ホーム » BL小説/ノンケ » 【BL小説】同級生と10年ぶりにばったり再会してそのまま・・・・・・・

【BL小説】同級生と10年ぶりにばったり再会してそのまま・・・・・・・

懐かしの同級生

高校卒業後、地元の企業に就職して働き出した勇樹。それから10年、妻と子供の前では良きパパを演じながらも男同士の性交を止められない彼がいた。そんな勇樹がある日、同級生とバッタリ再会して・・・・

同級生とのbl小説

 

学校を卒業して以来の再会だった。

 

ソイツの名前は天野。

 

天野は卒業してすぐに東京へ行ってしまった。

 

それ以来、音信不通。

 

全く会う事もなく、お互いに結婚した事位しか知らなかった。

 

その天野と、バッタリ駅で会った。

 

転勤で帰ってきたらしい。

 

「あ、天野!?」

 

「ん?もしかして勇樹?」

 

10年同じ学校に通っていた仲。

 

顔を見てすぐにお互いのことが分かった。

 

久しぶりの再会。

 

飲みにいくことになり、深夜まで居酒屋で盛り上がり。

 

色々と懐かしい話やお互いの現在の家族の話をしていると終電に乗り遅れた。

 

金もないのでカプセルホテルに泊まることに。

 

そこでもしばらく話は弾んだ。

 

カプセルも上下だったので、俺が上に上がり狭いカプセルに二人入った。

 

話はお互いの嫁とのエッチになりだす。

 

すると天野が不満を漏らしだした。

 

「フェラはしてくれないしさ、他の女と寝たら浮気になるし、死ぬまで体験出来ないのかな・・・」

 

「チンコ舐められた事無いのか?かわいそうに~!」

 

「うるせえ!お前はあるのか?」

 

まさか男と盛んにしているなんて言えないw

 

あるよ!とテキトーな返事。

 

「フェラってどんな感じ?」

 

オレの悪い癖が出てしまった。

 

「俺がしてやるよ~?」

 

完全に悪酔いしていた。

 

「何いってんだよ勇樹w」

 

「いいから出せって!ほれ!」

 

オレが真剣に迫るもので焦りだす天野。

 

「え、え、マジで言ってんの?おいおい」

 

勿論天野はノンケだろう。

 

それはチョット!と拒否る。

 

「いいじゃんw 目をつぶれば誰か分らないだろう?w」

 

なし崩しで天野のアソコを握った。

 

「マジで?ここで?お前そんな趣味ある?」

 

「誰でもは嫌だが天野なら!」

 

すると天野が目を閉じた。

 

俺は何も言わずに天野のアソコを咥えた。

 

徐々に大きくなる。

 

「うううっ・・・!」

 

亀頭を中心に色々やった。

 

「だ、だめだ!イキそう!」

 

俺は天野の手を抑え高速フェラ。

 

アッと言う間に俺の口内に・・・

 

俺は全て飲みほす。

 

「天野どうだった?」

 

「最高に気持いいよ・・・・」

 

その日から天野から電話がくるようになった。

 

でも天野は何もしてくれない!

 

ノンケだから仕方ないが。



 

カテゴリ:BL小説/ノンケの最新記事

カテゴリ:BL小説/リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索