を抜き、手のひらに唾をたっぷりと垂らし、アナルの中へ擦り込んで来た。そして、再度指を挿入してきた。

ゆっくりと出し入れしてるのが、直腸の粘膜を通じて伝わってきた。
不意に先輩は指を2本入れてきた。

俺 「んっん…ああぁ…。なっなんか…奥…奥が、あっ熱いっ…す…。せっ先輩…ふあぁ…ひぁ…」

先輩「喘いでる顔と声がエロいなwほら、お前のケツ穴、すっげぇ濡れてきてる」

俺 「はあぁ…はぅぅ…先輩が…そっそんなに弄るから…んんっ…奥がきっ…あぁっ、きっ気持ちい…っす。うあっ…」

俺のアナルはもうトロトロになっていた。

先輩「そろそろ俺の入れていいか? もう、我慢できねぇ!」

そう言うと、先輩は生で入れてきた。

俺 「ハァハァ…先輩のもっと奥まで入れて欲しいっす。…んんっ…ああぁ…はっ入ってく…せんっ先輩…のが、俺の…中っ…に…はぁぁ…」

先輩「あぁ、あったけぇ。吸いついてくる…うぅ…しっ締まる…」

先輩は最初はゆっくり腰を動かし、徐々にスピードを上げた。

俺 「あぁっなん…か、おっ奥がぁ…きも…ち…いっ…んああぁ…」

先輩「そろそろ俺…イッ、イキそう…中でイッていいか?」

俺 「なっ中に…中に出して欲しいっす。あぁ…んあぁ…」

そう言うと、先輩の腰遣いが一層速さを増した。

先輩「ヤベッ、イッイク…ああああぁぁ!!!」

すると、ケツ中がジワ~ッと熱いものが流れ込んで来るのを感じた。

俺 「んんんんぁ…。ふあぁ…。あっ…あっ…」

先輩「ハァハァ…気持ちよかった。お前は?」

俺 「気持ちよかったっす…」

先輩「まだ、お前のケツがヒクヒクいってる」

俺 「暫く先輩と繋がってたいっす」

先輩「まだ、お前をイカしてないぜw」

先輩は俺の咥えてくれ、俺は先輩の口の中で果てた。
それが俺の男初体験っす。

それから、3年経った今でも付き合っていて、先輩と一緒に住んでます。
あっ、先輩じゃなく、今は彼氏だね♪

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントは2件です

  1. ゲイの名無しさん より:

    車買い換える時期で迷ってたけどTOYOTA車買ってあげるわw

  2. ゲイの名無しさん より:

    ゲイの社内恋愛とか存在するの?かなり稀よね

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。