Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 野外・露出 » ノンケ友達のTバック姿に理性崩壊秒読みです・・・・・・

ノンケ友達のTバック姿に理性崩壊秒読みです・・・・・・

ノンケの下着コレクション

千葉県在住の大学生からの投稿。ある日、大学サークルの飲み会で真治という大学生と知り合った投稿者。彼とはとても気が合い直ぐに親しい友達になった。ある日のこと、投稿者は真治の大事にしている興味深いものを見せてもらい・・・・・・

ノンケ友達のTバック姿

 

僕の友達に、下着マニアがいる。といっても、ノンケの友達。

下着といっても、女性物ではなく、自分で履く男性の下着が好きなのだ。

 

大学に入って、初めて仲良くなった真治という奴。
お互い、地方から出てきて右も左もわからない状況で、ある飲み会で話すようになりすっかり親友になった。

 

初めて、その趣味を聞いたのは、知り合って1年以上経ってから。
実のところ、俺は真治に片想いしているのだけれど、実らぬ恋だし、下手に告白して親友関係を壊したくはない。

 

「俺、下着集めんの好きでさ」

 

真治の家で、二人っきりで酒を飲んでいたときのことだ。

いきなり語り始める真治。

 

「ナルシストなのかなぁ。好きな下着履くとすげぇ興奮すんだよなぁ」

 

酒の力で饒舌になった真治は、自分の性癖をやや恥ずかしそうに告白した。おそらく、本当は自慢したいけど誰にも言えなかったのだろう。

俺は内心ドキドキしながら言った。

 

「へぇ。どんなの履くの?」

 

そういえば、真治の下着姿を見たことないなぁ、と思った。

 

一緒に海へ行ったことはあるが、着替えの最中を見た記憶はない。

 

ただ、鍛え抜かれた綺麗な裸は強烈に目に焼きついた。
高校時代は野球に明け暮れていたらしい。

 

大学生になって、ミディアムに伸ばした髪を染め、服装も今風にオシャレになった真治。

 

今や野球少年の面影はないけれど、脱げば筋肉質な体がスポーツ経験を物語る。

 

部屋にはダンベルやプロテインが置いてあるから、今でも筋トレは欠かしていないのだろう。

 

「最近はボクサーブリーフかな。実はきわどいビキニも好きなんだよねwビキニってさ、みんな敬遠すると思うけど一番テンション上がるんだ。」

 

嬉しそうにクローゼットからコレクションを見せてくれた。

 

「すげー。こんなのどこに売ってんの?」

 

俺は、Tバックの下着を手にとって言った。

 

真治が履いてる下着を直に触っているのだと思うと、少しあそこが反応した。

 

「ネットで買うことが多いかなぁ」

 

真治は、やや照れた表情で言う。

 

見た目はかっこいいけれど、やや方言が混じるところが愛らしい。

 

それにしても、膨大な量のコレクションだった。

 

プラスチックの衣装ケースに、綺麗に色とりどりのアンダーウェアが並んでいた。

 

「これ履いてんの見せてよ」

 

俺は、酔った勢いで言ってみた。

 

「せっかくなんだし、誰かに見てもらわなきゃ意味ないじゃん」

 

勢いで言ってみたものの、真治への気持ちを悟られたくなくて、俺は言い訳めいた言葉を並べて饒舌になった。

 

「いやまあ、女に見てもらうのが一番だろうけどさ。お前、彼女もいねーし、しゃあなし俺が見てやるよw」

 

俺は今、目が泳いでるかもしれない。焼酎の水割りを一気に流し込んだ。

 

「高校んときみたいに、体育の着替えで見てもらったりすることもないもんな。ほら、脱げー」

 

茶化した感じを装い、俺は真治のジーンズに手をかけた。

 

「マジかよ。今履いてんのは普通のボクサーだよ」

 

意外なことに、真治は抵抗しなかった。

 

あっけなく、ジーンズを脱がせることに成功。

 

黒の、ドルガバのボクサーブリーフが露わになった。
いやでも股間の膨らみに目がいってしまう。

 

「これはさ、結構高かった」

 

真治は、俺のいやらしい視線に気付くことなく、冷静に自分の履く下着の説明を始めた。

 

「よく見えねぇよ。上も脱げって」

 

俺は、真治のTシャツを思い切り捲り上げた。

 

「おいおい」

 

今度は僅かに抵抗した真治だったが、容易く真治を下着一枚の姿にすることができた。それにしても美しい。盛り上がった胸板、割れた腹筋。
しかし、筋骨隆々といった感じではなく、細身で引き締まった俺好みの体だ。肌も綺麗で、体毛も薄い。

 

「これ、履いてみてよ」

 

俺は、Tバックの下着を真治に押し付けた。

 

「はずいよぉ」

 

そう言いながらも、真治は俺に背を向けてドルガバのボクサーを脱ぎ始めた。全裸の真治。尻も綺麗だった。

 

Tバックを身に着けた真治。

 

目がくらみそうなほどにエロくて素敵だった。

 

その美しさを褒め称えたいところだが、俺は「すげぇ」とだけ言って、水割りを作った。

 

あれから、真治と会うたび、どんな下着を履いているのか気になって仕方がない。

 

この間、真治を含めた仲のいい面子で合コンに参加した。

 

「今日は勝負下着なんだよね」

 

そう言った真治を、その場で裸に剥いてしまいたい衝動を抑えるのに苦労した。



 

カテゴリ:野外・露出の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索