ホーム » ガチムチ・体育会系 » ガチムチのラクビー部OB兄貴に孕むまで種付け哀願

ガチムチのラクビー部OB兄貴に孕むまで種付け哀願

ケツマンにトライ!

山形県在住の大学生からの投稿。SNSで知り合ったラクビー部OBのガチムチ兄貴と会うことに。そして、待ち合わせのホテルで出迎えてくれたのは、ストライクど真ん中のドS野郎で・・・・・・

ガチムチラクビー部

SNSで繋がったラグビー部OB兄貴とリアルすることになって、Wホテルで深夜の淫乱合宿をした。

指定された部屋番号をノックすると、ドアが開き、中に入ると、いきなり抱き締めてくれてキスを交わした。黒く焼けた肌、雄臭い顔で不精ヒゲ。

ガッチリラグビー体型の優しい笑顔が迎えてくれた。

ものすごくタイプな兄貴。

お互いチンポはもうギンギンに勃起していて、兄貴のチンポは、俺が穿いて来て欲しいと頼んだラグパンの中で窮屈そうにしていた。

すかさず兄貴の前に跪いて、ラグパンを下げ下ろすと、兄貴のチンポにしゃぶりついた。

形のいいツヤツヤしたいやらしいチンポで、すげえ美味い。

夢中でフェラしてて、ふと横の大きな鏡を見るといやらしい顔で兄貴のチンポにしゃぶりつく俺の姿が映っていた。

しばらくして兄貴に肩をポンポンと叩かれ、お風呂に行くことに。

シャワーで練習前のケツ掃除と、肛門括約筋のストレッチをして、ベッドの上に乗ると、待ちきれなかったように兄貴が覆い被さってきた。

アップもそこそこで、兄貴のチンポにオイルを塗ると、自分からケツたぶを開いて股がった。

仰向けになった兄貴の腰骨に手を突いて、ケツを振り咥え込む。

そこからスクワットの要領で大腿筋の騎乗位トレーニング。

あまりにも気持ちよくて、先走りが凄いことに。

繋がったままで抱きあってキスすると、1週間溜めた種がトコロテンで溢れできた。

兄貴は俺にそれを掬って、自分のチンポに塗りつけるように命じた。

俺は、自分の種を兄貴のチンポに塗って、ケツに導いた。

兄貴は、俺が経験したことのない体位で、下から、後ろから攻め立てて俺を狂わせた。

初めて味わった駅弁は、兄貴のチンポで串挿しにされたように、強い快感が身体を突き抜けて、兄貴の首に抱きついて悶えるだけだった。

ベッドに戻ると、やっぱり好きな正常位になる。

俺の鼓動が一気に高鳴り、すげえ淫乱な気分で満たされていく。

兄貴はいやらしく腰を振り、生チンポで俺のケツマンコを掘りまくって前立腺に当ててくる。

凹「ああっ、すげえいい」

凸「何が良いんだ?」

凹「チンポ、兄貴のチンポがいいよ」

凸「どういいんだ?」

凹「でけえ、兄貴のでけえチンポがいいよ」

凸「んん、いいか? じゃあ、どうして欲しいんだ?」

凹「種付けしてください」

凸「聞こえねえ」

兄貴は、Sっ気たっぷりに俺を見下ろして言った。

凹「兄貴の雄汁いっぱい種付けして、孕ませて下さい!!」

俺はもう変態マンコ野郎になっていて、恥ずかしい言葉を口にして欲しがった。

凸「よしイクぜ、種付けするからな。しっかり孕めよ」

俺はもう兄貴の雄汁が欲しくてたまんねえ。

兄貴の乳首を攻めながら、自分でケツマンコに兄貴のチンポを擦りつけて狂った。

凸「あぁ、、イクぞ イクぞ イク、イク-!!!」

凹「ああ、欲しい。欲しー  種欲しー」

兄貴のでけえチンポがビクンビクンと波打つのがわかった。

濃い雄が俺の中に入って来て、ケツマンコはいやらしくドロドロになった。

兄貴のトライは見事にキマった。

雄汁のくせえ匂いがたまんねー、ガキを孕むのは、いつもすげえ感じてやめられねえ。

兄貴が言った、ケツマンコが俺のチンポの形になるまで掘り込んでやるよと。

俺は変態種壺野郎になり、兄貴は淫獣のように俺のケツマンコを犯した。

深夜の合宿は、まだ終わらない。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。