Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 初体験・童貞 » 僕がウリ専ボーイ指名No.1だった理由

僕がウリ専ボーイ指名No.1だった理由

ゲイ専門風俗店

東京都在住の会社員さんからの投稿。大学生の頃、ウリ専のオープニングスタッフのバイト面接を受けた投稿者。容姿には自信があったがオーナーに髪型を完全否定された投稿者は闘争心に火がつき・・・・・・

ウリ専ボーイ指名ナンバーワン

 

いつも楽しく拝見しています。

 

ウリセンボーイの話を読むと、懐かしく昔を思い出します。

 

僕も、かつて大学生の頃、ウリセンで働いていました。

 

自分が誰かに買われるというシチュエーションは、SMの世界に通ずる概念があるような気がします。

 

まだこっちの世界にも深く染まっていない頃。

 

ふと見かけたネット上のウリセンのサイトで、オープニングスタッフ募集という文字を見つけました。

 

高校生の頃からバイト三昧だった僕は、「オープニング」という言葉に惹かれました。

 

オープニングだと、先輩後輩の関係もなく、わずらわしい思いをせず働きやすいのが一般的です。条件も割といいです。

 

僕は、手っ取り早い小遣い稼ぎがしたかったこともあり、そう躊躇うことなく応募しました。

 

それでも、面接の段取りが決まると緊張します。

 

マンションの一室に通され、椅子に座ってオーナーと向かい合いました。

 

音が聞こえそうなくらいに心臓がバクバクしていたのを、今でも思い出します。

 

「まず、これに記入してくれるかな。書ける範囲でいいから」

 

氏名、生年月日、住所、身長体重、趣味、あそこのサイズ、可能なプレイ……。

 

一応、すべての問いを書き終えると、身分証明書の提示を求められ、取ったばかりの免許証を差し出しました。

 

オーナーの横に座っていた色白の坊主が立ち上がり無言でコピー機で免許証をコピーします。もう、後戻りはできないなと覚悟を決めました。

 

「では、簡単に店のシステムを説明しますね」

 

見た感じ30代半ばくらいで、ややオネエっぽいオーナーは、早口に店の説明を始めました。仕事内容、報酬の制度、注意事項、禁止事項……。

 

「どうかな。やっていけそう?」

 

僕は、ちょっと怖くなってきたものの、頷いて「お願いします」と答えました。

 

「はい。じゃあ、頑張ってもらえるかな。ただ、ちょっと気に掛かるんだよね。その髪の毛」

 

オーナーは、僕の髪の毛について、指摘し始めました。

 

「こういう商売、清潔感が一番なんだよね。そんな、長くて金髪だとさぁ……」

 

今思えば、オーナーは、短髪爽やかな“イカニモ系”がタイプで、店のボーイもそういう子を揃えたかったようです。
しかし、僕は昔から女の子にモテましたし、自信がありました。
どんどん反発芯が芽生え始めた頃、オーナーが言いました。

 

「とりあえずチェックするから脱いでみてくれるかな?」

 

中高と、部活で鍛えた体には自信があったので、これでなんとか納得してもらえないものかと思いながら、服を脱ぎました。

 

「下もですか?」

 

「うん。パンツも全部ね」

 

恥ずかしながら、羞恥的な状況に僕は勃起してしまいました。

 

「前、隠さないでね」

 

全裸になって、気をつけの姿勢で立ち尽くします。
オーナーは、勃起している部分には口を挟むことなく、つまらなそうな目で僕の裸を見ていました。

 

「じゃあ、後ろ向いて」

 

頭が真っ白になり緊張でよろめきそうになりながら、僕はオーナーに背を向けました。

 

「はい終わり。パンツはいていいよ」

 

オーナーは、僕の体に何らの感想を漏らすことなく、ボディーチェックは終わりました。

 

「で、髪の毛、切れない?」

 

パンツ一枚の姿で立ち尽くす僕に、オーナーは言いました。

 

「すいません。切れないです」

 

似合ってると思ってやってる髪形ですから、そうそう妥協できません。

 

「そっか。仕方ないね。でも、そんなんじゃなかなか売れないと思うよ」

 

オーナーは渋々と言った感じで頷きました。

 

「この商売は自分が商品で、見た目だけが勝負だからね」

 

「結構、面接来てくれてるんだけどさ。半分以上はお断りしてるの」

 

「お客さんに指名してもらってナンボの商売だからね……」

 

終いには、説教めいた口調になって、僕は辟易してきました。

 

もっと、コンセプトに合った店に移ればよかったのかもしれません。

 

しかし、僕はこの店で働くことに決めました。

 

オーナーに対して、「見返してやる」という気持ちがあったのです。

 

そこからはゲイビデオでプレイの勉強をしました。

 

整体の専門学校に通う友人から、マッサージを教わったりもしました。

 

絶対に誰にも負けたくない。ナンバーワンになってやる。

 

ちょっと、ヤケクソな感じですが、僕は大きな決意を胸に、ウリセン生活をスタートさせました。

 

いろんなお客さんがいて、嫌なこと大変なこともたくさんありましたが、僕は頑張りました。

 

どんな客でも、リピーターになってもらえるよう、可能な限りのサービスを提供しました。結果、僕は店でナンバーワンになりました。

 

もちろん髪は切っていません。

 

客のほとんどは予約なしに来店したり、当日の予約で訪れます。

 

しかし、僕の予定表がサイトにアップされると、瞬く間に予約で埋まりました。

 

これまでの人生で一番頑張ったのが、ウリセンの仕事かもしれません。

 

あの情熱を、今のサラリーマン生活に生かせればいいんですが…(汗)。



 

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索