ホーム » フェラチオ » 【ゲイ】親が出掛けている間に兄貴と近親相姦エッチしちゃったwwwwwwww

【ゲイ】親が出掛けている間に兄貴と近親相姦エッチしちゃったwwwwwwww

憧れの兄のチンポ

滋賀県在住の学生さんからの投稿。腹違いの兄に恋をしてしまった投稿者。適わぬ恋だろうと諦めて兄をズリネタにする生活を続けるも、妄想だけでは物足りなくなってしまった投稿者がついに行動に出る・・・
チンポを愛撫する茶髪青年
一緒に住んでいる僕の兄貴は親父の再婚したお母さんの息子です。

兄貴は僕と違い、スポーツ万能で体型も顔も全てカッコよくて言うこと無いです。

親父が再婚を決めたのも僕が兄貴を気に入ったからのようです。

今のお母さんが来て6年が過ぎました。

親父とお母さんは今でもとても仲がよくて、夜は恋人同士のようにイチャイチャしています。

親父が仕事から帰るとご飯を食べた後に二人でカラオケに行ったりとよく出かけるほどです。

そんな時は兄貴と僕は留守番で二人でゲームしたりしていました。

最近はお互いのクラブで家に帰る時間が遅く、帰っても親は居ないという事が多くなっていました。

僕が先に帰ってきて家に誰もいない時は、兄貴のパンツの匂いを嗅ぎながら全裸を思い出してはオナニーをしていました。

そして今年の夏休みの夜に、体験してしまったんです。

その日も親達はカラオケで出かけていました。

僕は兄貴が部屋で寝ているのを発見し、どうしても兄貴のチンポが見たくて兄貴の部屋に入りました。

兄貴は下着一枚でスヤスヤと寝ていました。

僕は兄貴の股間が気になり近づくと、ボクサーパンツの上からドキドキしながらそっと触ってみました。

しばらく触っても爆睡しているので起きる気配がなく、ゆっくり脱がし始めてしまったのです。

このイヤらしいチンポで女としているんだ!と思い少しムカッとしついに直接触っていると段々大きく硬くなりました。

僕は、興奮でもう訳が分からなくなってしまいフェラすると、兄貴が目を覚ましたのです…

「お前、やっぱりな!」と言われ僕は固まってしまったのですが、何と兄貴は「止めないで!」と僕の手を引っ張りました。

それどころか僕のチンポを触ってくれたのです。

僕は嬉しくて夢中でフェラすると兄貴が「ヤバイ、イく!」と言って僕の口の中に大量に出したのです。

僕は部屋を汚さないように全て飲んでしまいました。

兄貴は僕のチンポを高速で扱くのでアッと言う間に僕はもイきました。

その日から兄貴は抜きたくなると、僕の部屋に来るようになり昨日もしました。

本当の兄弟ではないですが、同じように兄弟でHする人は居ますか?

僕はもう、女の子には全く興味もありません。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:近親相姦の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。