ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】アナルプラグ挿れて我慢汁垂らしながら待ち合わせ

【ゲイ体験談】アナルプラグ挿れて我慢汁垂らしながら待ち合わせ

【体験談】宮崎県在住のリーマンさんからの投稿。チンポ狂いで四六時中チンポのことが頭から離れないと言う投稿者。男との待ち合わせ予定が決まっている日は朝から勃起が収まらず仕事が手につかない。アナルプラグを差し込んで今日も会社に・・・

アナルプラグ

 

咥えてきました。33歳の既婚です。

 

ちんぽを咥えると頭がぼおーっとしてそれだけでイキそうになります。

 

今日は、待ち合わせをして咥えると決まっていたので、昼過ぎからアナルにはプラグを入れてほぐしていました。

 

はいていたパンツは我慢汁でカピカピになったので、新しいTバックのパンツをはいていきました。

 

待ち合わせ場所に行くと、相手の方はすでにズボンを下ろし、デカマラをシコっています。

 

トイレの中へ誘導して、そのデカマラを咥えます。

 

久しぶりのちんぽ…咥えた瞬間にアナルに力が入り、我慢汁がタラリと出るのがわかります。

 

舌先で亀頭や裏筋をなめたり、喉の奥まで咥え込んだり、頬をすぼませてじゅぽじゅぽと音を立ててフェラチオ。

 

口いっぱいになるくらい、大きなちんぽ。

 

いやらしい臭い。

 

自分がしゃがみこんで咥えていると、両方の乳首を弄ってくれます。

 

そのたびに『あぁ…』と声が漏れ、頭とお尻に電気が走ります。

 

我慢汁が垂れ流しになるのもわかるくらい。

 

相手も声を出して喘いでくれます。

 

咥えていると立たされて、逆に触られました。

 

おもちゃがアナルに入ってることに気づいてもらおうとわざとお尻を触ってもらいます。

 

『アナルにおもちゃ入れてるの?』

 

『いやらしい子』などといわれ、意識が飛びそうに興奮します。

 

手洗い器に手を付き、お尻を突き出します。

 

はいていた作業着を下ろされると、今日おろしたTバック…

 

尻を撫でられ、パンツ越しにアナルプラグを弄られます。

 

少し出し入れしてる間に、少し大きめのディルドにローションを塗って相手に渡します。

 

アナルプラグを抜き取られ、ディルドを挿入。

 

抜き差しされるたびに、女のように『あぁ…あぁ…』と声が出ます。

 

ディルドでもてあそばれながら、乳首も弄られると我慢汁がどんどんたれてきます。

 

『自分で扱いて見せて』と言われ、アナルに入れられながら、オナニーをします。

 

とてつもない快感が迫ってくるのですが、まだイキたくないので手を止めます。

 

自分でアナルにディルドを出し入れしながら、またフェラをします。

 

相手の我慢汁で口がネチャネチャになります。

 

雨の降る公園の暗いトイレに男二人がいやらしい音と声を出して感じあっている。

 

それだけでも変態なのに…アナルにはおもちゃ。

 

乳首もビンビン…エロいTバックを横にずらされディルドを出し入れされるのは、自分が女になって犯されているような気持ちになります。

 

また、立たされて手洗い器に手を付かされます。

 

ディルドを出し入れされ、耳元でエロいことを言われながらはバックから犯されているようでした。

 

しばらくするとディルドを抜き取られ、舌がアナルに入ってきます。

 

いやらしく舐め回され、ちんぽも咥えられました。

 

声がどんどん大きくなります。

 

それに興奮してくれた相手は、アナルを舐めながら、『このままイクよ』と言って射精しました。

 

軽く挨拶をして離れました。

 

また、咥えたい。

 

いつかあの大きなちんぽが自分の中に入るようにと妄想しながらまたアナニーをしてしまいます…

 

長々とありがとうございます。



 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索