Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ】福岡の番長さん、BOOSTERで白目剝いてメスになるwwwwwwww

【ゲイ】福岡の番長さん、BOOSTERで白目剝いてメスになるwwwwwwww

福岡ブースターにて

福岡県在住のバリタチさんからの投稿。学生時代からヤンチャで喧嘩に明け暮れていたという投稿者は現在とび職。天気によって仕事時間が左右するため、暇な日は昼間からBOOSTERに行くのだが・・・・・・

福岡市博多区住吉
俺は、182*65*26、鳶職。

 

ボクサー体型に、脂肪と筋肉が少し付いた、茶髪でイカつい感じ。

 

元々腕っ節も強く、中学高校時代は近隣の学校を束ねていた。

 

今ではかなり落ち着いたつもりだが、自分の意思に反して仕事場では怖がられている。

 

数ヶ月前の金曜日のこと。

 

その日は朝から天気が悪く、昼過ぎぐらいからパラパラと雨が降り始め、2時くらいには本降りになったので、早めに仕事を終えることになった。

 

ブースターに来てみたものの、今の時間(3時過ぎ)じゃほとんど人はいなく、若い奴を求めていた俺は、店を変えようかと考えたその時、やったことはなかったが、よく見かける若い奴(170*55*23後から聞いたプロフ)がいたので、アイコンタクトを取って個室へ入った。

 

ヤツが入ってきた。ビビっているのか、恐る恐る近づいてくる…

 

両手を広げて"こんなナリしてるが大丈夫だよ"ってアピールしてみた。

 

すると安心したらしく唇を重ねてきた。俺もそれに応える。

 

チュッ…クチュッ…暫く唇を重ねていると、俺の乳首を弄り出した。

 

細い指先で絶妙に刺激してくる。

 

乳首が弱い俺は、「んっ‥んんんっ…うめぇっ」思わず言葉が漏れる。

 

俺は奴のチンポに触れた。俺より若干小さいか?

 

まぁ俺はデカい(P18)ので、奴もデカい方だ。

 

俺はそっと寝かされた。

 

攻められっぱなしだが、奉仕させるつもりでいた。

 

俺が乳首が感じやすいのを悟った奴は、乳首に舌を這わしてくる。

 

片手の指先で刺激しながら両乳首を攻め、空いた手で俺のチンポを扱きあげてくる。3点同時責めで、俺のチンポはMAXギンギンになっていた。

 

あまりの気持ちよさに快楽に溺れていたその時だ…

 

一瞬攻めが止まり、『…ん?どうした?』っと思った次の瞬間、不意打ちで奴は俺の足首を掴み、ガバッ!と俺の体を一気に折りたたんだ。

 

俺くらいの体重で力が入ってなかったら、非力な奴でも簡単に動かせてしまう。

 

「な、何しやがる」

 

そんな俺の言葉など完全に無視して、穿いていたBIKEを膝までズラされ固定され、俺のケツ穴は天井を向いてしまっている。

 

男のマングリ返し=チングリ返しの状態だ。

 

俺の太ももを抱え込み、ケツ穴を指先で刺激しながら舌を這わしてくる。

 

じゅっ、じゅるるっ…ケツ穴なんか舐められたことのなかった俺は、何だか変な気持ちになった。

 

ケツ穴を舐められながら、ツバを潤滑油にチンポを直に扱き上げてくる。

 

ぐちゅっ、ぐちゅっ

 

「うああああ…」

 

思わず声が漏れる俺。恥ずかしい。

 

奴は舌先を細めて俺の穴に出し入れしてくる。

 

徐々に俺の穴がヒクついてくるのが、自分でもわかる。

 

そしてついに…チングリ返しの状態のまま、真上から、奴は既に勃起させていた自分のチンポを俺の穴に宛がう…

 

「おい、こら…」

 

奴のカリデカ太マラが一気に俺を串刺しにする。

 

「おあああああ…」

 

この世界を知ってから、何人ものガタイ自慢の野郎達を掘り続けてきた俺だったが、ついにこんなガリ野郎に犯されてしまった。

 

膨張率がハンパなく、巨根と呼ぶにふさわしいモノが数回出し入れされる。

 

時には、そのカリのエラで穴を広げるように、付近で擦りつけてくる。

 

「や、やめ…そんなされたらマンコになっちまう」

 

奴はニヤリと笑い、計画通りと言わんばかりの顔をしてくる。

 

奴は一度チンポを抜き、俺を転がし、バックの体勢で再度ぶち込んでくる。

 

「おうっ!」

 

今度は奥まで完全に貫かれた。

 

パン、パン、パンパン…

 

見た目に似合わず、荒っぽい腰遣いで乱暴に打ち付けてくる。

 

「あ、あああ、おおおあああっ」

 

ケツを突き上げて、そんな屈辱感で犯され続けるが、俺の勃起と先走りは止まらない。

 

「んああっ! あ、あああっ、おああん!」

 

突然激しい快楽が突き抜ける。

 

俺の感じやすい部分に奴のマラが直撃したのだろう、奴は一気にそこを攻めてくる。

 

「あ、ああっ、あっああん」

 

「兄貴、可愛いよ」

 

俺の女になった喘ぎ声を聞いて、奴が声をかけてくる。

 

奴はガン掘りしながらチンポを扱き上げてくる。

 

「あっ、今、そこ、ダメッ」

 

フィニッシュが近いと感じたのだろう、俺の先走りを潤滑油に扱き上げてくる。

 

「!!!!!!!」

 

俺のガタイを電気が走ったような感覚に襲われた。

 

奴は攻め手を乳首に回し、俺の背中に体を預け高速で突いてくる。

 

乳首を責められながら感じるところを突かれまくられ、やがて絶頂に達する。

 

「ああああああ…イ、イクーーーーーッッッ!!!」

 

「兄貴、俺もイクッッッ」

 

ほぼ同時に昇天し、俺はトコロテンして、奴は俺の中で果てた。

 

すっかりハメられた。

 

奴はこうしてバリタチ気取りの奴を、たまにケツマン野郎に落とすのが楽しいらしい。

 

「またやろうね、兄貴♪」

 

これだからハッテン場通いは止められない。



 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索