Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » SM調教 » 全裸にオムツ姿!展示会でマネキンにされたリーマンの結末・・・・・・

全裸にオムツ姿!展示会でマネキンにされたリーマンの結末・・・・・・

公然わいせつ

岐阜県在住の会社員さんからの投稿。就職氷河期まっただ中で苦労して現在の会社に滑り込んだ投稿者。そして2年後、松川という男が新卒で入社した。この松川、投稿者がずっと隠し通してきた過去を知る人物で・・・・・・

マネキンにされたリーマン

朝から憂鬱で、トーストを焼いたものの、半分も喉を通らなかった。

今日は、仕事で展示会に出席する。

あいつらの命令を聞くべきか聞かざるべきか……。

俺は今年で29歳になる。今の会社は2年前に転職で入社した。

外食産業や小売業界、詐欺みたいな飛び込み営業会社などを渡り歩き、やっと安定した仕事を手に入れた。

超氷河期世代だから、散々苦労したけれど、なんとか今の会社に潜り込めたというわけだ。しかし、やってはいけない手を使った。

中退した大学を、卒業したことにしたのだ。学歴詐称ってやつ。

大学は、東京からは遥かに遠い地方都市の公立大だから、バレることはないだろうと思っていた。しかし、世間は狭いものだ。

今年、新卒で入社してきた松川という奴が、俺の母校出身で、しかも部活まで一緒だった。松川は、悪い意味で今どきの若者だった。

楽することしか考えない。

松川の教育係に就いた俺は、辟易したものの、心を鬼にして厳しく接した。一人前に育てないと、俺自身の査定に関わるのだから当然だ。

松川の俺に対する反発心が限界までに達した頃、ひょんなことから、俺の学歴詐称があいつにバレた。その日から、俺は松川に逆らえなくなった。

いや、松川だけではない。

新卒入社のプロパー組は、中途入社組に対して偏見と嫌悪感を抱いている。松川は、そいつらも巻き込んで、俺を“イジメ”の対象にしたのだ。

まったく馬鹿げてる……。

「先輩、明日の展示会だけどさ。ウチの商品履いてモデルになってくださいよ」

展示会の前日、松川が言った。

展示会は福祉関係のもので、うちの会社は新商品の介護用おむつを展示する。

いくら何でもそれだけは勘弁して欲しいと言ったが、当然のように聞き入れられなかった。

「じゃあわかりましたよ、学歴詐称バラしときますねw」

結局、俺は重い腰を上げて展示会の会場へ直行した。

一応、年長の俺が今回の展示会の責任者だ。

松川ら3人の前で開場前のミーティングをする。

「では、なるべくアンケートに答えてもらえるよう頑張りましょう」

そう締めると、松川がにやにやした顔で言った。

「じゃあ先輩、これに着替えてください」

松川の手に紙おむつがあった。

「先輩早くしてくださいよ。そろそろ開場ですよ」

松川が苛々した口調で言った。

「えっ。ここで着替えるの?」

俺は焦ってきた。クビになってもいいから、このまま帰ってしまいたい。

いや、やはりクビになるわけにはいかない。

失業中の父、闘病中の母、鬱病でニートの弟……。

一家の生活は、俺に懸かっているのだ。松川が言った。

「お客さん来る前に早く。ほら脱いでくださいって」

ベルトを外しズボンを脱いだ。

時計を見ると開場まであと5分。もう仕方ない。

俺は自棄になってパンツも脱いだ。

下半身裸になり、松川が手に持っているおむつを取ろうとしたら、制止された。

「何やってるんですか。全部脱いでくださいよ」

結局、全裸になった。

向いのブースの女の人と目が合い、顔が紅潮してくるのがわかった。

これほどの羞恥は今までに味わったことがない。

「サイズこれでいいかなぁ。先輩ちょっと手どけて」

俺は陰部を露わにして、3人に囲まれた。

「あれぇ。先輩、今日は勃起してないですね。珍しい」

垣田という松川の同期が言った。

