ホーム » 巨根 » 【ゲイ体験談】野外でデカマラ高校生に掘ってもらった

【ゲイ体験談】野外でデカマラ高校生に掘ってもらった

童顔のデカマラ高校生

神奈川県在住の会社員さんからの投稿。ある週末の夜、夜中に19歳の年下君と待ち合わせをすることになった投稿者。そこへ現われたのは年齢よりも下に見える童顔イケメン君だった。さっそくお互いのチンポを出して見比べると・・・
野外でアナルセックスする男性
数年前の夏の夜の話です。

掲示板で知り合った男の子と夜の公園で会う約束をしました。

オレは28歳ウケ、相手は19歳の男の子。

お互い写真を交換してOKだったのでその日の夜中に待ち合わせ。

内容は軽く触り合い程度で・・・という約束でした。

オレはしばらく誰ともやってない状態で、さらに野外はほぼ経験なし、それから10代の若者とはやったことがないので、念のためケツは準備しておき家をでました。

久々だったので向かっている途中にすでに最高に勃起した状態でした。

公園について彼に会ったとき、見た目が写真よりもかわいらしい男の子でテンションが上がりました。

夏なのでお互いTシャツにハーフパンツで、オレはけっこう筋肉があるガタイ、彼はスリムな感じでした。

はたから見たらバレる組み合わせかもと思い、野外も緊張するのですぐに光の当たっていない薄暗いベンチに移動しました。

野外というのは『誰かに通報されるんではないか』『狩られるんではないか』などと、思ったよりも緊張してしまい早めに終わらせようかとも考えていました。

お互い、とりあえずズボンを膝までおろしチンポを握り合ったのですが、彼は顔に似合わずデカいんです。

オレのチンポよりもデカく、比較してみるとおそらく18センチくらいはあると思います。顔からは想像ができない大きさに驚きました。

そして、こんなカワイイ顔でデカマラという事にオレの理性が外れかけ、「しゃぶってもいいかな?」と聞くと「ハイ…」と答えたので早速フェラ。

口いっぱいのボリュームのあるチンポを夢中でしゃぶりました。

外なのであまり声は出せませんが、「ウッウッ…」というかわいい喘ぎ声をきき、ますますフェラに力が入ります。

「これでいろいろな人に挿れてきたの?」って聞くと、女とはやった事があるけど男とは経験が無いそうです。

しかもよく聞くと、本当は19歳ではなくて17歳の高校生だと言ってきました。

オレが今しゃぶってるのは高校生の生ちんぽなんだ…

そう考えた瞬間に興奮が最高潮に達しました。

男の子は驚くオレをみて「嘘ついてごめんなさい」と謝ってきました。

おれは「大丈夫だよ」と答えた後、冗談半分で「じゃあここで挿れてくれたら許してあげるw」と言ってみました。

断られたら、手で抜いて帰ろうと思ってましたが、男の子も興味があったらしく「挿れてみたいです」と言ってきました。

正直コンドームもなくてとまどいましたが、彼がやる気マンマンだったので、生で彼のチンポをいただくことになりました。

ズボンを完全に脱いでベンチに座ってもらい、オレはケツにローションを塗り上からゆっくりと腰を落としました。

しばらくしてなかったのでオレのケツはちょっとキツくなってて、先をいれては抜くをまず繰り返しました。

が、野外なのであまりゆっくりはしていられないので、彼にみえないように持ってきた薬をこっそり吸って、もう一度彼のチンポにまたがりました。

薬が効いてきて、彼のデカマラが完全に挿り、その快感にしびれるような感覚で、思わずTシャツも脱ぎ捨ててしまいました。

野外、全裸、生掘り、デカマラ、高校生………

その犯罪的な状況に酔いしれて必死に腰をふりました。

声を必死にガマンしながら、彼も下からなんとか腰を動かそうと動いており、汗をかき始めながらお互い求め合うように交わっていました。

さらに、バックの体勢でちかくの木に手をつき、ガンガン掘られつづけました。

彼がイキそうというので、オレももう一度薬を吸い、ケツに力みを込めて彼のチンポを必死にくわえ込み、「中に出して!」とお願いしてしまいました。

「あっ・・・」という声とともに、種が勢いよくケツの奥に付けられるのを感じました。

少ししてケツからチンポを抜くと、彼は「ありがとう」といって、早々に帰っていきました。

余韻でしばらくその場にいたオレは、ケツから垂れてきた彼の精子を指ですくいながら、いまここで起こった状況を改めて思い直しました。

オレはいま夜の公園で全裸で、童貞高校生に種付けされたんだ・・・

しかもすぐに帰って行ったので、レイプされてヤリ捨てられたような感覚もあり、ケツからでた彼の精子をチンポに塗りつけて必死でしごき、そのまま1人で果てました。

彼とはその後も何度か公園でセックスをし、時にはションベンをかけられたり飲まされたり、ションベン浣腸されたりと、逆に彼に体を弄ばれるような関係になりました。

現在は引越しもして会わなくなったのですが、夜にどこかの公園へ行くと、たまにあのときの事を思い出し1人でオナニーしたり、掲示板でションベン浣腸してくれる相手をさがしたりしてます。

 

カテゴリ:巨根の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。