「朝、オナニーしてきたんじゃないでしょうね。俺らの許可なく抜いたらお仕置きですよ」

通りかかった人が「きゃっ」と叫んだ。いつまでも全裸でいられない。

「抜いてないよ。いいから早くそれ渡してくれ」

松川は聞き入れず、俺を睨んだ。

「いいから、先輩おとなしくしろよ」

さんざん全裸のまま、いろんな紙おむつをあてがわれ、ようやく履かされた。

「今日は先輩はマネキンモデルですからね。一切喋らないようにしてください」

松川は不適な笑みを浮かべて言った。いよいよ開場。

俺を見た人は一瞬ギョッとした表情になるが、特に何事もなく時間は過ぎていく。昼前に、初老の男性に喋りかけられた。

「お兄ちゃん、それ似合ってるねぇ」

すかさず松川が寄ってきた。

「いらっしゃいませ。本日、この者はマネキン役なので口を聞けないことになってるんですよ」

名刺を差し出しながら、にこやかに喋り始めた。

「勝浦様。ほぅ。老人ホームをご経営されてるんですね」

勝浦というらしい男は、松川と喋りながらも視線を俺から外さない。

「お客様、もしよろしければ、こちらの商品をお試し下さい」

松川は、俺の履いたおむつを指差して言った。

「新しい方式で、非常に簡単にご使用いただけるんですよ」

そう言いながら、松川は俺のおむつを外し始めた。

「ちょっ」

俺が思わず声を上げると、思い切り睨まれた。

「お前は喋るな、マネキン野郎が」と小声で言われる。

「先輩、お客様にお試しいただくから、両手を頭の後ろにやってください」

俺は、全裸で両手を頭に置いた上体で突っ立っている。

羞恥心で顔が燃えそうに熱い。遠巻きに、人だかりができていて携帯で撮影している者もいるようだ…

「では。ご説明します」

松川が、しつこいほど丁寧に説明しながら、俺におむつをつけた。

「このように、簡単に装着できます」松川が笑顔で説明する。

「では、お客様もどうぞ」そう言うと、また俺は全裸に剥かれた。

「ほうほう、なるほど」勝浦は、嬉しそうに俺におむつを履かせた。

おそらく、この爺さんはホモなんだろうなと思った。

「あ。お客様、大変申し訳ございません」松川がわざとらしく頭を下げた。

「モデルが興奮してしまったようで」

気がつくと、俺は勃起しかけていた。

恥ずかしさで頭がくらくらしてきた。

「元気だねぇ。羨ましいよ。わははは」

勝浦が俺のペニスにいやらしい手つきで触れた。俺は思わず腰を折る。

「申し訳ございません。お恥ずかしい姿をお見せしてしまって」

松川が、今度はまったく申し訳なさそうに言った。

松川らは交替で昼休憩を取ったが、俺は休むことを許されなかった。

食事もとらず、立ち続けていると体力的に辛い。

幸い、おむつ姿でいることに慣れてきて、あれから勃起することはなかった。ただ、途中でトイレに行きたくなった。当然の生理現象だ。

俺は松川に言った。「ごめん。ちょっとトイレ行ってくる」

このまま行くわけにはいかないので、服を探した。

「何やってるんですか先輩」松川が俺の腕を取った。

「おむつしてるんだから、そのままやっちゃえばいいじゃないですか」

俺は言い返そうとしたが遮られた。

「だから今日は喋るなって」

仕方なくトイレに行くのを諦めたが、次第に我慢できなくなってきた。

限界に達する。そして、ついにおむつに尿を放出してしまった。

「あ。先輩、やっちゃいました?」

先ほどから注意深く俺を見ていた松川は、敏感に用を足してしまったことを見抜いた。眩暈がしそうなほど恥ずかしい。

「じゃあ、それゴミ袋に入れてください。新しいのに着替えましょうね」

松川が笑顔で言った。

公開おむつ着脱は、その日結局5~6回やらされた。

公然猥褻で警察に通報されるんじゃないかと思ったが、何事もなく時間は過ぎた。こうして地獄の1日は終わった。



 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索